Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
6
8
9
10
11
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯準々決勝 福岡-湘南】「今季のリーグ序盤戦に近い非常に良い戦いができた」/長谷部茂利

230831 (3)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 準々決勝
2022年8月30日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/3,325人
結果:アビスパ福岡 3-1 湘南ベルマーレ
得点:[湘南]鈴木章斗(4分)、[福岡]山岸祐也(44分、67分)、佐藤凌我(73分)

長谷部茂利(福岡);
Q:試合を振り返って
「立ち上がりの1失点。失点のところは注意していたにも拘わらず、徹底したプレー、同じ絵を描けなかったことに問題がありました。切り替えも遅かった。いらない失点だったと思います。それ以外のところで言うと、守備、攻撃、切り替えのところも含めて、球際も含めて、今季のリーグ序盤戦に近い非常に良い戦いができたと思います。選手たちのコンディションも良かったし、プレーそのものも選択も良かったし、何度かピンチもありましたけれども、自分たちのチャンスの方が多かったんじゃないかなと思うので、それを決め切ったプレー、ラストパス、シュート、非常に質が高くて、トレーニングすることがやっと実ったという、これが続けば良いんですけれども、続けるように、続くように、またトレーニングして、振り返りをしながら次に向かいたいと思います」

Q:クラブ史上初めてのベスト4、今季掲げていた目標の一つをまずはクリアしたというところで、改めて今のお気持ちを聞かせてください。
「非常に嬉しいし、チーム、クラブで一つ目標をかなえたので、また新たに目標を近日中に変えて、もう一つ上なのか、その頂点なのかというところを決めていきたいなと思います。一つ達成できたのは嬉しいです」

Q:湘南さんの前に出てくるパワー、球際の激しさは予想通りで、局面では五分五分の勝負が展開されていたと思います。それでも最終的に3-1という結果を手にしたというところで、その違いはどこにあったとご覧になっていますか?
「それを受けながらも自分たちが戦い続けた。審判に『ファールを取ってください』とお願いするのではなくて、簡単に倒れるのはなくて、倒れたとしても立ってプレーする。そこに尽きると思います」

Q:今日は山岸選手が2ゴール1アシストでしたが、その前のところで、井手口選手がボールを奪ってチャンスを作る、ボールを動かしてゲームを作るというところで非常に活躍が目立ったのではないかと思います。そこはいかがでしょうか?
「非常に良かったと思います。これまでも良いですし、高いレベルで少しずつ良くなっている。つまりは最高点を叩き出しそうなというか、パーフェクトに近いような仕事、役割を果たしてくれています」

Q:山岸選手はここ数試合ゴールがなくて、本人も立ち位置を変えながらやっているという話をされていましたが、そこの成果というのが見えた試合だったのでしょうか?
「そうですね。チームからも、コーチからもアドバイスはもちろんありますけれども、まず自分でよく考えているし、良く見ているし、ゴールを取るために、成長するために、日頃からサッカーに対して真摯に取り組んでいる。それがそのまま今日のゴールに繋がったり、アシストしたプレーに繋がった、そんなふうに思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR