Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第33節 福岡-柏】「もう1試合継続して自分たちの力を出し続けて良い結果を取りたい」/長谷部茂利

221029_02.jpg

2022明治安田生命J1リーグ 第33節
2022年10月29日(土)15:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/10,194人
結果:アビスパ福岡 2-1 柏レイソル
得点:[福岡]山岸祐也(4分)、フアンマ デルガド(44分)、[柏]戸嶋祥郎(47分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「良い時間帯に得点を取れた。またあってはならない後半の立ち上がりに失点をしてしまった。学ばなければならないところで、前半のをはじめに失点をしないというところは今日に限っては改善できましたが、後半の立ち上がりにそういうことが起きたので、ギリギリのゲームでしたが、2点取っていたから勝てたというようなゲームになりました。相手のシステム変更やメンバー変更に、多少なりとも私自身も、チームとしてもバタバタとしてしまったところがあったと思います。いつもであれば、もっと落ち着いて対処できたのですけれど、今日のところは、そこがうまく立ち上がりのところでできなかった。ただ、その後もどうにか失点をしないという意味では対応できたと思いますが、危ない場合も少しあったかなというふうに思います。中で選手たちがどう対応しようかということを決断してシステムも含めて対応し、0失点に抑えたのは良かったと思いますが、もう少しこちらからもアプローチして、もっともっと良い形を取れたらなというふうに思いました。また33節が終わったことで、現状、順位も一つ上がってそういう立ち位置になったので、また継続して、もう1試合、自分たちの力を出し続けて良い結果を取りたいと思います」

Q:2点お尋ねします。今日の試合に3バックで臨まれた意図と、相手が4バックに変更した後もシステムを変えずに3バックで戦った判断の理由と狙い、その2点についてお願いします。
「まず、相手の長所を消すために、真ん中に3人のセンターバックがいた方がいいんじゃないかという決断でそういう配置にしました。スピードもあるし高さもあるしということを予想していました。相手チームのことなので分かりませんが、何名かメンバーに入っていなかったということもありましたが、そこで対応しなくてはならない。また自分たちがボールをもう少し後ろから前に配給するというところでいうと、2センターバックよりも3人の方が余裕を持ってボールを出せるのではないかということをトレーニングしていました。そこのところは、今日はちょっと出すことができなかったなというふうに思います。何回か良い配球があったと思いますが、それはもっともっと回数として上げていかないといけないなと思います。
またハーフタイムにシステムが変わった相手に対しても、危なそうな場面もありましたが、自分たちがやられる回数とか大ピンチになるような感じではなかったことと、どうしようかベンチの中では少し話をしながら迷っていたような状況もありました、実際のところ。ただ先ほど言ったように、選手が中で人の立ち位置を少し決めたり、決断したりということがあったので、それもこちらも映っていて、『どうなんだ』ということでしたが、ゲームに飲水タイムがない分、意思の疎通というものを図ることが難しい中で、選手たちが良くやってくれたなと思います。

Q:いまおっしゃったように、後半もそんなにシュートを打たれていないという現実もあり、そういう意味では、粘り強さ、泥臭さなど、それはそれでアビスパらしかったなとも思います。この3週間の中断期間がチームにとって非常に良かったなと思いますが、その点はいかがでしょうか?
「コーチの提案もあって、守備のところのトレーニングをしっかり入れたというんですかね、守備の練習は選手はあまり好きではないんですけれど、そういうところも今日の試合に直結していると思います。そういうことが粘り強い守備に繋がったと思うし、みなさんの目にはアビスパっぽいなというふうに感じてもらえたのは、練習を何コマかやったんですけれども、そういうことが活きたのではないかなと思います」

Q:先制点の場面ですが、この3週間で攻撃にも取り組んでこられたという話がありましたが、あれは狙い通りの得点だったんのでしょうか?
「狙い通りではありましたが、ちょっと回数が少ないかなというふうには思います。システム上、ミスマッチが生まれないような形からなので、ある意味、自分たちで意図的に攻撃を作れるんじゃないかというふうに踏んでいましたが、その回数が少なかったというのは、こちらの計算もうまくあってなかったということかもしれません。ただ選手たちはトレーニングから取り組んでくれて、今日もそれを出そうとしてくれましたし、出ていた場面も少ないですがあったので、そこは成長だと思います。得点を2点取れたということは、これまでは取れても1点が多かった中で、ここ何試合かは2点を取るということができているので良かったと思います」

Q:最終節は他会場の結果を見ながらの試合になると思いますが、その試合でどういう戦いをされたいのか教えてください。
「これまで通り一戦必勝、アウェイですが自分たちの力をぶつけていきたいなと思います。当然、簡単なゲームではない、簡単なスタジアムではないです。それは分かっているのですが、これまでも何年ぶりとか、初めてとかいうこと塗り替えてきているチームです。なので、次節もそういうことがあろうかと思います。大変難しいゲームになると思いますが挑んでいきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR