Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

 

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ準決勝 福岡-名古屋】「ホームで勝利して決勝に行けるように準備したい」/長谷川健太

231011 (6)

JリーグYBCルヴァンカップ準決勝
2023年10月11日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,980人
結果:アビスパ福岡 1-0 名古屋グランパス
得点:[福岡]鶴野怜樹(45+3分)

◎長谷川健太監督(名古屋);
Q:試合を振り返って
「前半、なかなかエンジンがかからなかったなという感じはしています。後半に入って1点負けているということで、だいぶ圧力はかけることができたというふうに思いますが、なかなか堅い守備の福岡の牙城を崩すことができませんでした。何とか最少失点でということであったので、まだ可能性は残ったというふうに思っていますが、ただ初戦を落としたというのは非常に難しいスタートになったのも間違いないというふうに思いますので、3日間でしっかりとリフレッシュさせて、ホームでしっかり勝利を収めて、決勝に行けるように準備をしていきたいというふうに思っています」

Q:監督が『懸け』とおっしゃっていた山田選手の起用ですが、ミスで失点に絡んでしまった部分がありましたが、彼の今日の評価をお願いします。
「失点シーンはもったいなかったというふうに思っています。本当に何でもないロングボールのセカンドだったので、しっかり処理してれば間違いなく問題なかったというふうに思いますが、ミスはあるので、それはもうしょうがないというふうに思っています。後半、1回左サイドでクロス上げたりと攻撃に絡むシーンはあったというふうに思いますが、もっと高いレベルで期待はしていたので、そういう意味では、なかなか陸の良さという部分を出させてもらえなかったんじゃないかなというふうに思っております」

Q:後半はかなり見違えるように攻めていたと思いますが、ハーフタイムの指示で監督が一番強調したのはどういった部分でしょうか?
「現状をしっかりと選手に伝えて、どういう形で福岡がプレッシャーをかけてきているのかという部分と、攻撃の糸口という部分は選手に伝えて、自信を持って仕掛けていこうという話をしました」

Q:前半についてですが、今日の先発メンバーを見ると、丸山選手や山田選手など、よりシンプルにうまい、縦に早いパスなどを期待していたのかなと思いますが、実際には中島選手を目指してのハイボールも多く、その辺のプランニングみたいなところは実際はどうだったのでしょうか?
「なかなか福岡のプレッシャーも早くて、そこを前半は自分たちの意図したような形でかいくぐることはできなかったというふうに思っています」

Q:後半はユンカー選手を入れましたが、もう少し地上戦のようなものを増やしたかったのか、今振り返るとどうでしょうか?
「いや、十分キャスパーのところは、やはりフォワードが代わるとボールの納まりが変わるので、十分に攻撃は仕掛けていたとは思うんです。前半よりは明らかに福岡のゴール前に行くシーンが増えたというふうに思いますし、福岡もフレッシュな選手を入れて追加点を狙いに行ったというふうに思いますが、危ない場面もありましたが、しっかりと押し込むような展開にできたと思います。もう最後のところは、やはり一発決め切るというところの作業になっていくのかなというふうに思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR