Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯4回戦 栃木-福岡】「得点のところのクオリティでは我々の方が少し上だった」/長谷部茂利

230804 (2)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 4回戦
2022年8月2日(水)19:00キックオフ
会場:カンセキスタジアムとちぎ/2,368人
結果:栃木SC 2-4 アビスパ福岡
得点:[福岡]佐藤凌我(20分)、[栃木]根本凌(45+3分、51分)、[福岡]ウェリントン(54分)、ルキアン(114分)、山岸祐也(117分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「スカウティングから始まって試合に挑んでいるんですけれども、やはり思った通り良いチームでした。栃木さんに対して自分たちがどこまでできるかということで、決してカテゴリーが違うから勝たなければいけないということではなくて、難しい試合になると選手たちと話して送り出したんですけども、やはり難しかったと思います。相手のペースの時間が長かったんじゃないかなと思います。ただ得点のところのクオリティで言うと、我々の方が少し上だったと思います。ピンチもたくさんあったんですけれども2点で止めて、自分たちが4点取れたということ。本音を言いますと延長には行きたくなかったなというのがあります」

Q:こちらの来る前もおっしゃっていた通り難しいゲームになりました。相手も良かったですし、トーナメントですから勝ちがまず大事だと思うのですが、難しくなってしまったと言うところで、我々側の問題として何か感じられていることはありますでしょうか?
「小さなミスをミスじゃなくてして繋げること。それは攻撃も守備も繋がるというところができれば、もう少し良いプレーが増えたんじゃないかなと思いますが、それを逆に栃木さんにやられていたと思います。攻守にわたってよく繋がってたし、徹底されている部分もあったので、そういうところは本当にいいチームだなと思います。相手のことを褒めても仕方のないことですけれども、なぜJ2でこの順位にいるのか分からないくらいでした。何人か出ていないかもしれませんが、全体として本当に良いプレーが多かったと思います」

Q:これでまず当初の目標をクリアするのにあと1勝になりました。ここまでの展開をどのように振り返っていらっしゃいますか?
「当然難しい試合が続いていますが、ルヴァンカップもそうですけれども、トーナメントに入っている中で勝つことは難しい。またリーグ戦の方も勝たないと、引き分けないと勝点を取れないというところでは、どちらも一緒だと思うんですね。自分たちが課せられてるのはそういう結果を出すというところと、少しずつですけれども自分たちが目指してる内容のところに近づいていくということ。守備で2点取られているようじゃ駄目だし、攻撃のところも延長があったから4点取れましたけれども、もう少し崩しや狙いというもの、スマートにゴール前に入っていくような形も作っていかないといけない。それだけじゃないですけれども、そういうこともできるようになっていかなくてはいけないと思っています」

Q:延長の2得点のところに絞ってお伺いします。そこで突き放せたというのは、選手層の厚さというところもあったと思いますが、そこはいかがでしょうか?
「アップダウンが激しくなった、オープンな展開というんですか、そうなった時に点を取れる選手を持っていたというところでは選手層の厚さというのはあったかもしれませんが、決して栃木さんの出てきた選手たちが悪かったわけじゃなく、良かったと思います、ゴールにも迫っていました。ただ延長に入った時には我々の選手たちの方が躍動したという30分だったので、そこは入った選手が良かったですが、そうなってしまった、延長に入ってしまったことを考えると喜べません。ただ得点を取った場面は素晴らしかったですね。他にも取れそうな場面もあったので、その辺は良かったと思います」

Q:全体的に言いますと課題もあったかと思いますが、局面で言いますと先制点を取れたことが大きかったし、得点シーンは素晴らしいものがあったと思います。その部分でチームを振り返っていただけますか?
「パスが何本か繋がりながら、キーパーからディフェンス、ボランチ、フォワードに入ってサイドハーフに入って、最後は逆サイドハーフが決めるという、比較的多くの人間が関わって、スピーディーに、しかも先ほど言ったようなスマートな形で、相手にボールを触らせないで得点までいったと思うので、非常に良い形だったと思います。ああいうことができれば、攻撃の目指しているところに、イメージも沸くようになるし、成功体験をしたことで『これが良いんだ』『これが良くないんだ』ということを精査できると思うので、選手たちは自信にしてもらいたいなと思います。ただあれだけじゃないです。ああいうプレーをだけをしたいわけではないので、一つ良かったと思います」

Q:激しい戦いを終えて中3日でダービーが待っているというところで、ダービーに向けて一言お願いします。
「中3日なので、48時間以上経つということでは選手たちに回復を促すというか、期待しています。延長までいったことが少し懸念ですけれども、でもそんなこと言っていられない。ダービーでどれだけ自分たちができるか。そこにあらゆる想いが乗っかってくるので、それをぶつけていきたいなと思います。私自身は疲れていないので(笑)、疲れている選手たちがいかに試合で躍動できるか、そんなふうに持っていけたらなと思います。休むことが大事。ミーティング含めて自分たちがやりたいことを精査していくことが大事かなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR