Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
10
17
20
24
26
27
28
29
30
09

 

両サイドは俺たちに任せろ!

140227_03.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の共同囲み取材
日時 2014年2月28日(金)
場所 雁の巣球技場

◎2 DF 三島勇太選手;
Q:2年目の開幕です。去年と違いを感じる部分は、どんなところでしょうか?
「去年の今頃は試合に関われるとも、試合に出られるとも思っていませんでしたけれど、今年は、試合に出ることを意識している点が違うところです。リーグ戦が始まるということは、目の前の試合を勝たなければいけないということなので、そこにこだわって準備をしています」

Q:去年と比べて、一番伸びたと感じている部分はどこでしょうか?
「守備のところですね。去年は0に近い状態だったので、少しは伸びたのではないかと思っています。でも、守備や、クロスの精度、最後のパスの精度などは、まだまだ課題です」

Q:ここまでの準備と言うところでは、いかがですか?
「課題もどんどん見つかりましたけれど、やれることも増えて来たし、新しい選手ともコミュニケーションが取れて、いい絡みはできていると思います。自分の役割はハッキリしているので、やることをしっかりやって、チームのルールを守って、前に、前に、向かっていけたらと思っています。試合に多く出て活躍したいです」

Q:今年も引き続きアピールの年だと思いますが、どういうシーズンにしたですか?
「自分も代表に入ってオリンピックに出たいので、1試合、1試合大切に戦って、アピールして、そして何よりも、試合に出続けることが大切だと思います」

Q:2年目と言うことで、相手も三島選手のことを分かってぶつかってくるシーズンになりますが、それをはね返すために、何か身につけようと思うものはありますか?
「相手に自分のことを知られていようが、自分のやることは変わらないし、やってみなければ通用するも、しないも分からないので、まずはしっかりと準備をして、周りを良く見てプレーしていきたいと思っています」

Q:開幕戦は熊本です。どのようにプレーしますか?
「初戦は勝ちに行くことしか考えていません。どんどん、前へ行きたいです」

◎3 DF 阿部巧選手;
Q:いよいよ開幕です。
「これからまた1年間が始まるんだなという気持ちと、これまで練習して来た成果をどこまで出せるかという気持ちでいます。前へ向かうのは、監督やチームの求めるコンセプトなので、それにしっかりと答えられればいいなと思います。まずは1試合、1試合出られるようにしたいです」

Q:新しいチーム、慣れない戦術の中での準備でした。
「移籍は初めてではないので、そういうことはあまり抵抗はありませんでした。チームのやるべきこととしては、戦術理解もできてきていると思います。けれど、頭で理解していても、それをグラウンドの上で出せなければ意味はないと思うので、それを如何に試合の中で出せるのかというところは、今後、詰めていかなければいけないところですね」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR