Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
6
8
9
10
12
13
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯2回戦 福岡-今治】「まず突破できたことが次に繋がる」/城後寿/三國ケネディエブス

230608 (5)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 2回戦
2022年6月7日(水)19:00キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,033人
結果:アビスパ福岡 2-0 FC今治
得点:[福岡]ウェリントン(51分)、佐藤凌我(80分)

◎城後寿選手(福岡);
Q:天皇杯らしい少し難しいそうなゲームになりました。ぢのように振り返っていらっしゃいますか?
「何が起こるか分からないような試合だったんですけれども、前半立ち上がりから多くチャンスを作りながらゴールを決めることができなかったんで、難しい展開になるかなとは思ったんですけれど、後半に入ってすぐのところで自分たちの強みであるセットプレーでゴールを決めることができたので、そこでゲームを落ち着いて進めることができました。まず突破できたことが次に繋がると思うので、非常に良かったんじゃないのかなというふうに思いますし、なかなかリーグで出番のない選手が数多くピッチに立ったんですけれども、それぞれの個性をうまく表現できたんじゃないのかなと思います。ただ、もっとできる部分もあったのかなとも思っています」

Q:監督が、前半は比較的優位に進めてはいたけれど、点を取らないうちに1点やられて負けるというゲームを数多く見てきたとおっしゃっていました。ハーフタイムには、どのようにことを確認されたのでしようか?
「チャンスを作りながらでは駄目だよ、ゴールを決めないと足元をすくわれるよという話を監督からいただいて、みんなもその気になったと思います。何よりもカテゴリーが下の相手に色気づかずに自分たちの強みを発揮できたというところが良かったですし、90分通して落ち着いてゲームを運べたことが良かったんじゃないのかなというふうに思います。できれば前半のうちに早い時間帯でゴール決めて、もっと早く落ち着いたゲーム運びができたら良かったんですけれど、こういうこともあり得るので、勝ったことでまた次に繋がったんじゃないのかなというふうに思います」

Q:1点を取った後、相手が開き直ったというか、前への意識を高めて出てきましたけれど、そこでしっかりと抑え切ったことで凌我さんの2点目も生まれたのではないかと思います。
「そうですね、1ゴール奪った後の立ち上がり5分ぐらい、少しバタバタしたんですけれども、そこでうまく耐えることができました。1点取った後も、もっと自分たちの展開に持っていければ良かったんですけれども。凌我はアビスパに来て初ゴールだったということで僕自身も非常に嬉しく思いますし、次のリーグ戦でもこれからもどんどん活躍してほしいなというふうに思います」

Q:しばらく勝てない時期が続いていましたけれども、ひとつ勝ったということでチームに前向きのパワーが生まれるのかなという印象も持ちました。
「試合が終わった後も『次のリーグ戦に繋げよう』とそれぞれの選手と話しましたし、当然ルヴァンカップも、天皇杯もベスト4というところを目標に掲げていますが、やはりリーグ戦で勝って上に行くことが自分たちの目標ですし、そのリーグ戦で連敗しているので、いち早く良い流れに持っていけるように、何としても次は勝点3を取って帰ってきたいなというふうに思います」

◎三國ケネディエブス選手(福岡);
Q:天皇杯らしい簡単ではない試合になりましたが、終わってみれば無失点での勝利。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「危ないシーンとかも結構ありましたけれど、キーパーの山ノ井くんのおかげで無失点で抑えられたというのもあると思うんで、チーム全員で0に抑えたという気持ちが強いです」

Q:1点取った後、今治は開き直ったというかリスクをかけて前に出てきていましたけれど、リーグ戦ではそこで失点することが多い中、今日は0で凌げたことが2点目に繋がったのではないかと思います。
「いつも点を取った後の5分間は割り切ってミスしないようにチームではやってるんですけれど、リーグ戦では、結構、失点してしまうことが多くて、けれど今日はそこが改善できたかなと思ってるんで、今日はサブメンバーでしたけれど週末のスタメンで出る選手とかも、いい流れで入れると思います。そういう点では、結構、良かったかなというふうに思います」

Q:ご自身の感触はいかがですか?
「たいしたミスはなかったと思うんですけれど、あんまりぱっとしないというか、1本クロスから危ないシーンもありましたし、パーフェクトにやれてこそセンターバックは評価されると思うので、まだまだかなというふうには感じています」

Q:一方で、先日のマリノス戦で宮市選手の突破をスライディングで止めたところや、今日も後半に1本、見事にスライディングで攻撃の芽を摘んだシーンがありました。試合を重ねる中で自分らしさを表現できる場面も増えてきたのではないですか?
「ああいうプレーで、結構、自分は乗ってくるんで、マリノス戦は途中から出場して、あんまり時間がない中でのプレーでしたけれど、結構、あれで乗れたというのもあるんで、ああいう自分の良いところを常に出していけたらいいなというふうに思いますし、一番良いのは、あれを外に出すんじゃなくて仲間に繋げるというところだと思うんですけれど、まだまだそこら辺の技術はないので、これから練習でチャレンジしてみてというのはありますけれども、もっと良い形でボールを奪えればいいかなと思います」

Q:チームは少し勝てない時期が続いていて、大会は違いますけれども、一つ勝てたということで、週末のリーグ戦につながる試合になったのではないですか?
「そうですね。大会は違っても勝ちは勝ちなので、チームが勝っていない状況で勝てたというのは非常に良いことだと思いますし、ファン、サポーターにとっても、結構、良い日になったと思います。これを週末に連勝で繋げたいですね。名古屋は強いですけれども、そういったチームに勝ってこそ、どんどん福岡が上に行けると思うので、しっかりと上がっていきたいと思います」

Q:天皇杯の早いラウンドではお客さんが多くないのですが、今日は例年に比べて多くのお客さんが入っていましたし、手拍子の迫力もありました。
「そうですね、結構多かったですね。やはり徐々に徐々にアビスパ福岡というのが認められつつあるのかなと思いますし、福福岡と言えばソフトバンクホークスが強いというイメージがあるかもしれませんが、福岡と言えばアビスパ福岡と言われるように、どんどん試合に勝ち続けてJ1でも旋風を巻き起こしたいなというふうに思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR