Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
8
11
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【INSIDE FUKUOKA】先のことよりも、まずは目の前の試合の勝利。リーグ最終戦を制してプレーオフ出場を決めろ!



INSIDE FUKUOKAは「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズに、YouTube Liveでお送りするアビスパ福岡の情報番組です。今週の放送は、11月14日(水)20:00より、アビスパサポーターの部室、スポーツバー「ハッチ」から公開生放送でお送りします。

【次回放送日時】11月14日(水)20:00~
【放送形式】YouTubeLive
【配信内容】1.オープニング
      2.ここからは一つひとつの積み重ね。まずは岐阜戦で勝利を!
      3.エンディング

MC/中倉一志(オフィスイレブン)
アシスタント/SAKI
※スポーツバー・ハッチ/福岡市中央区今泉1-23-4 2階 092-724-0690

【視聴方法】以下の「YOUTUBE CHANNEL」にアクセスしてください。
https://www.youtube.com/c/INSIDEFUKUOKA

素晴らしい雰囲気の中で迎えたホーム最終戦。21位の熊本に対して難しい戦いを強いられましたが、サポーターの後押しを受けて1-0で逃げ切ることができました。今シーズンのリーグ戦も残すところは1試合。残念ながら「J2優勝、J1昇格」は達成できませんでしたが、アビスパは残されたチャンスであるJ1参入プレーオフを勝ち抜いてJ1昇格に向けて走り出しました。

それは簡単な戦いではありません。J1昇格を勝ち取るためには、ここから4連勝(熊本戦を含めれば5連勝)が必要で、しかも最終戦はJ1所属チームとの入れ替え戦を制する必要があります。先を見るのではなく、目の前の1戦に勝利することだけに集中して、それを4かい繰り返すこと。それが何よりも必要です。そして、できることも、できないことも受け止めたうえで、今の自分たちにできることを徹底させること。それが勝利への近道です。

もちろん、これまでと同じように総力戦。おそらく、多くの試合をアウェイで戦うことになりますが、アビスパに関わる人たちが、それぞれの場所で、それぞれの方法で、持てる力のすべてをアビスパに届けることが必要です。その想いが一つになった時、J1の扉を開くことができるのだと思います。

本日の放送では、熊本戦を振り返りつつ、リーグ最終戦である岐阜戦、そして、その先にあるプレーオフに向けて、視聴者の皆さんと心を一つにすべく盛り上がりたいと思います。目標勝点の84には遠く及ばず、納得のいく戦いができなかった1年ではありますが、そうした想いをすべて吐き出して、新たな戦いに向かう想いを一つにしたいと思います。

配信は、いつものように「スポーツバー ハッチ」からの公開生放送。お時間の許す方は、是非、スポーツバー・ハッチへ足をお運びください。1人でも多くの方のご来場をお待ちしています。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
Twitter acount @nakakurahitoshi
FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
inside-fukuoka@office-eleven.co.jp
企画・運営/株式会社オフィスイレブン

 

【レポート J2第41節 福岡-熊本】熊本との九州ダービーを割り切った戦いに徹して1-0で逃げ切る。J1昇格まであと4勝


[中倉一志=取材・構成・写真]
アビスパ福岡は11日、ホーム・レベルファイブスタジアムでロアッソ熊本と対戦。「J2優勝、J1昇格」の目標を逃し、プレーオフを経てのJ1昇格を狙うアビスパは、開始直後の9分に石津大介のゴールで先制。その後はゲームをコントロールしてリスクを最小限に抑えるサッカーを展開。後半は熊本に押し込まれる展開が続いたが、GK圍謙太朗を中心にゴールを死守。1-0で逃げ切った。アビスパは次節(11/17)、アウェイ・岐阜メモリアルセンター長良川競技場でFC岐阜との間でリーグ最終戦を戦う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 

【フットボールな日々】それぞれの想いを乗せた42.195キロの戦い。私が「いぶすき菜の花マラソン」を走るワケ。

181112_07.jpg
[中倉一志=文]
11月11日、ホーム最終戦のキックオフ前に、仲間と一緒に福岡マラソンの応援に出かけた。アビスパサポーターと、Jリーグユニフォームで走るサッカー仲間を応援することが目的だ。初めて生で見る福岡マラソンは、想像以上に多くのランナーと、様々な目的で走るランナーがいて、まだ5キロ地点ということもあり、みんな楽しそうに走っているのが印象的だった。そんなランナーに声援を送りながら、自分が出走を予定している「いぶすき菜の花マラソン」が待ち遠しくなった。

小さな頃、自分がスポーツに関わることになるだろうとは想像もつかなかった。ありとあらゆる病気にかかって幼稚園にはまともに通えず。小学校低学年の頃は、夏になると蕁麻疹が出て学校を休み、決まって中耳炎になって、また学校を休む。体育の評価は2。徒競走では断トツのビリで、逆上がりはできないし、後転もできなければ、跳び箱も飛べなかった。身体の弱い自分にはスポーツは縁遠いもの。そう思い込んで本ばかり読んでいた。

そんな自分にスポーツで勝てることがあると教えてくれたのが長距離走だった。思い起こせば小学校5年生の時。運動会で行われた800メートル走に出ることになった。確か、一人ひとりが必ず一種目に出なくてはいけないという決まりがあって、誰も希望しない長距離走を押し付けられた形だった。どうせ何に出てもビリ。それしか残っていないのなら、それでいい、そう思っていた。

小さな小学校のグランドは1周が80メートル。結果は分かっていたから、何も考えずに、義務的にスタートを切り、そして走った。ところが何かが違った。周回を重ねてもビリじゃない。気が付いたら最後の一周を2番目で迎えた。そして第3コーナーを迎えた時、10メートル先を走る友達の姿が見えた。「抜ける」。何故かそう思った。そして抜いた。病弱で、運動音痴な自分が、スポーツで人に勝てるということを初めて知った瞬間だった。そこからスポーツにのめり込んだ。高校生の時は体育だけが5だった(笑)

社会人になり、歳を重ねるとともに身体が必要以上に大きくなり、それが歳を取るということだと自分を納得させてきた。本当はあっちの世界に行きたいのに、勝つか負けるかしかない世界で生きてみたいのに、それに気づかないふりをしていた。でも、叶うことならば、すぐにでもあの舞台に立ちたい。ずっとそう思っていた。でもそれは無理。ならばライターという立場でスポーツに関わることで、自分の想いにけりをつけようとしている自分がいた。

「指宿マラソンでも走りますか?」
通称「部室」の店長Mさんの一言が、そんな自分を押してくれた。勝負の世界に戻る最後のチャンス。もう今しかない。そんな気がした。当然のことながら、60歳を過ぎての初マラソンで勝ち負けなど争えるわけもない。これから先、勝負ができる自分に戻れる保障などはどこにもない。むしろ、年齢を考えれば、そんなことは不可能だろう。でも、それにチャレンジしたい。勝つか負けるかしかない緊張感を味わいたい。そして勝ちたい。そう思う自分がいる。

いぶすき菜の花マラソンは、そのスタート。だから大会に向けてのトレーニングが楽しくて仕方がない。滝のように流れる汗に自分の存在を感じ、少しずつ、少しずつ、目覚めていく身体を実感する。真剣にやればやるほど、走る距離を延ばせば伸ばすほど、マラソンの奥深さが少しずつ見えてくるのも新鮮だ、頑張りすぎて、人生で初めて肉離れを経験したが、それさえも嬉しく感じる自分がいる。身体は痛めてこそナンボ。そんな体育会気質が蘇る(汗)

さて、初マラソンはどこまで頑張れるか。表向きの目標のほかに心に密かに決めた目標もあるが、それにどこまで迫れるか。きっとゴールインした時には、あの頃感じた、とてつもない悔しさにまみれるのだろう。でも、それが次のレースへの原動力。それがきっとサブフォー(4時間を切ること)に向けての力になってくれるはずだ。レースまで約2か月。とりあえず、当日のウエアとシューズはそろえた。あとはどれだけ準備を積めるか。精一杯、汗を流したいと思う。

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR