Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
10
11
14
16
17
20
24
26
28
29
30
09

 

【無料記事】【記者会見 J2第21節 福岡-群馬】「考え方というものが、ある程度、チームで統一できていた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第21節
日時:2020年9月23日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,880人
結果:アビスパ福岡 1-0 ザスパクサツ群馬
得点:[福岡]増山朝陽(77分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「内容はあまり良くなかったようにも感じますし、0失点で時間が流れていったというようなことで言うと、守備のところはそんなに大きくやられる、崩れるということはなかったというようにも感じています。ただ、ロングスローの前だとか、ファールでお互いに倒れた時間も含めて、少しアクチュアリータイムが短いというか、そういうふうな試合になってしまったなと感じています。ただ、相手のディフェンスラインが少し浅かったというところでは、背後を狙った1本のパス、抜け出し、スピード、という点で、我々の良さを出せた、個人の長所を出せた、それがゴールにつながったということで非常に良かったと思います。最後は非常に危ない場面もありましたけれども、どうにかこらえて勝利を勝ち取ることができました」

Q:6連勝というところに関してはいかがでしょうか?
「簡単にできる連勝の数ではないので、非常に嬉しいです。また続くように、いい準備をしたいと思います」

Q:6連勝の要因、以前と選手たちが変わった部分、監督はどのように感じていらっしゃいますか?
「大きく変わったということはないんですけれども、日々、成長というか、選手たちは1試合、1試合、成長していますし、チームとしてもやるべきことを確認しつつ、改善、改善ということで、少しずつ良いチームになっている、強いチームになっていると感じています」

Q:監督も振り返っていらっしゃいましたが、特段悪かったわけではないけれども、なかなか上手くいかないというジレンマを抱えたようなゲームでした。そんなゲームで勝利を引き寄せたポイントは、どういうところにあったとお考えでしょうか?
「焦れずに、相手にとって危ないプレーというか、得点につながるようなプレーを、どこかで出したいと想いながらプレーしていたこと。逆に、相手のそういうプレーで自分たちがピンチを招くことのないようにしていたこと。そういうシーンは何度かありましたけれども少なかったと思います。そういう意味では、アウェイの琉球戦、ホームの水戸戦、アウェイの松本戦、その辺の試合とちょっと似ていたと思うんですね。悪くはない、けれども良くもない。そういう中で、最後に勝つために、焦れることなく自分たちが狙いを持って攻撃をする、攻守にわたって自分たちが何をしなければいけないのかを考え、やるべきことをやれていったという面では良かったなと思います。そういうサッカーIQというか、頭の中、考え方というのが、ある程度チームで統一できていた。それが良かったと思います」

Q:いまおっしゃったところは、最近の試合の勝因と同じだと思います。ただ、長谷部監督の理想としては、複数得点を取って、無失点で勝つというところだと思いますが、そこに向けて、あとひとつ、ふたつ、チームが登っていくためには、どんなところが必要だとお考えでしょうか?
「後半、特にバイタルエリアでボールが動いたタイミングがあったと思うんですね。ああいうところでシュートに持っていくこと。実際はシュートに行けなかったと思いますが、あの辺の技術であったり、絵を合わせることですね。真ん中を使ったから今度は外からということで、クロスで物凄いチャンスになりそうな、得点できそうだなという空気になりましたが、そういう中での最後のプレーに行くパス、ドリブル、アシストになるようなパス、それが我々にとっては課題だと思います。トレーニングはなかなかできないんですけれども、もう一回そこをみんなで改善できるように、チャンスが作れるように、それが大きくなるように、問いかけていきたいなというふうには思っています」

Q:久しぶりにゴールを守った村上選手は非常にいい出来だったと思います。村上選手の評価をお願いします。
「非常に良かった、それはまず無失点に抑えたというところ。クロスに対して出ていくところ。非常に良かったと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


 

【無料記事】【記者会見 J2第21節 福岡-群馬】「どの対戦相手であろうが力を発揮できるようにつなげていきたい」/奥野僚右



2020明治安田生命J2リーグ 第21節
日時:2020年9月23日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,880人
結果:アビスパ福岡 1-0 ザスパクサツ群馬
得点:[福岡]増山朝陽(77分)

◎奥野僚右監督(群馬);
Q:試合を振り返って
「前半は思った以上に身体が動いていなくて入り方が良くなかった。自分たちがやりたいサッカーというものを攻守ともに表現できなかった。非常に悔やまれますね。その中でハーフタイムを切り替えのタイミングとして、後半は攻撃も守備も、多少、思い通りのような展開で試合も運んで、チャンスを作れるような形ができました。その中で、やはり必ずサッカーにはチャンスの後にはピンチがあるし、ピンチの後にはチャンスがあるというところで、見事に我々はそこで得点を挙げることなく、相手に得点を奪われしまったというところは、今日、本当に学んだ部分です。自分たち次第で、結果というものはもう少し何とかなるような感じのゲームを数多くできるようになってきて、今日は、その何試合かの1試合でした。ただ、中2日でアウェイというところで、もう少し選手のコンディションなどを考慮しながら、メンバー構成とかも考えていきたい、そんなふうに考えています。しかし、最後の最後までゴールへ向かう姿勢であったり、チャンスを作るというところは、非常に大きな収穫でした。そして最後まで、ホイッスルが鳴るまでやり切るというところも、本当に選手たちは頑張ってくれたと思っています」

Q:非常に残念で、もったいないゲームだったと思います。この結果をどのように受け止めていらっしゃいますか?
「やはり自分たちの出来次第で結果というものが非常に左右されると感じました。ですから、やろうとすることを自信を持って表現していく、またアクションを起こしていけるように、連戦による疲労云々というものではなく、その状態でベストを尽くせる自分たちであるように、アウェイであろうが、ホームであろうが、どの対戦相手であろうが、力を発揮できるようにつなげていきたい。そんなふうに感じたゲームでした」

Q:中2日の連戦で難しい状況での試合でしたが、粘りながらしっかりと戦えていたなという印象もあります。
「スタートから入ってくれた選手も、しっかりとプレーを続けることができましたし、交代で入った選手たちも、自分たちの役割を理解したうえで、それぞれの持ち味を表現してくれました。ですから、内容的には、手強い上位チーム相手にしっかりと戦えたと感じています。ただ、相手は決定力、最後の質というところで決めきって守りきるということができるチームです。そこを上回ることができなかった。そういうふうに感じています」

Q:失点の場面はCBのミスがありましたが、あのシーンはどのように見ていますでしょうか?
「一瞬のプレーでしたし、ちょっと別のところを見たりしていたので、まだ的確な振り返りはできない状態ですけれども、最終ラインというのは常にシンプルなプレーを心がけるというのが一番ですし、それに対して、何かミスが起こった時でも必ずカバーができる状態を作っておきたいというのはあります」

Q:今日で前半戦が終わりました。ここまでの振り返りと、後半戦に向けての意気込みをお願いします。
「再開後、前半戦はあっという間に進んできましたけれども、その中でも、ここ8試合、9試合というのは非常にいい戦いができるようになってきました。連勝があったり、連敗があったりしていますけれども、そこから一つでも勝ち星を挙げられるように、白星が上回るような戦いを目指してやっていきたい、そんなふうに考えています」

Q:対戦相手の福岡は6連勝になりましたが、対戦してみて、6連勝するチームの強さのようなものを感じられた部分はありますでしょうか?
「もちろんです。5連勝しながらの6戦目というところで、我々は下位のチームですから、下位チームに取りこぼしはできないというプレッシャーもあり、また連戦も数多くやられているチームなので、そういう点ではメンバー構成も苦慮されたと思うんですね。その中でも確実に得点を挙げるところと、失点しないというところは、本当に素晴らしいチームだと思います。それがサッカーの質となって、全員が表現できているところが、今の好調さを維持している要因ではないかと思っています」

Q:奥野監督自身は、このスタジアムに戻ってくることに関し、特別な想いはありましたか?
「顔見知りの関係者の方達が数多くいらっしゃる中で、『我々、ザスパクサツ群馬がこういうチームなんだよ』ということを表現したい。それはどこのスタジアムに行ってもそうですけれども、以前、仕事をさせていただいたところでは、なおさら、そういう気持ちというものがあります。そういう部分を少しお見せできるところがあったり、僭越ながら勝点を目指したわけですけれども、今日は勝点を挙げられずに終わったということでした」
[中倉一志=取材・構成・写真]


 

【レポート J2第20節 金沢-福岡】ハードスケジュールを乗り越えて5連勝。内容で押されるも勝利への強い意欲で勝利をもぎ取る



アビスパ福岡は19日、アウェイ・石川県西部緑地公園陸上競技場でツエーゲン金沢と対戦。連戦の疲労が感じられるアビスパは、立ち上がりから金沢の猛攻にさらされる苦しい展開。しかし、それでも勝利に対する意欲を強く持ち続けて、33分にCKのチャンスを活かして先制。その直後の34分に同点に追いつかれたものの、ピンチをしのぎながら75分には金沢のオウンゴールを誘って再びリード。最後は5バックでゴール前を固めて勝利を手にした。アビスパは次節(9/23)、ホーム・ベスト電器スタジアムでザスパクサツ群馬と対戦する。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR