Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
8
12
14
17
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【選手コメント J2第41節 福岡-金沢】「失点してさらに追加点を許すという今シーズンを象徴する試合だった」/鈴木惇/石原広教


[武丸善章=取材/中倉一志=構成・写真]
◎鈴木惇選手;
Q:チームとしてのアグレッシブな姿勢という部分で相手を上回ることができなかったような印象を受けました。
「一人ひとりがこの試合をするにあたって、それぞれモチベーションを持ってやっていたと思いますが、
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

 

【無料記事】【記者会見 J2第41 福岡-金沢】「先制点が欲しかった中でミスから失点というところが大きかった」/久藤清一


[中倉一志=取材・構成・写真]
2019明治安田生命J2リーグ 第41節
日時:2019年11月16日(土)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,068人
結果:アビスパ福岡 0-2 ツエーゲン金沢
得点:[金沢]金子昌広(33分)、山根永遠(88分)

◎久藤清一監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずたくさんのサポーターの前で、残りホーム2戦という中で、まず1戦目を勝てなかったというのは、すごく申し訳なく思います。やはり先制点が欲しかった中で自分たちのミスから失点というところが大きかったのかなと思います。フォーメーションを変えて、何とか前からプレスをかけて点を取りに行ったんですが、なかなか上手くいかなかったなというところで、またミスから失点してしまい、残念なゲームでした」

Q:残り1試合になり、これで今季の連勝もなくなったという現状もありますが、ホーム最終戦は鹿児島との対戦で、どのような戦い方を見せなければいけないなとお考えでしょうか?
「どのような戦い・・・。やはりハードワークをして、しっかりと戦う姿勢を見せる、感動を与えられるような試合をしたいとは思います」

Q:今日の試合後には選手たちにどのような話をされたのでしょうか?
「あとホーム1試合なので、そこは必ず勝ちに行こうという話をしました」

Q:監督とは見方が違うかもしれませんが、一人ひとりは頑張っていたとは思いますが、チームとして仲間のサポートが遅れたりというような、一つの糸で結ばれていないような印象を持ちました。監督は、その辺りはどのようにご覧になっていましたか?
「金沢さんのプレスのところが強かったというのがあるんですけれども、もう少し背後を狙うところ、シンプルにやるという部分で、ハーフタイムにも言ったんですけれども、もう少しチャレンジしてもいいのかなと。臆病になっている部分があったので、縦パスであったり、背後のところだったりというのを、どんどん入れて行こうというところで、そこは後半は少しできたと思うので、はい。次に向けて、もう一つやっていければいいかなと思います」

 

【無料記事】【記者会見 J2第41 福岡-金沢】「後半は集中していたし狙いを持ってプレーしていたので良かった」/柳下正明


[中倉一志=取材・構成・写真]
2019明治安田生命J2リーグ 第41節
日時:2019年11月16日(土)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,068人
結果:アビスパ福岡 0-2 ツエーゲン金沢
得点:[金沢]金子昌広(33分)、山根永遠(88分)

柳下正明監督(金沢);
Q:試合を振り返って
「前半は、やるべきことをやっていないプレーがいくつか見られて、非常に緩いプレーがあったので、非常に残念でした。40試合、シーズンを通してやってきているのにそういう部分が見られたので。ハーフタイムに少し言って、後半に関しては非常に集中していたし、狙いを持ってプレーしていたので良かったと思います。もう1試合あるので、後半のようなプレーをスタートからやって、いい結果を出せるように、シーズンの最後を締めくくれるようにやりたいと思います」

Q:緩かったもしれませんが、前半も前線からの積極的な守備があったと思います。その辺の評価はいかがでしょうか?
「本当はもっと行きたかったんですけれども、福岡の方もボランチを下げて、4人、5人で後ろに人数をかけていたので、なかなかいけない。でも2トップが早目に戻ってくれれば、同数になった時に、もっと、もっとプレスがかけられたと。そういうところで後半の方が高い位置から行っていました。それで危ない場面が作られても、それは自分たちがやっていることなので、それはよしとしていましたけれども、その辺りが前半と後半では違うところです」

Q:次はホームで最終節を迎えます。改めてどういう試合にしたいと思われていますか?
「大宮と対戦するので非常に難しいゲームになると思いますけれども、怖がらずに、先ほど言ったように今日の後半のような、前から行って、できるだけ高い位置でボールを奪って、自分たちのテンポでサッカーができるようにしようと考えています」

Q:勝点という意味では、初めてJ2で60まで積み上げました。その辺りはいかがですか?
「ここ数年のJ2のリーグというのは非常に力が接近していて、勝点がどうというよりも、ここまで順位を上げて、それを維持してきたというのは力が付いている証拠じゃないかなとは思います。昨年の13位というのは、最後の最後で上がってきて、最終節も勝って順位を上げましたけれど、今年はそうではなくて、ある程度10位前後にはいて、ずっと戦っているので、その辺りは、たとえ昨年と順位が同じであっても、力としては今年の方が付いているのではないかなと思っています」

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR