Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
6
8
9
10
12
13
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02

 

【無料記事】【記者会見 J1第26節 FC東京-福岡】「結果に直結するような得点を取れたことで優位に進められた」/長谷部茂利

230904 (1)

2023明治安田生命J1リーグ 第26節
日時:2023年9月3日(日)19:03キックオフ
会場:味の素スタジアム/16,068人
結果:FC東京 1-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]佐藤凌我(2分)、山岸祐也(11分)、[FC東京]熊田直紀(86分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「希望していた、望んでいた試合の入り方ができて、結果に直結するような得点を取れたことで試合を優位に進めることができました。その優位性を活かした3点目とまではいきませんでしたが、十分に選手たちは自分たちの持っている力を出して良い戦いをしてくれました。ただ、最後のところはやはりFC東京さんの強さを感じた10分、15分でしたけれども、どうにか1点だけで凌いで良くやってくれたなと選手たちに感謝しいてるし、サポーターも後押ししてくれた、そんな空気を作ってくれたと思うので、非常に充実感のあるゲームでした」

Q:3連戦の初戦ということで、いろんなところで、どう戦うんだろうかというようなことがささやかれていたと思います。ただ、いつもお話されているように、目の前の試合に全力で勝ちに行くという姿勢が今日の勝利に直結したのかなと思っていますが、その辺りはいかがでしょうか?
「挑む姿勢やスタンスみたいなものは、選手、スタッフも含めてチームで統一しているつもりです。なので、相手が強かろうが、うまくあろうが、自分たちが全力で戦って出せるものを出して、あとは結果がどうなるか分かりませんが、でも投げやりのような気持ちはなくて、どうにかして勝点を取るんだ、引き分けもあるリーグ戦ですから、そこに対して自分たちが臨んでいく、挑んでいく、それを体現できたかなと思います」

Q:最後は押し込まれましたけれど、非常に良いゲームができたかなと思います。残り2戦に向けて、今日のゲームで新たに見えた収穫みたいなところと、今日の試合で課題のようなものが見えたところ、それぞれ教えていただけますか?
「新たな収穫という意味では、天皇杯もそうですけれども、ここのところ複数得点をすることができている、結果が出ているというところは継続したい。今までそんなに長いこと継続、何回も継続することができていないので、複数得点を継続しながらというところ。最後のところは失点しましたが、そこの失点のところは、やはり無失点にどうにかして繋げていく。そこの自分たちの守備の良さ、強さみたいなところをもう少し改善してというか、時間もありませんから簡単にはできないんですけれども、そこをどうにかやられないように、コーチと選手と工夫して水曜日を迎えたいなと思います」

Q:非常に素晴らしい前半でしたが、1試合を勝つことを考えると、やはり最後をどう締めるかということが課題だったのではないかと思います。相手はアダイウトンが出てくるのは分かっていたので、そこをどうやって抑えるかというプランで、どういう結果になったのでしょうか?
「出てくるのは分かってはいませんでした。メンバーには入っていましたが、知りません、それは。ただメンバーに入っていたので、予想の中では入ってきたときどうしようかということで、個人の対応のところは交代で入った選手には伝えていました。湯澤のところは、湯澤は対人に非常に強い選手、速い選手なので、そこの対応と、近くにいる田中達也もそこに参戦するという守備のところ、そこで抑えようという話をしながら臨みました。ただ個人の戦いではなくて、チームとしてどういうふうに止めるかというところが大事なので、それは試合を見てもらったら分かると思いますが、アビスパがどういうふうに彼を抑えようとしているのかというのは、もう見たらすぐ分かると思います。それを考えています。常にグループでどう抑えるか。最大で11人のグループになっています。それを意識させています」

Q:今日は佐藤選手の1トップでした。これまでサイドでの起用が多かったのですが、彼を1トップに置いたことでうまくいったということは何かありますでしょうか?
「周りとの繋がり、攻守にわたって繋がるところは非常に上手ですね。自分が周りに発信する、そういうプレーもありますし、周りが発信したことに対して繋がっていくプレー、攻守にわたってその辺が上手ですね。また、彼はサイドハーフをやったりしていたことはありますけれどもフォワードの選手ですから、やはり一番前で攻撃を引っ張るというか、ボールを受ける、そういうところは彼の持ち味ですから、今日はそういうところも出ていたと思いますし、これからも出していってもらいたいし、非常に良い出来だったんじゃないかなと、点数も取りましたし、何よりもそれが一番本人も嬉しいし、チームとしても非常に嬉しい、そういう評価です。非常に良い評価です」

Q:アディショナルタイムに入ってから、監督が福岡のサポーターに『応援を』というようなジェスチャーをされていましたが、あのときはどういうふうな心情だったのか、改めてお伺いしてもよろしいでしょうか?
「FC東京さんのゴール裏のファン、サポーターの応援は素晴らしかったですね。それに選手たちが飲まれていた、雰囲気でやられそうになっていた。1失点はしましたけれど、もうこれ以上はあげられない、与えられない、やられないというところでは出ている11人だけではちょっと厳しいのかなというのは感じたところです。そんな心境で、応援に来ていただいているファン、サポーターに、一番遠いところからですけれども、ゴール前に向けて声を送ってもらったら、少し選手たちが変わるんじゃないかなという想いで行動を起こしました」

Q:山岸選手が途中交代のときに担架で運ばれる状況でしたけれど、おっしゃられる範囲内で、彼のコンディションについて教えていただけますでしょうか?
「どこか気になるとは言っていましたけれど、交代をしてから話をする余裕もなくて、ちょっとチェックがまだできていないのでこれからです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR