Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

 

【無料記事】【記者会見 J1第34節 浦和-福岡】「選手、スタッフの一体感、ファン、サポーターの後押し。その結晶」/長谷部茂利

221106 (1)

2022明治安田生命J1リーグ 第34節
2022年11月5日(土)14:04キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002/33,816人
結果:浦和レッズ 1-1 アビスパ福岡
得点:[浦和]岩波拓也(56分)、[福岡]フアンマ デルガド(60分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「前半あれだけ攻められた中で失点をせずに凌いでいた、また攻撃のところの糸口が少し足りなかった、攻撃する回数は少なからずあったんですけれども、ちょっと苦しい前半だったと思います。また後半、岩波選手に素晴らしいシュートを決められましたが、チームとしては落ちることなく、落とすことなく、そこから逆転を目指してというところでしたが、非常に良い攻撃、クロスからの得点という自分たちがトレーニングしてる形、また良いクロスとヘディング、質が高かったと思います。非常に良かったです。追加点も狙って逆転も自分たちはしたかったんですが、やはりそんな簡単にはこのスタジアムでは勝てない、そんなふうにも思いました」

Q:他会場の結果もあわせて来シーズンもJ1で戦うことが決まりました。まず、率直な感想をお願いします。
「残留という目標にシーズン途中から終盤にかけて変えました。それが達成できて良かったと思います。これも選手、スタッフが一体感を持って戦ったこと、またファン、サポーターが常にホームだけではなくて、遠い位置までも足を運んで選手を後押ししてくれた、その結晶だと思っています」

Q:今日は試合前にサポーターのところに行かれて声をおかけになっていましたけれども、改めて、今日のサポーターのみなさんの応援はいかがでしたか?
「非常に良かったと思います。私から言うこととか、言えることは限られているんですけれども、気持ちを伝えるのには『ありがとう』という一言しかないんですけれども、本当にチームを後押ししていただいてありがたい、そういう気持ちです」

Q:今日の試合については、前半から守備ブロックをセットして、相手の攻撃を封じるような形で入りました。ゲームとしては狙い通りのような気もしますが、どのように戦おうということだったのでしょうか?
「狙い通りではなかったです。もう少し、あと10m、15m、高い位置で自分たちがボールを取る回数が少なかったですね。もう少し多い回数、そこから攻撃に転じる、また攻撃に特化したチームだと思うので、自分たちがボールを持ったときは時間をかけたり、遅攻から得点を狙うという形も自分たちの攻撃の形なので、そういうことも狙っていたんですけれども、前半は攻守にわたってうまくいかなかったなというふうに思います」

Q:改めて振り返ると、今季はコロナや選手の契約解除、選手の気持ちが傷ついたり、いろんなことがあったシーズンでしたけれども、それでも一体感を持って戦えた要因、どのようにしてチームをまとめていたのかを教えください。
「先人という言い方をしますけれども、これまでクラブを作ってきた、支えてきた人たちの過去があります。そして私がアビスパに監督として入ってから特に大事にしているのは、一体感とかクラブが一つになること、チームが一つになることで、それを強調しています。ですから、ピッチを離れたときはもちろんですが、ゲームをプレーしている時も、いつも隣と前と後ろが繋がっているような、そういうことを目指しているし選手に要求しています。それが表現できると良いプレーになって、良い試合になって、結果が時々取れる。そんなふうに思っています」

Q:フアンマ選手が終盤の大事な試合で必ず点を決めて残留に貢献したと思います。それについての評価をお願いします。
「得点を取るということが一番難しい競技です。それをやってのけた、3試合連続ですかね。非常に貢献度が高いと思います。また、彼は今言った得点だけではなくて、守備の面でも、それは自分たちチームの立ち位置も含めて、攻撃をずっとできるチームではありません、現状。なので、そこでの貢献度も高いです。両方で良いプレーをしてくれていたので本当に助かりました」

Q:残留は決まりましたが、得点数はJリーグ最低で来季はそこの改善だと思いますが、監督としてはどのようなチームを作りたいとお考えでしょうか?
「来季の話というよりも、自分たちの得点力が低い。これは改善しなくてはならないというふうに思っています。それはどのチームでも同じだと思います。失点が多ければ失点を減らさなければならない、でなければ上位には行けないと思います。ですから、どちらかだけということではなくて、今あるべきアビスパの姿を変えていく、失点をこのまま少ない状況を保ちながら得点数を上げていく、少なくとも10%、15%ぐらい上げていかないと、良い順位には入っていけない。自分たちの成長はそこで見せたい。そういうふうに思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR