Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第32節 札幌-福岡】「残り2試合で結果を出せるように少しでも質を上げていきたい」/長谷部茂利

221009 (1)

2022明治安田生命J1リーグ 第32節
2022年10月8日(土)14:04キックオフ
会場:札幌ドーム/14,202人
結果:北海道コンサドーレ札幌 1-2 アビスパ福岡
得点:[札幌]青木亮太(12分)、[福岡]宮大樹(75分)、フアンマ デルガド(77分)

長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「必死に守っている中で、クリアが相手に渡ってしまった。ありそうな場面でしたけれども、それまでも凌いでいたし、他の場面でも凌いでいたので、失点については、1でよく抑えたなと思います。攻撃のところは練習していることがいくつか出て、少ない回数ですが、その中の何回かが得点になったということで、『練習は裏切らない』と、そんなふうな言い方もありますが、継続して高めていきたいなと思います。今日はいい方に出ました」

Q:奈良選手が横浜F・マリノス戦以来の出場になりました。復帰に至る経緯と、今日の出来について教えいただけますでしょうか?
「経緯のところについては整ったということです。いろんな意味でプレーをするのに整った、なので起用しました。出来の方も非常に良かったと思います。相手との競り合いも攻守にわたって自分の長所を出していてくれたので、勝利に貢献してくれたと思っています」

Q:復帰に向けて、どのようなコミュニケーションを取ってこられたのでしょうか?
「これまでと、ほかの選手と同じようにコミュニケーションを取りながら、いい状態に戻るように、またコンデイションを落とさないようにということでした。そういう意味では、『ゲームは少なくなっていくけれども、その中で整った状態になった時に行くよ』という話をしていました」

Q:先制点を取られましたが、それ以外のところは粘り強く守っていて、そういう意味では、失点が続いていた中で、アビスパらしいところも少し戻ってきたかなという印象もあります。
「おっしゃる通りです。ただ早い時間帯での失点というところも出てしまったし、ディフェンシングサードで危ない場面、『これパスがあったらまずいな』という場面もあったと思いますし、ゴール前を横切ったシーンもありました。そういう意味では、我々らしいと言えば言えるんですけれども、その回数をもっと減らさないといけない、何回か、何度かというふうにしていかないといけないと思います」

Q:フアンマ選手が入ってからリズムが変わった印象がありますが、立ち上がりから、どういう形でゴール前まで運んでいこうかというところはできていたかなという印象があります。攻撃面はどのようにご覧になっていますか?
「立ち上がり、前半は特に良い守備ができていなかったので、良い攻撃にならなかったかなと感じています。ハーフタイムを含め修正して、少しディフェンスが決まり始めて、ボールを奪う回数も増えたし、取り方も良かったと思います。また、ゴールへのルート、ボールの動かし方ですけれども、もう少し、自分たちがミスをしなければ、シンプルにボールを繋いでいけば、アタッキングサードに何度も入っていけるという話をしているんですけれども、何度か自分たちで相手にボールを渡してしまうシーンがあったので、そこは改善していかないと残りの2試合で良い状態を作っていけないと思うので、また改善していきたい、そんなふうに思っています」

Q:次の試合まで少し間が空きますが引き続き大事な試合が2試合残っています。この期間でどのように準備したいとお考えでしょうか?
「まず少し休ませること。またゲームに向けて、その2試合で結果を出せるように、今までやってきたことをぶらすことなく、少しでも質を上げて、今日のように2得点以上、複数得点を取れるように、攻撃のところを選手たちと磨いていきたいなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR