Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

漂う雰囲気は覚醒の予感

20140214_01b.jpg
中倉一志=取材・文・写真
何故かは分からないが、ある時、選手の雰囲気が変わる時がある。おそらく、その内面から発する何かが、こちらの心に働きかけてくるのだろう。その何かに心が強く惹かれる。石津大介。いま覚醒の予感を漂わせている。

「なんだか、やけにカメラに入ってくるな」
そう感じたのはチームが始動してから間もなくのこと。とにかくボールが集まってくる。運動量が違う。スピードが違う。キレが違う。コンディションがいいのは誰の目から見ても明らかだった。
「チームの始動日に合わせて自分なりに体を作ってきたので、体の面では動けるだろうと思っていた。ボールを触るという点ではあまりやっていなかったが、ボール感覚はシーズンが始まるまでに少しずつ取り戻せればいい」
その視線に強い意志が浮かぶ。

ラストサードで積極的に仕掛けようとする意識も高い。その迫力は目の前の壁を突き破ろういう気持ちが発するものだ。 「監督に去年からずっと言われ続けているのは、最後の局面で上手く味方を使って崩せということ。まだ質の部分で味方と上手く連携が取れていないので、もっと自分自身の質を上げていかなければいけないが、それが出来るようになれば、自分のプレーの幅も広がるし、もう1ランク上の選手になれる。そこが自分がレベルアップするか、しないかの分かれ目。こだわってやっていきたい」

そして、3年目を迎える今シーズン、攻撃面でチームを引っ張りたいと話す。
「去年からいた自分と城後さん、そして(中原)秀人で、試合の時も、練習の時も、すごく気を使って、ずっとコミュニケーションを取っている。話しているのは、3人のうち2人が上手くボールを間で受けてリズムを作ろうということ。自分たち3人がボールに関わる回数が増えれば増えるほどリズムが出来ると思うので、それを3人で意識している。攻撃の部分ではチームを引っ張っていきたい」
なるほど、紅白戦でも、トレーニングマッチでも、3人は、いつもお互いを探している。

もちろん、手応えも感じている。
「鹿島戦では、新加入の選手を含めて同じ絵を描くというところが少し見えたのかなと思う。(森村)昂太さん、城後さん、サカ(坂田)さんと、いい距離感が保てていた」
その鹿島戦は、いい流れを作りながら決めきれなかったことが逆転負けの要因のひとつになったが、チームの攻撃は間違いなく活性化している。そして、平井将生と森村の持ち味を理解することで、攻撃が、よりダイナミックになったと話す。

そんな石津と話しながら、彼が特別指定選手として練習参加していた頃のことを思い出した。当然だが、選手としての質は今の方が遥かに高い。けれど、はつらつとピッチを走り回る姿に、プロを目指して100%でチャレンジしていた、あの頃の姿がダブる。それを伝えると、こんな答えが返ってきた。

「楽しいです」

今シーズン、石津大介からは目が離せそうにない。

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR