Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

10
13
15
19
20
22
24
25
26
27
28
29
30
04

 

【無料記事】【記者会見 J1第10節 福岡-川崎】「内容が良くなかった、相手が良かったと試合を持っていかれた」/長谷部茂利

230230 (2)

2023明治安田生命J1リーグ 第10節
2023年4月29日(土)17:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/9,053人
結果:アビスパ福岡 1-3 川崎フロンターレ
得点:[川崎]登里享平(12分)、宮代大聖(47分)、オウンゴール(65分)、[福岡]鶴野怜樹(85分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「相手の巧さ、ニアゾーン、ポケット、どうチームが呼んでいるのか分かりませんが、そこのスペースをいとも簡単に攻略されて失点してしまった。また2失点目も、そういう意味ではそのあたりを剥がされて、時間帯も含めて良くなかった。2点ともに効いてしまった。終盤はスタジアムのサポーターの力を借りて1点を取ることができましたが、少し失点が多かった。取られ方も良くなかった。ボールを奪う、ボールを取るところが少なかった。できなかった。そこで今日の内容があまり良くなかった、相手が良かったというふうに試合を持っていかれたなと思います」

Q:失点シーンやパスを繋ぐところで、雨の影響もあったと思いますが、少し軽く見受けられるようなところがあったと思います。監督はどのようにご覧になりましたか?
「おそらく選手の気持ちとしては、スリッピーで、ボールも速くなり、相手の外すタイミングだとかポジショニング、タッチのところでうまく剥がされてしまった。水溜りができていないような状況であると、基本的に雨が降ってスリッピーになると技術の差というものが出ます。相手はボール技術のところが高かったです。そう思われます」

Q:湯澤選手の状態についてですが、言える範囲で結構ですが、交代をせざるを得ないような状況だったということでしょうか?
「痛みですね。痛みがあったようなので、これから病院でという状況です。詳しくは分かりません」

Q:残念な結果でしたけれど、それでも最後に(佐藤)凌我選手と(鶴野)怜樹選手と若い2人で1点を返しました。敗れた中でも次に向けての好材料ではないかと思いますが、2人の評価をお願いします。
「もちろんトレーニングからハツラツとしていますし、おそらく、自分自身の『出てやるんだ』という想いに通じていると思うんですけれど、チームに良い影響を与えているということも見てとれるので、少し早めに使ったつもりです。もう少し早くなのか最初からなのか分かりませんが、いずれにしても期待はしています。次節以降も、得点に絡めるプレー、ボールを奪うためのプレー、そういうプレーを期待してます」

Q:もちろん勝負事なので勝つことが一番なんですけれども、アビスパのやり方からすれば、勝ちも負けにも向き合って進むというところだと思います。次は中3日ですが、どんなところにまた集中していこうとお考えでしょうか?
「おっしゃる通り、自分たちのスタイルを前面に出して戦いたい。今日は出せなかったので、もう少しゲームを自分たちのスタイル出せるように持っていきたいし、入り方も含めてそこの修正はしたいです。失点が少し重なってるというか、ここ何節か失点をしているので、そこを修正しないと、また2点、3点というふうに失点してしまいます。最低でも1失点、できれば0失点というのが私の、アビスパのスタイルなので、そこをもう少し選手たちと合わせて挑みたいなと思います」

Q:先ほど、ポケットをうまく攻略されたというお話がありましたけれど、前線からの連動したプレスをうまく剥がされて、そこに持っていかれたというふうな印象が強くあります。今日の試合のプレスの狙いとしてどういったことを考えて、どういうふうにボールを奪い取ろうというふうに考えだったのか、なぜそれがうまくいかなかったのかを教えてください。
「細かくは言えません。それでは全部戦術を出すことになってしまうので。そういうことでそれはできませんが、なるべく高い位置で、ハーフウェイラインに近い位置でということを考えて選手に表現してもらおうと思いましたが、そこをうまく剥がされてしまった。またスイッチの入りが少し悪かったかなと。パススピードが速くて、コントロールをミスしない選手相手にプレッシャーをかけるのは非常に難しいですね。そういう意味では、時々運ぶし、行ったら剥がされる、行かなかったら出される、そういうところがこの競技の本当に難しいところで、この競技の守備という意味では、そういう状況が続いた中で、ポケットを取られてしまいました。相手は、多分、Jリーグで一番ポケットを取ってくるのかな。そういうチームに自分たちがどういうふうに守るかというところでは、ポケットに人が立っていれば簡単に取られないんですけども、それはつまり、リトリートするような、ベタ引きするような形を取ればいいんですけれども、私としてはそうはいかない、自分たちのスタイルを前面に出したいから。そういう意味で、今日はそこで負けたかなという、それが負けに繋がったなというふうにも思います。なので、そこはまた修正して、簡単にやられないようにしたいなと思います」

Q:交代のところで、今日は点を取らないといけないという展開の中で、(鶴野)怜樹選手とウェリントン選手の前に佐藤選手を使われました。そのあたりで何か意図、期待したことがあったのかなと思いますが、いかがでしょうか?
「今日の形で言うと、一番前に入ってプレッシャーをかけなくてはならない、つまり走らなくてはいけない、速く、連続で。その守備のところと攻撃に転ずるところ、その両方が必要だったので、彼が適任だと思って早めに出しました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR