Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J1第30節 福岡-清水】「何よりもチームが勝てたことが一番嬉しかった」/山岸祐也/田邉草民

220917 (4)

2022明治安田生命J1リーグ 第30節
2022年9月17日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/7,741人
結果:アビスパ福岡 3-2 清水エスパルス
得点:[清水]山原怜音(29分)、[福岡]中村駿(36分)、山岸祐也(42分、49分)、[清水]チアゴ サンタナ(60分)

◎山岸祐也選手(福岡);
Q:逆転ゴールについて振り返っていただけますか?
「シゲ(長谷部茂利監督)さんにチアゴ サンタナ選手の話をされたことがあるんです。あの選手はゴールのバリエーション多くて、こぼれ球を反応して決めることが多い。自分はこぼれ球とかをあんまり決めることがなくて、『祐也、そこを決めるようになったら2桁ゴールいけるよ』とシーズンが始まる前に言われていて、それはずっと意識してきたことでした。なかなかこぼれ球で決めることがなかったのですが、今日、志知が競ってこぼれたときに、多分、一番反応早く反応したのが自分だったので、それでゴールが取れたかなと思うし、それがチアゴ サンタナ選手の前だったというのは、シゲさんの予言ということではないでしょうけれど、取れて良かったと思います。何よりもチームが勝てたことが一番嬉しかったです」

Q:ご自身の2点目も少ないタッチのアビスパらしいゴールでした。
「今日、試合に入る前に意識していたのが、FWからのプレスのスイッチというところで、それをルキと『チームとしてやっていこう』と話していました。また、今週はじめに(中島)円野さんやスタッフ陣が、自分たちの良い時の映像というのを作ってくれて、そういう時はプレスに行けているし、ボールが奪えているし、ショートカウンターも決まっているので、それが詰まったゴールがあのゴールだったかなと思います。ルキが収めてくれて、その下を潜っていって、ジョルディに出して、ジョルディが良いヒールをしてくれて、すごい連携だったと思うし、あのつま先のシュートは、いろいろと海外の試合とかを見ていて、つま先でタイミングを外してたら面白いなというのを結構思っていて、それがぱっと出たというか、うまくそれが決まって良かったかなと思います」

Q:今週の最初のミーティングで映像を見たということでしょうか?
「そうですね。最初のミーティングでみんなが集まって、普段はやらないんですけれど、良い時の映像っていうのを見て、プレスだったり、ボールを動かしてからゴールだったり、こういう時が良いよねというのをみんなで意思統一して、今週1週間準備して来たので、それが今日、すごく出たゲームだったかなと思います」

◎田邉草民選手(福岡);
Q:大事な残り5試合。まずは勝利を飾りました。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「うちのチームらしさが戻って来た、今日は本当に良い試合だったと思います」

Q:監督もおっしゃっていましたけれども結果の2失点はらしくないけれども、内容はアビスパらしい試合でした。
「そうですね。FWがあれだけ前からプレスに行くのがうちのスタイルだと思いますし、あまりこういう距離感で試合できていなかったし、本当に今年は数試合しかなかったと思うので、良いゲームでしたね」

Q:今日は左SHでのプレーでしたが、『困った時は草民選手』みたいな感じになってきましたね(笑)
「もうどこでも(笑)求められたところでやります」

Q:入った時間帯というのは、向こうもポジションとかを修正してきて、中を通されかけていましたけれど、どういう指示を受けて入られたのでしょうか?
「金森のところが、すごく前半からプレスをかけていて、相手も嫌がっていたと思うので、そこの運動量が落ちたから、同じように行けるところは行って、守るときは中に絞ってというのを意識していました。そんなに細かい指示ではなかったです。いつも通りです」

Q:終盤に押し込まれた時に、すごく粘ったというか、危なく見えるけれども、こぼれ球はほとんどアビスパに来るという展開でした。
「こっちの順位と相手の順位を考えれば、こちらがリードしていたらどうしても最後はああいう展開になるので、そこはもう耐えて、みんなしっかり集中していました」

Q:ひとつ勝ちましたが、これからも同じように難しい試合が続きます。
「本当に内容がすごい良くなったので、自分たちも久しぶりにやれたと感じているので、これを続けていけば、残留はできると思います」

Q:一時、コロナの陽性者が大勢出ましたけれど、コンディションが時間をかけて戻って来たというところでしょうか?
「コンディションなのか、何か、分からないですけれども、自分たちの良い部分を少し忘れかけていたというのがあって、今週はコーチが作ってくれた映像を見て、最近の自分たちとは違うなというのを見て感じていたので、今日は良い頃に近づいていたなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR