Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯2回戦 福岡-今治】「もっと取れるシーンもあると思うので質を高めていきたい」/佐藤凌我

230608 (4)

天皇杯 JFA 第103回全日本サッカー選手権大会 2回戦
2022年6月7日(水)19:00キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,033人
結果:アビスパ福岡 2-0 FC今治
得点:[福岡]ウェリントン(51分)、佐藤凌我(80分)

◎佐藤凌我選手(福岡);
Q:ゴールへの執念が感じられるゴールでした。
「近くにウェリもいて落とそうかとも思ったんですけれども、一応、小さいころからやっていたシュートであったので、思い切り打って入って良かったです」

Q:これまでにああいう形でゴールを取ったことはあるのでしょうか?
「小学校とか中学校とかではあったんですけれど、プロになってからはなかったですし、大学では、多分、練習試合とかが最後だったと思います」

Q:大きな歓声が起こって、みんなも待っていたという感じでしたが、あの歓声を受けてどんな気持ちでしたか?
「本当に自分もすごく欲しかった1点ですし、サポーターの方もずっと待っていてくれたというか、期待してくれていた部分もあったので、ここで何とか1点取れたので良かったかなと思います」

Q:前半にヘディングで惜しいシーンがあって、『今日も、もしかして』という想いもあってみていました(笑)。
「そうですね。本当に最近は多くチャンスがあったのですが、ただそれを自分が決めきれていなかったっていうのが課題であったので、前半もチャンスがありましたし、あれを決めていたら、もっとチームも楽になったと思います。その質というか、そこはまだまだと思うので、1点は取れましたけれど、もっともっと取れるシーンもあると思うので、そこを高めていけたらなと思います」

Q:後半に入ってチームの全体的な強度が上がったように思えました。守備の時のプレスのような話は監督からあったのでしょうか?
「前半も良い形で取れる場面もありましたし、ルキとウェリがすごく良い守備で追い込んでくれて、後ろが狙いやすい部分もありましたし、交代で入った選手も強度を落とさずにチームとしての守備というのはやれていたと思います。そこの違いというか、それは監督からの言葉でもありましたし、それをみんなで意識して、良い守備からというのはできていたのかなというふうに思います」

Q:個人的にもゴールを取りましたし、チームとしても久しぶりに勝ったので、次の名古屋戦に向けて気持ち良く行けるのではないでしょうか?
「そうですね。違う大会ではありますけれど、この流れをうまくチームに持ってきて、リーグ戦では最近なかなか勝てていないので、ここで一つ勝って、前期最後の試合なので、いい流れで後半戦に向かっていけるように、アウェイですけれど勝って帰ってきたいと思います」

Q:サイドでも、一番前でも、違和感なくゴール前に入れるような感じがありますが、どうですかサイドのプレーは?
「個人的には、正直、今日のサイドでのプレーはミスも多かったですし、納得していない部分がありました。もっともっとチームを助けられるシーンもあったと思うので、そこはまだまだ課題があるかなというふうに自分的には感じています」

Q:1点取ったことでポンポンいけそうな感じはありますか?
「さっきも言いましたけれどチャンスはあるので、それを決めるか決めないかは自分次第だと思います。今日は1点決めましたけれど、これを続けて決めていけるように、チームメイトは本当に良いボールをくれているので、それを決めるように次も良い準備をしたいと思います」

Q:先日、小田逸稀選手が『ゴールの仕方を教えてあげる』みたいな話をしていましたけれど、何か言い返したいんじゃないですか(笑)
「はい、あいつにはできないと思うんで(笑)。でも良かったです、喜んでくれたので」

Q:さきほど子どもの頃から練習していたとおっしゃっていましたけれど、オーバーヘッドというのは憧れがあるのでしょうか?
「憧れもありましたし、キャプテン翼とか、プロの選手がやっているのを見たり、真似てやっていた部分はありました。それをこのプロの舞台でできたのでよかったと思います」

Q:ロッカールームでの選手たちの反応はいかがでしたか?
「簡単なのを決めるよって言われました(笑)。難しいの決めるんじゃなくて、もっと簡単なのがあっただろうと言われたので、本当にそういうシュートを、簡単なシュートも、難しいシュートも決めていけるように頑張りたいと思います」

Q:あそこはオーバーヘッドが一番確率が高いという判断だったのでしょうか?
「身体の向きも、ちょっと入りすぎて後ろにボールが来たのもありますし、自分が打つのならあれしかないかなということですね。流れというか感覚でやりました。監督からも『おめでとう』と言われました。結果を出してない選手は使いづらいと思うんですけれど、それでもずっと使ってくれて、今日も交代せずに最後の方まで残してくれて、その期待に一つ応えることができたかなと思うので、もっともっと決めていけるように、期待に応えられるように頑張りたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR