Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
6
10
12
13
19
26
28
29
30
06

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯2回戦 福岡-宮産大】「泣きそうになるくらい、ぐっと来た」/中原貴之/山ノ井拓己


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
日時:2017年6月21日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,249人
結果:アビスパ福岡 4-2 宮崎産業経営大学
得点:[福岡]三島(3分)、城後(25分)、石津(56分)、[宮産大]野川(76分)、山下(87分)、[福岡]中原(90+2分)

◎中原貴之選手;
Q:久しぶりのゴールでしたが、ゴールの瞬間のすごくうれしそうな表情が印象的でした。
「そうですね(笑)。大学生相手の天皇杯の初戦ですけれども、点が取れたことが、素直に嬉しかったというところですね」

Q:すごく気持ちの入ったゴールでした。
「右の腿です。どこかしらから抜けてくると思って走っていて、どこかに当たればいいと思っていたので、あそこに詰めていてよかったです」

Q:1点リードはしていましたけれど、なんとなく雰囲気が良くない時間帯だったので、あのゴールで試合の印象が随分変わりました。
「2失点というのは、正直良くないし、最後にバタついてしまったというのがあったし、大学生相手に、しっかりと0で終わらなければいけないというのもありましたね。それでも最後に点を取ってとどめを刺せたのは良かったですけれども、まだしっかりとしなければいてけない部分もあると思います」

Q:サポーターのみなさんも、中原選手が出てくるのをずっと待っていました。交代する時には大きな拍手と声援が起こりまして。
「本当にうれしかったですし、ピッチに入ってすぐ泣きそうになったくらい、ぐっときました。本来なら、離脱してから1年1カ月になりますけれども、復帰してもいいくらいの時間は経っていたので、みんなの前でプレーすることができてよかったです」

Q:今度はリーグ戦での復帰が目標になりますね。
「いつでも出られる準備はしているつもりなので、チャンスをもらえた時に力を出せるように、また明日からしっかりとやっていきたいと思います」

◎山ノ井拓己選手;
Q:公式戦デビューになりました。まずは感想を聞かせてください。
「失点してしまったのは心残りですけれども、自分だけのプレーを考えれば満足はできました」

Q:井原監督も、すごくふてぶてしく、自分のプレーをしていたと評価されていました。
「気負ったら負けだと思っていますし、ゴール前に立ったら歳なんか関係ないし、むしろ自分が引っ張っていこうと思ってやっていたので、チームの中でも誰よりも声を出していたと思います。逆に失点の場面では、今はつながなくていいと言っていたのに、結局それが味方の選手に届かなくて失点してしまったというのは、自分がまだ信頼されていないんだなと、少し思いました。神山さんだったり、杉山さんだったり、兼田さんだったら、もっと周りの選手の心に響いたんじゃないかなと思うので、もっと練習でいいプレーして、仲間からの信頼を勝ち取りたいです」

Q:今日は勝って結果が出ましたから、リーグ戦も、次の天皇杯も、チャンスがあるんじゃないですか?
「杉山さんも、神山さんも、そろそろ復帰してくると思うし、いまは正直、他力な部分で出られている部分があるので、次は他力ではなくて、みんなが復帰しても自分の力でレギュラー争いができるように頑張りたいですね。実力がないと真の信頼を得ることはできないので、仲間やコーチ、監督、サポーターのみなさんにも、山ノ井を出してほしいと思われるようなプレーができるように頑張りたいです」

Q:サポーターのみなさんの声は届いていましたか?
「はい。何回もコールしていただきましたし、そのたびに自分はゴールを託されているんだと感じて、その力を得て味方を鼓舞することもできました。観客数は少なかったですけれども、サポーターのみなさんの声は、とても響いていたので、この前の名古屋戦のように満員のスタジアムで、あのコールを聞きたいと思います」

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯2回戦 福岡-宮産大】「今日の教訓というものを踏まえて次に備えていきたい」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
日時:2017年6月21日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,249人
結果:アビスパ福岡 4-2 宮崎産業経営大学
得点:[福岡]三島(3分)、城後(25分)、石津(56分)、[宮産大]野川(76分)、山下(87分)、[福岡]中原(90+2分)

井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日はリーグ戦の間の天皇杯の2回戦ということで、これまでにリーグ戦の出場機会が少なかった選手を中心にゲームに臨みました。相手が宮産大ということで大学生でしたけれど、勢いを持たせると非常に苦しい戦いになるだろうという中で、立ち上がりからいい形で入るという部分では、幸先よく先制点を取れて、ゲームを優位に進めることはできたと思います。後半は3-0まで行った中で、隙を見せて1点を返され、相手の息を吹き返させてしまったかなと思います。しっかりとゲームを締めくくることができなかったのは、まだまだ力がないからだと思っていますし、天皇杯の怖さというものを改めて感じました。3回戦も、仙台さんが筑波大学に敗れたということで、また大学生(筑波大学)との対戦になりますが、今日の教訓というものを踏まえて、次のゲームに備えていきたいと思います。そして、中3日でリーグ戦が再開しますので、そのゲームに向けて、しっかりとコンディション等を戻して、いまの順位をキープできるように準備をしていきたいと思います」

Q:今日は3バックでスタートして、前半の途中で4バックに変えましたが、その狙いを教えてください。
「前のところの守備のオーガナイズが上手くいかないというところと、攻撃になった時の守備の人数が少し足らないかなということもあり、また、相手の中盤がダイヤモンド気味でしたので、ちょっとマッチアップしないかなというところで4バックにしました。左SBのところは、カメ(亀川)をベンチスタートにしていたので、適任がいない中でツツ(堤)を持っていったという状況でしたが、4バックにした方がしっくりいくかなというところでの変更です」

Q:試合前に、出場機会の少ない選手たちのプレーに期待したいとおっしゃられていましたが、その点では、どのように映りましたか?
「それぞれの役割、ポジションで、いま自分の持っているものをしっかりと出してくれということでゲームには入りました。もちろん、アピールしてくれた選手もいますし、まだまだ足りないなという選手もいますが、勝利という結果をモノにして次につながったというところでは、チームの目的は果たしてくれたかなと思います。個々のプレーに関しては、まだまだ物足りなさというのはたくさんありますし、いつもとは違うポジションでプレーした選手もいるので、もう一度しっかりと検証して、次に向けて修正、改善して、チームとしての精度を上げていきたいと思います」

Q:今日は山ノ井選手が初の公式戦出場となりました。彼の評価を教えてください。
「初の公式戦ということを感じさせないくらい、しっかりと声を出して、ふてぶてしくプレーしていてくれたかなと思います。彼に関しては、いくらミスをしても、それは彼にとっての肥やしになるだろうと思っていましたが、2点は取られましたけれども、彼なりのプレーは、しっかりとやってくれていたと思います。まだまだ粗削りと言いますか、若さという部分がありますし、フィジカル的な部分では、もっと、もっと、のびしろがあると思いますし、そういうところを、これからトレーニングで伸ばしていってくれれば、Jの中でもトップレベルに近いGKになってくれるかなと思いますし、そうなってほしいと願っています」

Q:次節は母校・筑波大学との対戦になります。
「まさか仙台さんに勝つとは思っていませんでしたが、母校と当たるというのは非常にやりにくさがありますね。私が柏時代に監督代行で筑波と天皇杯で対戦した経験もありますけれども、関東大学リーグで首位を走っていますし、力のあるチームですから、足下をすくわれないように頑張りたいと思います」

 

【無料記事】【監督会見 天皇杯2回戦 福岡-宮産大】「J2首位の福岡とやれたことは選手たちの経験になる」/笛真人監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
日時:2017年6月21日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,249人
結果:アビスパ福岡 4-2 宮崎産業経営大学
得点:[福岡]三島(3分)、城後(25分)、石津(56分)、[宮産大]野川(76分)、山下(87分)、[福岡]中原(90+2分)

笛真人監督(宮崎産業経営大学);
Q:試合を振り返って
「この天皇杯という素晴らしい大会の中で、J2首位の福岡さんとやれたというのは、すごい選手たちの経験になるのかなというふうに思っています。また、点を取って惜しいところまでいったので、これからの財産になるのかなと思っています」

Q:やりたいことを表現しようとしていたのは宮崎産業経営大学の方のように見えました。ただ、点は取られていったわけで、どの辺りにアビスパとの差を感じられましたか?
「総合的にフィジカルだったり、技術的な問題で、最初の段階で自分たちが主導権を握れず、ミスも多かったですし、その中で相手が確実に点を取ったので、流れを持っていかれたかなと思っています。その中で、最後まで諦めずにやっていたことや、アビスパさんも3点差になったので少し緩くなった部分があったことで、いい時間帯に点が取れたので、こちらが主導権を握ることができたと思っています。ただ、試合内容的にはアビスパさんのゲームだったというのが正直な感想です」

Q:後半に主導権を握ることができたというところで、戦術的な工夫はどのようにされていたのでしょうか?
「前半は、相手がシステムを3-4-3から4-4-2に変えてきたというのもあったと思いますが、人もボールも動かすというのが、うちのサッカーのコンセプトなので、ハーフタイムに『負けたとしても、それをもう1回やろう』と話して選手を送り出しました。その中で、選手が気持ちをひとつにしてやってくれたということが、点が取れたという結果だったと思います」

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR