Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【PSM 福岡-鹿島】試合終了後の選手コメント

nakahara.jpg
中倉一志=取材・構成
試合 プレシーズンマッチ アビスパ福岡-鹿島アントラーズ
日時 2月9日(日)14:03キックオフ
会場 レベルファイブスタジアム
結果 アビスパ福岡3-4(前3-2 後0-2)鹿島アントラーズ
得点 [福岡]プ二(11分)、[鹿島]ダヴィ(13分、21分)、[福岡]ダヴィ(21分)、平井(36分)、[鹿島]ダヴィ(83分)、遠藤(87分)

城後 寿選手(福岡);
Q:今日は初めてキャプテンマークを巻きました。
「今日、集合した時にホテルで言われました。『えっ?』と思ったんですけれど(笑)。やってみると、意外に普通でした。けれど、若い頃は上の選手に、ただ付いていくだけだった自分が、キャプテンマークを付けて改めて過去を振り返ってみると、感慨深いものがありました。自分自身も成長できているのかなと、ちょっと感じるものもありましたね」

Q:今日はプレー面でも長い距離を走ってゴール前へ行くという、城後選手らしいダイナミックな動きも出ました。
「後半は、そういう動きが出せましたね。サカさん(坂田大輔)とか、石(石津)のところでシュートで終われるようになって、中盤のところでボールが落ち着くようになった分、背後に飛び出る時間ができました。前半は、中盤のところでボールが落ち着きませんでしたし、得点は入りましたけれど、ボールを保持している時間は相手の方が多かったので、もっとボールを保持して、回して、そこから裏へ飛び出す時間だったり、タイミングを窺うことができれば、もっと楽な展開が出来るようになるし、相手も嫌がるのてはないかと思います」

Q:終盤の2失点については課題だと思いますが、その点については?
「去年から続いている課題が、なかなか修正出来ていないというのがありますね。ちょっとした集中力の欠如で2点くらいやられていると思うし、相手は常にそういうところで駆け引きしていると思います。もっと集中していれば何でもない失点だったので、修正していければと思っています。ああいうシーンは練習中でもあると思うので、そういうシーンをしっかり意識しながら取り組んで行きたいと思います」

Q:今日のゲームで今年の戦い方が、ある程度見えたというのはありますか?
「そうですね。マリノス戦から、狙いとしていた形は、ある程度出せていました。今日の前半は、あまり前線からプレスに行かずに、相手にボールを持たせておいて、入ってきたらプレスに行くという狙いだったので、その点に関しては、すごく上手くいっていたと思います。J1のチーム相手に、J2の中位である僕たちが、自分たちのやり方にはめながら、ゴール前まで持って行くシーンも数多く見せることができました。これを継続してやっていきたいですね。ただ、ボールを奪った後に、また相手に簡単に奪われてしまうというシーンが数多くありましたが、相手のプレーヤーは、そういうミスをしているシーンは、ほとんどなかったので、その部分については、J1とJ2の差がすごく感じられて、すごくいい経験になりました。そういう簡単なミスが失点につながると思うので、J1を目指すという意味で、今後なくしていきたいですし、まずは修正していきたいと思います」

中原 秀人選手(福岡);
Q:今日は後半からの出場で、いつもより高い位置でのプレーでした。どんな狙いでプレーしていたのでしょうか?
「キャンプ中のトレーニングマッチではアンカーの位置に入ることが多かったので、あの位置でプレーしろと言われた時は、驚いたというよりも『あっ、いつもと違うんだ』という感じでした。前半は、中盤でのパス交換が少なく、すごく単調だったし、奪ったボールを簡単に渡してしまう状況が多かったのですが、後半になったらスペースが空いて来るだろうと石津さんとも話していましたし、自分のポジションが少し前目だったので、より攻撃に絡みながらプレーしようと思っていました。何回かミスはありましたけれど、上手くセカンドボールを拾ったり、ディフェンダーからのポーを引き出したり、チャンスメイクのところには絡めていたので、悪くはなかったと思います」

Q:今シーズンに入ってから取り組んでいる「シンプルにプレーする」ということも継続されていましたし、キャンプの締めくくりという意味で、手応えを感じていらっしゃるんじゃないですか?
「そうですね。今シーズンが始まるに当たって、シンプルにプレーするというのは自分の中に目標として掲げていて、ポジションがどこであれ、よりツータッチやダイレクトでプレーすることを意識して、かつ、前を目指しながらプレーするというのは、自分自身で課題に上げていた部分でした。そういう意味では、キャンプを通して、より前への意識を自分に植え付けることもできましたし、シンプルにプレーすることが、どれだけチャンスにつながるのか、より相手にとって怖い存在になれるのかということが、今日の鹿島戦を通しても感じることができたので、自分の中では、ある程度収穫というか、成長できたと感じています」

Q:チームとしての課題はもちろんありますが、全体的には上手く積み上がってきているのではないかと感じます。
「攻撃の部分に関しては単純なミスがあったように思います。また、守備の面に関しては、去年いなかった選手との共通理解をもっと深めないといけません。細かいところを言ったらキリがないですけれども、2対1を作る場面も少ないですし、簡単に1対1で負けてしまうところも多かったので、一度、形を整えてからボールに行くというのを、もっとチーム全体でやらないといけません。やはり、あれだけレベルが高いチームになると、1本のミスでピンチになってしまうので、もっと距離感みたいなものを大事にしていかなければと思っています」

Q:開幕まで3週間になりました。これからは仕上げの時期になってきますが、これからは、今までのことを継続して精度を上げていくということになりますか?
「そうですね。前で使われるのであれば、ゴールにつながるワンツーだったり、ミドルシュートを、もう少し意識しなければいけないかなと思います。いろいろと試されると思いますが、ポジションが変わったからと言って自分のプレーを変えるのではなく、シンプルにプレーするという前提で、よりゴールに絡んで行ったり、味方を使いながらプレーするというところを意識しながらやっていけたらいいかなと思います」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR