Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ準決勝#1 福岡-広島】「どうにか2点返して次のゲームに繋がった」/長谷部茂利

220922 (2)

2022Jリーグ YBCルヴァンカップ 準決勝第1戦
2022年9月21日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/3,367人
結果:アビスパ福岡 2-3 サンフレッチェ広島
得点:[広島]川村拓夢(22分)、塩谷司(49分)、川村拓夢(55分)、[福岡]フアンマ デルガド(72分、90+4分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「後半の開始早々に失点してしまって、ゲームも相当難しくしてしまった中、交代選手も含めて、全員の力でどうにか2点返して次のゲームに繋がったのかなというふうに思います。もちろん勝たなくてはならないし、2点差でということを考えると難しいのは分かっていますが、繋がったかなというふうに思っています。ゲームの中でルールでファールを取られて相手ボールという場面が多かったように思うんですけれども、必死に戦っているので、ジャッジが合ってるのかなという、不満が少し残りました。
また、相手チームのことはあまり言いたくないんですけれども、今までもあまり言わないんですけれども、ボールを扱うのは上手です。ボールを隠すのも上手です。プレーをした後にファールをもらう、ダイブじゃないですけれど、そういうプレーが多いのかなというふうに思います。それは、このゲームだけじゃなくて、これまでの広島さんはそういうプレーが多いんじゃないかなというふうに思います。あまり良いプレーじゃないなというふうに思います。うまいだけに、少し言葉では説明できないような、そんな想いがあります」

Q:何とか可能性を残したというようなゲームでした。3-0という展開から、どの辺りが良くなって2点返すことができたとお考えでしょうか?
「前半はあまり良くなかった、いろんな面で良くなかったと思います。特に攻撃が単調というか、ボールも繋がらず、スペースも握れず、前進できず、そういう場面が多かったです。何回か単発でチャンスありましたけれども、ほぼほぼ相手に抑えられていました。後半は少し幅も使いながら、ボールを繋ぎながらという場面が作れました。あとは、正直、0-3、相手は3-0になった時点で少し力を緩めるというのは、これはゲームの中では常です。そういう意味では、相手も少し力を抑えたのかなと、そういうふうにも思います」

Q:今日に限りませんが、フアンマ選手が好調で、それだけだはなく、前半は厳しい中でもフアンマ選手、ジョン マリ選手、クルークス選手ら外国籍選手が効果的なプレーをしていました。前線のパワーという意味では向上してきているのではないかと思います。
「個人の力はこれまでもありますし、証明してきたと思うんですけれども、ゲームの中で選手同士が繋がる、攻守にわたって繋がる、連動する、ゴールに向かっていくという攻撃のところが少し良い面が出てきたような、繋がってきたなというふうに思います」

Q:先ほどファールが多かったということでしたが、1点目、2点目はセットプレー、フリーキックからの失点で、ファールを与えたことによるものだったと思いますけれども、福岡側からのプレスがうまくかからなかったりと、いろいろな要因もあるかと思います。その辺りはどのように感じていらっしゃるでしょうか?
「ファールのことは、さっき言ったことで終わりにしてください。失点したところで言うと、自分たちのセットプレーの守備のところが足りなかった、力不足だと思います。相手のボールも素晴らしかったし、ヘディングも素晴らしかったと思いますが、自分たちの力が防ぐに及んでいないというふうに思います。そこは改善した方がいいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR