Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
6
9
10
13
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【監督会見 J2第38節 福岡-千葉】「まだ昇格圏にいる。勝点3を取ってこれるよう準備したい」/井原正巳監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2017年10月22日(土)14:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/10,490人
結果:アビスパ福岡 1-0 ジェフユナイテッド千葉
得点:[千葉]船山貴之(30分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは台風の影響て天候が悪いなか、本当に大勢のサポーターが駆けつけてくれて、我々にパワーを送ってくれました。にも拘わらず、結果として勝点3をプレゼントできずに本当に申し訳ないと思っています。
ゲーム全体のボリュームとしては悪くなかったと思いますし、前半は少し受ける形にはなったと思いますが、それも想定内のことで、ほぼ問題はなかったと思っています。我々に今日は勝利の女神がほほ笑んでくれなかったなというところだったと思っています。ウェリの2本のPKもありましたし、チャンスも作りましたが、相手のGKの佐藤君のファイセーブもあり、千葉さんのディフェンスを少し乗せてしまったのかなというのは少し感じているところです。次に向けて、この敗戦を生かしていくしかないと思いますし、我々はまだ昇格圏にいます。その順位を残り4つ、しっかりと維持すること、そして、今日の試合で何人かの怪我人と出場停止が出てしまいましたが、それを総力戦で全員で乗り切っていくことが大事だと思います。しっかりと切り替えて、次のヴェルディ戦はアウェイですけれども、そこで勝点3を取って帰ってこれるように、また準備をしていきたいと思います」

Q:前節の試合も、今日の試合も、内容的には悪くない、特に今日は互角だったと思いますが、どうしても失点が出てしまうというところについては、監督はどのようにお考えですか?
「今日のところはPKのところからのカウンターでしたし、そこのリスク管理のところは、常に口酸っぱくいっていますし、意識もさせています。またまだ、そこのところの集中力、帰陣するところのスピード、あるいは、多分、大丈夫だろうという気の緩み、そのようなものが失点につながったのだと思います。そういうところが我々の力の無さだと思いますし、この敗戦、この失点をしっかりと受け止めて、同じ失敗を繰り返さないようにするしかないかなと思います」

Q:攻撃の部分では、残り4戦で流れの中からの得点を増やしていくためには、何か修正点投下ありましたら教えてください。
「今日はウェリントンが先発ということで、彼を中心に攻撃の組み立てを考えていた中で、前半、後半含めて、彼をターゲットとする時間帯を出せていた時間帯もありました。彼に絡む選手というところでは、仲川であったり、山瀬であったり、途中でシステムを変えながら、彼の特長を生かしつつ、背後を狙うということでしたが、今日のような千葉さん相手には、そういうスペースがあったと思うので、何度かチャンスは作れていたとは思います。ただ、それを最終的にゴールに結びつけていく、最後のアタッキングサードからボックスに入ったところの質を高めていく、そこは永遠の課題ではあるのですが、残りの4試合、そこを意識して行くしかないかなと思っています。ただ、今日はPKが2本あったということは、ボックスの中に入っての動き出しであったり、ゴールに向かう動きというものがPK2本につながったと思うので、それは決して悪いものではないので、ポジティブに捉えて続けていきたいと思います」

Q:負傷した三門選手ですけれども、怪我の状態、今後の見通しはどんなものでしょうか?
「まだ分かりません。多分、筋肉系のトラブルだと思いますが、超人的な回復をすれば間に合うかもしれませんし、次は間に合わないかもしれませんし、そこはもう少し経たないと分からないと思います」

Q:ウェリントン選手はPKを2本外してしまったシーンもありましたし、最後のシーンもそうですけれども、精神的なところで不安定な部分が感じられますが、プレッシャーのようなものを感じているのではないかと思います。監督からご覧になつていかがでしょうか?
「今日は彼の日でなかったというだけで、PKも今までに何本も決めてきていますし、今日は相手のGKの佐藤君に駆け引き、またファインセーブに阻まれたということだと思います。2本目はポストに嫌われたというところですが、そこはサッカーなので、PKを決められる時もあれば、決められない時もあるし、DFの選手でも、PKを取られることもあるし、そこを後悔していても仕方がないので、それも実力だと思って乗り越えていくしかないと思っています。彼自身、自分のやろうとしていたこと、チームのためにプレーするというところでは、チャンスも作ってくれましたし、そういう部分では、90分間やってくれたので、次節は出場停止ですけれども、また戻ってきた時に、今日の悔しさというものをパワーに変えて晴らしてもらえればと思います」

 

【無料記事】【監督会見 J2第38節 福岡-千葉】「相手は難しい試合にしてきたが結果には満足している」/エスナイデル監督


【中倉一志=取材・構成・写真】
2017明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2017年10月22日(土)14:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/10,490人
結果:アビスパ福岡 1-0 ジェフユナイテッド千葉
得点:[千葉]船山貴之(30分)

◎エスナイデル監督(千葉);
Q:試合を振り返って
「きつい試合でした。我々が今日戦ったチームはフィジカル的にとても強いチームで、我々は彼らとは違うスタイルで試合をしていました。今日はそういう相手に対して、最後まで戦い抜きましたし、選手はフィジカル的に非常に疲れたと思います。もちろん、この難しいスタジアムで勝てたことは本当に満足です。前半は特に我々のプレーができたのではないかと思っています。ラインも上げられたし、プレスもできました。それでも、今日の相手は本当に難しい試合にしてきました。でも結果に関しては満足しています」

Q:今日は船山選手をトップ下で起用しましたが、どのような狙いがあったのでしょうか?
「前節の試合でも同じようなポジションでプレーしてもらいましたが、もしかしたら、彼は外よりも中の方が気持ちよくプレーできるのかもしれません。また、個人的には、私は中盤は3枚でやるのが好きで、ダブルボランチはあまり好きではないのですが、佐藤勇人と矢田を2人置いたときに上手くいったので、そのまま触らないでおこうということでした。システムを選手に当てはめるのではなく、選手の状態によってシステムが変わってくると思うので、選手をやりやすいポジションに当てはめた結果、ああいうシステムになったということです」

 

【プレビュー J2第38節 福岡-千葉】勝点3以外に必要なものはない。スタジアムに集うすべての仲間とともに勝利を掴め!


【中倉一志=取材・文・写真】
アビスパ福岡は22日、ホーム・レベルファイブスタジアムでジェフユナイテッド千葉と対戦する。ホームゲームも残すところは3試合。当日は、福岡大学ベンチャー起業論アビスパプロジェクトとのコラボによる学生Dayの実施や、オフィシャルスポンサー「ふくや」の『アビスパ応援かんかん』と『選手名鑑缶』の先行発売の他、各種イベントが盛りだくさん。アビスパは地域、企業と一体となって勝点3だけを目指して戦う。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 


 
最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR