Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯4回戦 栃木-福岡】「苦しみながらもチーム一丸となって戦うのが理想」/佐藤凌我/田中達也

230804 (3)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 4回戦
2022年8月2日(水)19:00キックオフ
会場:カンセキスタジアムとちぎ/2,368人
結果:栃木SC 2-4 アビスパ福岡
得点:[福岡]佐藤凌我(20分)、[栃木]根本凌(45+3分、51分)、[福岡]ウェリントン(54分)、ルキアン(114分)、山岸祐也(117分)

◎佐藤凌我選手(福岡);
Q:天皇杯3戦連発です。
「そうですね。何とか点も取れましたし、チームも苦しみながらも勝ったので、そこは良かったかなと思います」

Q:押し込まれている展開の中で自陣からボールをつないで奪ったゴールでした。チームとしてどういうふうに状況を受け止めていらっしゃったのでしょうか?
「ボールを持たれていましたけれど崩されてはいなかったですし、シュートは打たれていましたけれど最後のところは守れていたので、その中でああいう形で点を取るというのは自分たちの形でもあるので、相手にボールを握られた中でもワンチャンス、ああいうチャンスがあったら決めようというふうに思っていたので、その1本目が決まって良かったです」

Q:少し難しいゲームになりましたが、2点目を取られてから逆に良くなったような感じがしました。
「ボールを握られる時間も多かったですし、不運と言えば不運なPKもあったんですけれども、点を取られてビハインドなってからも誰1人焦ることなく自分たちのサッカーをやれた結果が、ああいうふうに同点ゴールとか延長でのゴールに繋がったので、そこは良かったかなと思います」

Q:よそのチームはこういう展開のゲームで負けてしまうことが多いんですけれども、それでも絶対に負けないというところで、難しくても勝つというアビスパらしさも出たのではないでしょうか?
「そうですね。苦しみながらもチーム一丸となって戦うのが理想ですし、最後のところでああやって勝ち切れるのが一歩一歩成長していく一番の近道というか、本当にこういう試合をものにしていくのは成功体験を身に付けるという意味でも大事だと思うので、そこは本当チームとして今うまくいってるというか、みんなが意識してやっている部分だと思います」

Q:かなり疲れていると思いますけれど、中3日でダービーが待っているというところに関してはどのように捉えていらっしゃいますか?
「天皇杯を勝ち進んだらこういうふうになるのは必然ですし、やはりチーム一丸となって、ここに来ている選手、来ていない選手が全員で一つになって戦わないといけない試合だと思うので、ダービーに向けてまた良い準備したいなと思います」

◎田中達也選手(福岡);
Q:今日は2アシストでしたが、2点とも田中選手のスピードが活きたゴールになりました。
「岐阜戦でもサイドハーフでプレーして、今までの左ではなくて右で使ってもらい始めて、やはり右だとクロスからチャンスをいかに作れるかというところが自分がチームに貢献できるかどうかのところだと思うんで、そういうところでアシストという形でチームの勝利に貢献できたことが本当に良かったです」

Q:2点目のアシストは縦に抜けようとして一度止まってから、そこからもう一度縦に突破してクロスを入れました。あの辺りは今までとは少し違ったようなプレーに見えました。
「いろいろと考えて今までとは変えている部分はあるんですけど、あんまり言わないようにしておきます」

Q:あそこは狙っていたプレーということですか?
「そうですね。今までいろいろ考えながらやってはいるんですけど、ネタバレしないようにしておきます(笑)」

Q:1点目は佐藤凌我選手との東福岡ホットラインでもありました。
「あそこは凌我と試合前に話していました。ああいうところでポジションを取っていてくれと、本当に試合が始まる直前に話していたので、それが本当にしっかり形となって得点に繋がって本当に良かったです」

Q:ご自身の中で、いろいろとどうやっていこうかと考えていらっしゃった時期もあったと思いますが、少しずつ解決の糸口みたいなものが見えてきたのではないでしょうか?
「いろいろ痛みを抱えてた部分とか、コンディションがようやくだいぶ落ち着いてきたところもあって、コンディションも上がってきていますし、そこでコンデイションが上がってきている中でしっかりとそれを結果で体現できたというところ本当に良かったですね」

Q:天皇杯もルヴァンカップも、トーナメントを勝ち抜くのは難しいものですが、これで2つとも2年連続でベスト8まで進んで目標達成まであと1勝というころまで来ました。
「一昨年、浦和にいるときに天皇杯優勝を経験して、あのときは試合には出ていなかったですけれど、そういう景色を見ることができたんですが、あの国立で、あの決勝でというのはすごく良かったですし、ピッチの上で優勝を経験したいという想いはあるんで、ベスト4が目標とは言わずに優勝を目標に頑張っていきたいです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR