Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
8
9
10
11
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

アビスパ福岡シーズンプレビュー No.2


【中倉一志=取材・文・写真】
マリヤン・プシュニクがメンバーを固定しないのは、アビスパサポーターなら誰もが知るところ。昨シーズンは、紅白戦や戦術練習では、1年間を通して毎日のようにメンバーを変えた。それどころか、紅白戦のメンバーで試合に臨むことはほとんどなく、選手たちは「直前にならなければ誰が試合に出るか分からない」と口にしていたが、それがチームのモチベーションを高く維持する要因のひとつになっていた。
しかしながら、今シーズンは若干、傾向が異なる。もちろん、メンバーを入れ替えながら競争させているのだが、ベンチ入りの18人という枠で見ると、ある程度、固定したメンバーで準備をしていることが窺える。方針が変わったと言うよりも、チーム人件費の関係で選手層が薄くなってしまったことが影響しているのだろう。

「4-4-2」「4-1-2-3」「4-3-2-1」?
現時点で基本となるメンバーは、昨シーズン最終戦でプレーしたメンバーに、新加入の森村昂太、平井将生、イ グァンソン、阿部巧、武田英二郎らを加えたメンバー。そこへ、光永祐也、牛之濵拓らが絡んで来るものと思われる。もちろん、競争の中でチームのレベルアップを図りたいプシュニク監督には、いつでも選手を入れ替える用意があるだろうが、個々の選手たちの力を比べれば、現段階では大きく変動することはないように見える。選手人件費については、昨年と同水準を維持しているとはいえ、ある程度戦えるメンバーで先発を揃えれば、他へ回す余裕がないのも事実。それでも、経営危機からの脱出が最優先のクラブにあっては、いま置かれている中でやりくりするしかない。

さて、新しいメンバーが加わった中で、どのような布陣で臨むかは興味あるところだが、これまでのトレーニングでは、昨年と同様の4-1-2-3、1トップの下にシャドーを置いた4-3-2-1、そして前線を2枚にした4-4-2をそれぞれ試している。

0227formation_1.png
 2トップの場合の予想布陣
0227formation_2.png
 1トップにした予想布陣

しかしながら、「サッカーをプレーするのはポジションではない。プレーするのは選手だ」とプシュニク監督が口にするように、どの布陣を採用するにしても、それは大きな問題ではないようにも思える。なぜなら、最終ラインとアンカーを除いた5人は、ポジションに囚われずに、自由にポジションチェンジをするのがプシュニク監督が志向するサッカーだからだ。実際、これまでのトレーニングマッチでも、リスタート時に布陣は確認できるものの、ボールが動き出せば、どういう布陣でプレーしているのか判別するのは、かなり困難だ。

ポイントとなるのは、いかにして平井をゴールに近いところでプレーさせるかということだろう。だが、得点力アップを期待されてアビスパ福岡に加わった平井とて、プシュニク監督のもとでは、他の選手同様に「前線からの守備」の役割が与えられており、ゴールだけに専念できる立場にはない。さらに、前線からボールを追えば、必然的にゴールから遠ざかってしまうという現実がある。そこに、どうやって折り合いをつけてゴール前に顔を出させるのか。そういった観点から見た場合、プシュニク監督がどんな選択をするのか興味深い。

注目されるプシュニク監督の采配
プシュニク監督が、どんな布陣を選択するのかということに加え、今シーズンは、試合中の采配でも大きな注目を浴びることになりそうだ。プシュニク監督の志向するサッカーは、すべてがアグレッシブなプレスを前提として組み立てられているため、プレスが緩めばチームとして機能しなくなる。そのため、選手は常に100%のパワーでボールを追うことが求められており、当然のように、フィジカル的に厳しくなったところで交代する。

余談になるが、昨シーズン、プシュニク監督がアビスパ福岡の監督に就任する際、当時から経営難に陥っていたフロントは、経費節減のために、遠征へ帯同する選手の数を16人にすることを提案したが、プシュニク監督は「運動量の激しい私のサッカーではフィジカル面の問題で交代枠をフル活用できなければ戦えない」と提案を拒否。他の付帯条件を削ってまで18人での遠征を主張したという。

ところが、選手層の薄いチームでは、あるポジションの選手が動けなくなったら、同一ポジションの選手を投入するという図式が成り立たない。特に選手層が極端に薄い中盤の選手交代に大きな問題を抱えている。したがって、1人の選手を交代させるために、複数のポジションをいじらなければいけない状況が生まれる。
例えば、森村を交代させようとした場合には、中原のポジションを1枚上げて、アンカーの位置にパク ゴンを投入する。あるいは、城後を森村の位置に動かし、三島のポジションをSHへ変更。そしてオ チャンヒョンを右SBに送り込むといった具合だ。

今シーズンは、こうした状況が開幕戦から始まる。しかも毎試合、それも3人分必要になる。まず、誰を、どんな観点からベンチに座らせるのかという決断。次に、どのポジションの選手を、どのように動かして、どのように試合のリズムを掴むのかという決断。はたして、プシュニク監督は、どのような決断を下すか。注目してみたい。

(続く)

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR