Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
7
8
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【監督会見 J2第28節 福岡-長崎】「長崎の集中力の高い身体を張った守備に守り切られてしまった」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第28節
日時:2017年8月16日(水)19:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/13,481人
結果:アビスパ福岡 0-1 V・ファーレン長崎
得点:[長崎]オウンゴール(45分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は8月に2試合あるホームゲームの最初のゲームで、大勢のサポーターが駆けつけてくれた中、何とか勝利という結果を残したかったのですが、残念な結果に終わってしまい、申し訳なく思っています。夏休みですし、子どもたちも大勢来てくれた中で結果を出せなかったので、本当に申し訳ないと思っています。
試合は、ゲームの入りは我々の形と言いますか、しっかりとした形で入れたのかなと思います。長崎さんは非常にアグレッシブで、攻守の切り替えの早いチームですけれども、自分たちも、切り替えのところでは、それを上回るということをゲームを通してやろうということで入ったので、そんなに悪くはなかったと思います。ただ、前半の途中から、少しミスから押し込まれ、我々のペースが相手に移ってしまったかなという感じはします。セットプレーから、前半の終了間際に失点してしまい、後半は、何とか同点に追いつく、ひっくり返すという強い気持ちで全員が入りましたけれど、長崎さんの集中力の高い、身体を張った守備、全員がゴール前に戻る守備をする中で、守り切られてしまったかなと思います。ゲーム中も、我々の選手が2人くらい、ユニフォームが敗れるほどの激しい守備を、長崎さんは90分間、やられたなという印象です。負ける時は、こういうゲームなのかなと改めて感じました。中3日で、上位の名古屋との対戦が待っていますので、しっかりと切り替えて、アウェイで勝点を取って帰ってこれるように、コンディションのところを整えて、いるメンバーで戦っていきたいと思います」

Q:仲川選手を入れた後、相手の守備がバタバタとしてきて流れが変わったかなと思いましたが、その後、パワープレーのような、ロングボールに執着するような形に戻ってしまいました。仲川選手を使ってスペースを生かすというようなことはなかったのでしょうか?
「テルが入った後は、もちろんスペースも使いましたし、間で受けてターンする、またはウェリの近くからすり抜ける、そういう形が出ていたと思います。その後、サカ(坂田)を入れましたけれども、ダイアゴナルに走って、ディフェンスラインの背後を狙うというように、その2人は、間で受ける、背後を狙うということはやってくれたと思います。最後はロングボール中心のパワープレーになりましたけれども、そこは最後の何分かだと思っていますし、それでも十分にチャンスは作っていました。あれだけ引かれたので、どうしてもサイドからのボールが多くなってしまいましたけれども、チャンスを作って、ひとつものにしていれば問題はなかったと思います。けれど、それができなかったので、そこは我々の精度、最後のところの落ち着き、そういうものが足らなかったのかなと思います。それと、サイドから、もうひとつ入って行くような、サイドから上げるのが前提ではなくて、もうひとつ深いところまでえぐって折り返すだとか、引かれている相手に対しての崩しというのは、今後の課題かなと思っています」

Q:7敗のうちの6敗がホームゲームということで、分析は難しいかもしれませんが、この現象を、どのように見ていらっしゃるのかということと、先制されると追いつく展開、逆転するゲームが少ないというところもあると思いますが、その辺はどのように捉えていらっしゃるのか、お聞かせください。
「先ほども言ったように、先制を許してしまうと相手に引かれてしまって、我々の攻撃が行き詰ってしまうというのは、我々の課題でもあると思います。ひっくり返したゲームというのは名古屋戦だけですが、名古屋戦は、相手が1人少なくなったというのもあると思います。そういう中で、来てくれるチームに対しては結果が出ているところもあります。ホームで7敗中6敗しているということで、サポーターには本当に申し訳ないと思っていますし、その理由というのは、私にもわかりませんが、どうしてもゴール前の最後のシーンで力が入ってしまったりということもあるのかなと思いますし、我々のホームゲームの時に、対戦相手がより守備的な戦術で戦ってきて、それに我々がはめられているのかなというところもあり、一概には言えないと思います。2015年は、8敗のうち4敗がアウェイでしたが、今年に関してはホームでの敗戦が多いので、そこは申し訳ないと思っています」

Q:次節はウェリントン選手が出場停止です。どのように戦っていこうとお考えでしょうか?
「ウェリントンは名古屋とはやりたくないのか、前回の時も、名古屋戦には累積でいなかったと思います。ただ、そこは総力戦だと思っていますし、誰かが累積でサスペンドになるというのは、長いシーズンでは必ずあることなので、今回は2試合になりますけれども、そこは総力戦で、代わりに入る選手がしっかりと補ってくれるとは思っています」

 

【無料記事】【監督会見 J2第28節 福岡-長崎】「押し込まれる時間帯があったが、パーフェクトに守れていた」/高木琢也監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第28節
日時:2017年8月16日(水)19:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/13,481人
結果:アビスパ福岡 0-1 V・ファーレン長崎
得点:[長崎]オウンゴール(45分)

◎高木琢也監督(長崎);
Q:試合を振り返って
「アウェイの地での戦いでしたが、多くのサポーターの声援もあり、結論から言うと、まず勝利することができたということは、前節、負けたということを考えれば、非常に良かったと思います。内容に関しては、我々はアウェイのチームなので、受け身になることはないのですが、どうしても相手の方がパワーもありますし、当然、ホームゲームの勢い、それと、首位に手が届きそうな位置にいる相手との対戦なので、このくらいのことは、ある程度、想定していたと言いますか、そういうことは思っていました。その中で、押し込まれる時間帯が、ほぼほぼ、あったと思いますが、パーフェクトに守れていたと僕も思いますし、相手が長いボールを入れて来る中での対応とか、前半は相手も立ち上がりに非常に勢いもありましたけれども、途中からボールを動かすことができるようにもなりました。後半に関しては、福岡さんは3バックにしてくるかなと思っていたのですが、そのまま4バックだったので、ちょっと分が悪かったサイドの対応というところでは、後半の途中でやった中で上手く行ったと思います。とにかく、相手が高い選手、速い選手を入れてくる中で、パワープレーから変化すれば、ひょっとしたら我々は対応しずらかったかもしれません。だけど、福岡さんは人を代えただけでやり方を変えなかったということで、いい守りと言いますか、対応に関しては同じイメージを持ちながら、残りの笛を待つことができました。でも、これで 終わりではないですし、もう一度、次のゲームに向けての準備をしたいと思います。今日は本当に選手たちが粘ってくれたと思います」

Q:福岡戦を控えての練習では、選手たちに自主性を求めるような場面もありましたが、今日の選手たちのメンタル、アグレッシブさは、監督はどのように評価されていらっしゃるのでしょうか?
「僕は今日、ほとんど何もしないつもりでしたし、選手が自主性を持ってプレーしてくれたシーンが非常に多かったと思っています」

Q:今日はボランチに田代選手を起用されましたが、彼がボランチに入ったことによる効果、評価を聞かせてください。
「効果に関しては、結果的に勝利する仕事をしてくれたということです。高さというのは、アビスパさんのストロングになるので、そこを何とか抑えたいというのもありました。うちのメンバーの構成だと、どうしても高さのミスマッチが起きてしまうということがありますので、それを避けるために彼を使ったというのがありましたけれども、非常に良かったと思います。ほとんどトレーニングの中では1日くらいしかやっていない中でやってくれたということに関しても感謝したいと思います」

Q:井原監督とはプレーオフを含めて5回目の対戦で初めてゴールが生まれましたが、あま得点の形を監督としては、どのように捕らえていらっしゃるのかということと、前半はカウンターに活路を見出そうという形が見えましたが、それに対して、監督はどのように見ていらっしゃいますか?
「リスタートに関しては、前半、島田からするとアウトスイングが続いたんですよね。アウトスイングだと、アビスパさんのブロックディフェンスに対して、ちょっといいボールが入っていないなという感覚がありましたけれど、後半はインスイングで入りましたよね。前半の状況を見ていて、インスイングの方がいいかなと見ていたら入ったと。あの辺は、狙いなのか、狙いじゃないかというのは、なかなか言えないですけれども、ゴールに近い方が入る可能性が高いですし、そういう意味では、インスイングになって良かったなという印象があります。カウンターに関しては、力がある選手が多い中で、何度か行こうというのがありましたけれども、もちろん、パスの質や、コントロールの質、コンビネーションも含めて、もっと、もっと高めないと、なかなかチャンスは作れないと思います」

Q:立ち上がりの10分、15分くらいはアビスパのゲームでしたけれど、20分くらいからでしょうか、互角の展開になったと思います。あの辺りで、攻め方、やり方を変えたところはあったのでしょうか?
「立ち上がりは非常にゲームに入るのは難しい時間帯ですし、かなりプレッシャーもかかったので、そこからのフィードが上手くいかなかったというのがあります。ただ、20分以降だったと思いますが、そこから前線のアプローチが弱くなってきたので、その瞬間に選手たちも、僕自身も、前に突っ込まずに、とにかくボールを動かしていくということができたことで、ああいう時間帯ができたのではないかと思います」

 

【プレビュー J2第28節 福岡-長崎】九州ダービー、そして昇格に向けての大事な一戦。アビスパは総力戦で勝利を掴みにいく。


【中倉一志=取材・文・写真】
アビスパ福岡は16日、ホーム・レベルファイブスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦する。J1昇格を争うライバルチームではあるが、それ以前に、同じ九州にホームタウンを置くチーム同士の九州ダービー。どんな事情があったとしても、福岡にとっては勝つこと以外の結果が必要のない試合と言える。リーグ戦の対戦成績は福岡の2勝4分1敗。井原監督が就任してからは1勝2分と負けがない。だが直近の3試合通算で1得点0失点という数字は、いずれの試合も紙一重であったことを物語る。今回も厳しい戦いになることは間違いない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR