Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

【PSM 福岡-鹿島】マリヤン・プシュニク監督(福岡)記者会見

試合 プレシーズンマッチ アビスパ福岡-鹿島アントラーズ
日時 2月9日(日)14:03キックオフ
会場 レベルファイブスタジアム
結果 アビスパ福岡3-4(前3-2 後0-2)鹿島アントラーズ
得点 [福岡]プ二(11分)、[鹿島]ダヴィ(13分、21分)、[福岡]ダヴィ(21分)、平井(36分)、[鹿島]ダヴィ(83分)、遠藤(87分)

Q:試合を振り返って
「みなさん、こんにちは。今日は、見ている方にとって素晴らしいゲームになったと思います。多くのゴールが入りましたし、楽しんでいただけたのではないかと思っています。鹿島アントラーズは日本では5本の指に入るクラブだと思っています。質がですし、いい選手も揃っています。けれど、今日は我々の選手が良く頑張り、質の差を埋めてくれました。最後の5分間で大きなミスをふたつ起こしてしまい、安易な失点をふたつも招いたことは気がかりではありますが、それが鹿島との質の差だったと思います。全体を見れば、戦う意識、態度に関しては、私は非常に満足しています。いい形で3得点もしましたし、後半にも2、3度、決定機を作ることができました。その決定機を決めなければいけませんでしたが、このプレシーズンマッチを通して、我々が戦えること、走れることを証明できたと思います。ただ、選手たちには、この試合で満足してもらいたくはありません。引き続き成長して、勝者のメンタリティをしっかりと身に付けて行ってほしいです」

Q:1試合を通して裏を取られることが多かったように思います。あまりプレスが掛かっていなかったようにも思いますが、いかがでしょうか?
「もう一度言います。鹿島アントラーズさんは、我々よりもいいチームです。ですから、我々の背後にボールを出すシーンは当然多くなります。ある鹿島の選手の2人分の年俸は、我々のチーム人件費よりも多いのです。当然、違いがあります。また、サイドを大きく使い、相手の深いところを突いて来るというのは鹿島の戦術です。そして、ダヴィや遠藤は非常にスピードのある選手ですし、全ての攻撃を封じ込めることはできません。それでも、我々がいいプレーをしたと私は強く感じています。もちろん、我々が相手の攻撃的MFの対応に難を抱えていたのは間違いないです。でも、その一方で、我々がいいプレスをかけたことも間違いありません。我々のプレスが上手くかかったことで相手のミスを招き、その結果、3点目のゴールを産むことができました。もちろん、今日の結果に満足しているわけではありませんが、今の我々にとっては、ネガティブなことよりも、ポジティブな要素が多かった試合だと私は見ています」

Q:去年との比較でみると、攻撃面で全体が連動している、人数をかける、ゴールまでが速い、という点が出た試合だったと思います。そのあたりについて、監督は、どのように捉えていらっしゃるのでしょうか?
「そうですね。去年1年間やってきたことに上乗せするという点で上手く行ったと思います。坂田、石津、プ二、城後、彼らは去年から一緒にプレーしていますし、そこに新加入の選手が上手く絡んできています。森村昂太は今日はいい仕事をしてくれました。将生(平井)に関しては、まだ我々のやり方に慣れていない部分があるかも知れませんが、前のクラブのやり方が我々とは違っているので、すぐに慣れるのは難しいものです。その他にも金森などの選手がいるので、今後も、さらに競争が激しくなってくるものと私は思っています。我々のフィロソフィとしては、1失点、2失点してもかまわないので3得点するということが必要だということです。それは、ホームであろうが、アウェイであろうが関係ありません。我々は走ってプレスをかけていきます」

Q:平井選手をウイングで使ったり、シャドーで使ったりしていますが、今日、平井が得点したことで、彼の良さを活かすためのヒントのようなものを得ることができたでしょうか?
「私は将生の使い方に関して言えば、特定のポジションに固定しようとは思っていません。他の選手と同じように、いろんなポジションで使おうと考えています。彼にとって大切なことは、相手の選手に対してプレスをかけ続けられるように体力を増強して、持久力を付けることです。そうすることによって、得点に至る最後の部分でも十分な体力が残り、集中してゴールにつなげることができます。彼には得点能力がありますが、アビスパでは全員が守備をしなければいけません。そういう点で言えば、彼は我々のところでプレーするためには、まだまだ足りない要素を抱えています」

Q:キャンプを終えたばかりのプレシーズンマッチでしたが、どのような狙いを持って臨まれたのか、そして、その結果について点数を付けるとしたら何点かを教えていただけないでしょうか?
「プレシーズンの試合は、いろんな目的を持って行うものです。今日の試合は、宮崎キャンプの成果が、どのように出るのかということで行いました。こうした流れはプレシーズンでは当たり前のことで、2部練習の後でいろいろな試合を組んで行く予定です。今日の試合に関して言えば、相手がJ1のチームであるということで、彼らと比較して、我々がどう違うのかを感じとること、そして、強豪チームとの試合を観客の皆様に見てもらうという目的がありました。特に日本で有数のクラブが福岡で試合をする機会がないので、今日のような試合を行うことは、いいことだとも思っています。その他にも、いろいろな意味と目的があって試合を戦いました。また、今日の出来について何点かというご質問でしたが、私が採点すれば主観的な感情が入ってしまい正しい数字が出てこないので、遠慮させていただきたいと思います。けれど、今日3得点したことや、選手の振る舞いなどを見て、私は、この試合においては満足しています」

Q:最後に大きなミスが出たと言うことでしたが、守備面に関しては、どのように修正されていく予定でしょうか?
「先ほども言いましたが、相手のミスに付け込んで得点を上げるか、上げられないか、それが質の違いです。もし、お互いにミスがなければサッカーの試合は0-0で終わってしまいます。私が思うには、我々の疲労が溜まっているところを彼らは上手く着いて来たということ、それと同時に、彼らはずるがしこい、上手いやり方で得点したとも思っています」

中倉一志=取材・構成

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR