Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
6
8
9
10
11
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 J1第14節 福岡-浦和】勝点2を失ったと考えているが相手が非常にまとまっていた」マチェイ スコルジャ

230521 (3)

2023明治安田生命J1リーグ 第14節
日時:2023年5月20日(土)13:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/10,417人
結果:アビスパ福岡 0-0 浦和レッズ

◎マチェイ スコルジャ監督(浦和);
Q:試合を振り返って
「みなさん、こんにちは。Jリーグでもトップクラスのディフェンスを誇るチームとの対戦であるということは試合前から分かっていました。ハイプレスをかけながら、ボールを持ったらスペースを使い、サイドチェンジをしながらプレーしようと思いましたが、スピードが上がりませんでした。回数は少なかったんですけれども、左SBの荻原を使った時に相手のディフェンスラインを破ることができ、チャンスを作ることはできましたけれども、ゴールを決めるのには十分ではありませんでした。
ハーフタイムに、選手たちには『速いプレーを心がけながらも、焦れずにプレーすれば徐々にスペースが空いてくるだろう』と話をしましたが、ライン間のスペースは私が予想していたよりも、しっかりとコンパクトに最後まで保たれていました。その後にフレッシュな選手を導入していったのですけれど、一つの交代は予想していなかったところです。明本の負傷です。最後の1分まで諦めずに選手たちは頑張ってくれたと思います。馬渡のチャンスも相手にとっては危険な場面だったと思いますが、勝つには十分ではなかったということです」

Q:大きく分けて2つの質問があります。まずは小泉選手が試合に出られない状態だったのか、それとも使わないことを選択されたのかということと、攻撃のところでラストパスの一つ前のところでうまくパスが繋がれば大きくチャンスが広がるという場面が多かったと思いますが、その改善をどのように取り組んでいらっしゃるのでしょうか?
「今おっしゃったような場面について、ハーフタイムになった時に選手たちに映像で見せました。ファイナルサードに入った時に焦れずにプレーするということが、まだ足りないのかもしれません。(小泉)佳穂と酒井宏樹に関してはメディカル的な理由で今日の試合には起用できませんでした」

Q:スコアレスドローに終わりましたけれど、勝点1をもぎ取ったのか、勝点2を落としたのか、どちらの方が監督の中で意味合いが強いでしょうか?
「非常に答えづらい、難しい質問ですね。現時点では勝点2を失ったと考えています。でも相手が非常にまとまっていたので、そのことも認識しています。先ほどロッカールームに全員が戻ってきた時に、私は怒りなどは感じていないし、今日の試合はアビスパの選手の守備をたたえるべきだという話をしました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR