Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

 

【無料記事】【記者会見 J1第30節 福岡-清水】「内容のところで言えば、我々らしいゲームが今日はできた」/長谷部茂利

220917 (1)

2022明治安田生命J1リーグ 第30節
2022年9月17日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/7,741人
結果:アビスパ福岡 3-2 清水エスパルス
得点:[清水]山原怜音(29分)、[福岡]中村駿(36分)、山岸祐也(42分、49分)、[清水]チアゴ サンタナ(60分)

長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「15分以内に失点しないというところを選手と共有しながら、ただ先制点を与えてしまって、当然、難しい試合に最初からなると思っていましたし、想定通りになってしまいましたが、そこから選手たちがよく逆転して、追加点を取って、危ない場面、後半は特にありましたが、よく凌いでくれました。こういう点数がたくさん入るゲームというのは我々にとっては珍しいんですけれども、内容のところで言うと、我々らしい、そういうゲームが今日はできたかなと思います。数ヶ月ぶりにホームで勝ったわけですし、また、正確な情報ではありませんが、清水エスパルスさんに21年ぶりですか、勝利したというふうなことも耳に入っています。そういう意味では、また一つ自分たちが変わることができた、そのように思っています」

Q:おっしゃるように、結果はアビスパらしくはありませんでしたが、内容はすごくアビスパらしい試合でした。どの辺が一番戻って来ていると感じていらっしゃいますか?
「最後は苦しい表情もしていましたが、よく走っていました。元々コロナに感染したからコンディションが落ちたということがあるんですけれども、今日のところは攻守にわたってギリギリのところまでよく走ったし、よく連動していました。セットプレーから得点がありましたけれども、その前のチャンスのところでも連動してチャンスを作っていたので、そういう意味で、攻守にわたってよく走ったなと、コンディションが良かったなというふうに思います」

Q:お話いただける範囲で結構ですが、対清水エスパルスという意味では、勝利を掴むために、どの辺のポイントがあると準備されたのでしょうか?
「毎試合、対戦相手の対策をコーチとともに練って、選手たちがやれるかやれないかも含めて、いろいろとミーティングも含め、トレーニングも含めて、ゲームに臨んでいるつもりです。その中で、今日で言うと、自分たちが自分たちらしく戦えるかどうかというところに一番重きを置きました。一昨年もそういうことがあったんですけども、それは中断期間があって、その期間に自分たちをまた一つ取り戻したんですけれども、今回はずっと連戦の中で1週間空いたので、その中で、残りのリーグ戦5試合に向けて自分たちはどうするんだというコーチからの提案を受けて、一番良い形で選手を送り出すためには、こういうことをした方がいいんじゃないかという内容も含めて、なるべく選手たちが分かりやすいように、もう一回立ち返ってということでした。そういうプレーが随所に現れたのではないかと思います」

Q:今日は、開始直後からスタジアムが非常に熱い雰囲気に包まれていました。かなり力になったのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
「私自身はもちろん、本当にありがたかったですけれど、選手たちがとにかく、コメントもしていますし、このスタジアムでファン、サポーターとともに勝点を取るというのは、それが簡単ではないだけに、本当に頼りにしすぎて申し訳ないんですけれども、本当に今日は助けられたなというふうに思います。良いタイミングで、大きな声で、素晴らしいテンションというか、耳に入ってくる、音がパンと顔とか身体に入ってくるような、チャント、手拍子、そういうふうに感じました。良かったです」

Q:中村選手が久しぶりに先発して、ゴールという形で結果を出してくれましたけれども、守備を含めての評価をお願いします。
「守備のところはまだまだできると思います。攻撃で言うと、得点を取ったということで言うと、トレーニングもしているようですし、これまで取らなかったのが不思議なぐらいです。ただ我々はゴールの近くでの直接フリーキックはあまり回数がないので、そういう意味では、もっともっとああいうチャンスをキッカーに与えたら点数も取ってくれるのかなというふうに再認識しました。上手なのは知っていました」

Q:今シーズンは得点を取るためにセットプレーでの得点を増やしていきたいというのを課題にされていると思いますが、今日、セットプレーから2点取れた要因と、その評価について教えてください。
「選手自身のトレーニングから生まれたゴールだと思いますし、それを提起してきた担当コーチが良い練習、良い提案をして、それを表現してくれました。また、同じように守備のところにも守備を担当しているコーチがいまして、我々はセットプレーからの失点は少ないです。そういうところも自分たちの強みなので、さらに強みにしていけたらなと思います」

Q:先制された試合で勝つのは今シーズンは初めてだと思います。それを今後に向けてどう繋げていきたいかというところを聞かせていただけますか?
「こういうゲームができるということを続けていきたいし、歴史が変わる、歴史を変える、そういうチームだと思います。今までできなかったことができる、そういう可能性のあるチーム、選手たちだと思います。そういうクラブです。それを謳い続けられるように、毎日、毎週、変えていくのは難しいとは思いますが、いろいろとストップしている記録や、まだまだもっと上に行けるのにストップしてしまう成績を、これからも変えていけるようにしていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR