Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
5
7
10
12
13
16
18
19
20
21
23
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯準々決勝 福岡-湘南】「もっと試合に絡む活躍をしてチームの勝利に貢献したい」/鶴野怜樹

230831 (4)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 準々決勝
2022年8月30日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/3,325人
結果:アビスパ福岡 3-1 湘南ベルマーレ
得点:[湘南]鈴木章斗(4分)、[福岡]山岸祐也(44分、67分)、佐藤凌我(73分)

◎鶴野怜樹選手(福岡);
Q:相手の裏に抜け出すというのはチームの狙いだったと思いますが、怜樹選手が何度も裏へ抜けてチームのリズムを作り出していました。
「前半、早い時間帯に失点してしまって、チームは雰囲気的にちょっとガクっとなってしまったんですけれども、チームの前への勢いというのは自分がつけさせないといけないし、それはもう試合前からずっと考えていたことです。やはりスタメンで出るということになったら、一番前の選手がたくさん走って、背中で見せて、後ろを引っ張っていかないといけないなと思っていたので、失点した後もズルズルと引きずることなく、みんな前向きにプレーできたのかなと思います。そして前半のうちに点を取り返してイーブンな状態で後半に持っていけたので、あの失点はいらなかったと思いますが良かったのかなと思います」

Q:同点ゴールのシーンは、怜樹選手と井手口選手の2人でボールを追いまわして奪ったところで勝負ありでした。
「陽介くんのあの守備というのは、自分がベンチ外で上から見ていたときも、すごく速いというのが伝わってくるし、あの速さというものは自分に似たものがあるのかなと思っていました。結構、練習中とかも陽介くんのプレスというのをたくさん見ているし、陽介君の近くにいたら、2人目で自分のスピードも生かしていったらこぼれてくるのかなというふうにずっと考えていましたし、試合前から切り替えは意識しろというのはずっと言われていたので、そこで本当に同点ゴールが欲しいタイミングで点取れて、自分のゴールではないですけれど良かったのかなと思います」

Q:スコアは3-1でしたけれど、湘南も結構前に速くて、局面も強く、京都戦や新潟戦ではそこでやられてしまいましたが、今日はその時間帯をこらえられたのが良かったのではないでしょうか?
「前から見ていて、結構、押し込まれる時間もあったんですけれど、あんまり失点する感じはないなと思っていました。でも、そんな中でもアウェイの新潟戦の逆転負けのときのように、ポロって入れられたら同点に追いつかれて、リーグ戦じゃないので延長戦になって、PK戦になってというように、甘い考えをしていたら、そういう未来になったかもしれないですけれど、前の選手、後ろの選手、ゴールキーパーを含めて、この暑い中での試合でしたけれども、みんなが集中を切らさずに、頭のスイッチをずっと入れっぱなしで90分戦い続けてくれたので、本当に感謝しています」

Q:大事な試合で先発して、目標の『ベスト4以上』というところまで来ました。それについてはいかがですか?
「とりあえず、このベスト4を懸けた試合にスタメンで出させてくれたシゲさん(長谷部茂利監督)には感謝しています。久々のスタメンでちょっと身体が耐えられなくて交代してしまったんですけれど、もっともっと試合に絡む活躍をしていって、70分、80分、フルタイムでプレーできるようにしていって、ゴールやアシストでチームの勝利に貢献していきます」

Q:今日の前3人の関係性というところで意識していたのは、どんなことだったのでしょうか?
「練習中から(山岸)祐也くんも、(佐藤)凌我くんも、本当に自分のプレーを分かってくれいて、自分はもうほとんど背後しか狙っていないんですけれど、2人はそこをしっかり理解して、中継役というか、相手を引き付けて、そこで空いたスペースに自分が走っていくというのはやりやすいので、メンバーが決まって今日の試合まで本当楽しみでしょうがなかったです。本当に祐也くんも凌我くんも上手なので、その2人と一緒に出るのは楽しみだし、自分もあの2人にアシストしたいと思っているし、あの2人がアシストしたいと思っているかどうかは分からないですけれど(笑)、今日は3人で攻め込んで勝てたので良かったなと思います」

Q:U-22での活動というのも可能性はあると思います。そこについては何か意識するところはありますか?
「多分、今の状況だとないと思います。でも、U-22が勝つのか、それとも違う結果になるのかは分からないですけれども、勝ったとしても『自分(鶴野怜樹)を呼んでいたらもっと楽に勝てたんじゃないか』とか、万が一にも負けてしまったときには『自分がいないから負けた』と言われるように、こっちで100%、120%の力を出し切ってやっていきます」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR