Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

 

【無料記事】【選手コメント 天皇杯準々決勝 福岡-甲府】「なかなか連携もうまくいかずに試合が終わってしまった」/北島祐二

220908 (4)

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 準々決勝
2022年9月7日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,948人
結果:アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府
得点:[甲府]三平和司(16分)、[福岡]森山公弥(27分)、[甲府]鳥海芳樹(97分)

◎北島祐二選手(福岡);
Q:悔しい結果になりました。どのように振り返っていますか?
「相手にボールを持たれるという展開が多い中で、それ自体は僕たちの戦い方としては、苦手ではないというか、得意なところでもあるんですけれど、そこで、いつもなら前からのプレッシングがはまって、そこから奪ってショートカウンターという形を狙うということができているんですけれど、今日は相手の繋ぐことに特化した配置に対して、なかなかプレッシャーかけられずに前に運ばれるというシーンが多くて、1試合を通してほとんどの時間帯がそうでした。なかなかボールが取れない中で、僕たちボランチがもっと前に指示を出して限定させて、中に入ってきたところを奪うというのをやっていかなければいけなかったんですけれども、なかなか連携もうまくいかずに試合が終わってしまったという印象です。チャンスはありましたけれど、その少ないチャンスを決め切ることができてないのが今のJ1での順位ですし、今日負けた要因なのかなと思います」

Q:1点取られた辺りからでしょうか、こちらも少し立ち位置を変えて相手に合わせたことで、少し持ち直したかなというような印象もあったのですが、ちょっと難しかったでしょうか?
「システムを相手に合わせてからははっきりしたので、プレッシャーがかかる場面というのが増えたんですけれども、そこで1対1の部分でもっと寄せることや、激しく行くことをプラスしてやらないと、J2の甲府相手にもボールは取れないですし、それがJ1になったらもっと取れないと思うので、そこは練習からもっと突き詰めていかないといけないのかなと思います」

Q:延長の後半にパワープレーになってからはチャンスもありましたけれど、それまでは攻撃を意図した形で作れませんでした。それは上手くボールを取れなかったということが原因でしょうか?
「そうですね。ボールを取るのに時間がかかってしまって、取ったとしてもゴールキックになって、そこからマイボールになるという形でしたけれども、僕たちは後ろから繋ぐというチームではないのですし、ボールを奪う位置が低いと移動距離も長くなるので疲れもたまりますし、クオリティを上げるのが難しくなるというところで、もっと前でボールを取りたかったなというのはあります」

Q:以前、こういう痺れるような試合で結果を残していきたいとおっしゃっていましたが、その点ではいかがですか?
「今日はボランチで出たんですけど、1試合を通してボランチで出たというのは初めてでしたし、フル出場したというのもプロになってから初めてなんですけれども、ボランチと言うポジションはチームの心臓なので、もっと相手の配置や相手の特長というものを見極めて、自分たちがどう攻めるべきかという、サッカーの原理原則というものを試合中に見極められるようになったら良かったのかなと思います」

Q:悔しい試合になってしまいましたが、終わってしまったので、まずは気持ちを切り替えて、どのように次に向かって行くかということだと思います。2日間をどのように過ごしたいですか?
「試合に出た人が、持っている力の100%、110%を出せば僕たちのサッカーができると思いますし、本当に厳しい状況ですけれど、チームは練習でも本当に100%でやっていますし、誰も手を抜いていませんし、目の前の試合に勝つために1日、1日全力でやっているので、そこは変えないということと、中2日ですけれど、出た選手は100%でやれると思うので、特に中2日だからと気にせずに、ただ目の前の試合に向かっていきたいなと思います」

Q:ボランチのポジションは練習でも取り組んでいらっしゃるのでしょうか?
「練習では人数が足りない時にやっていたり、去年もずっとやっていました。サイドハーフとボランチでは仕事がかなり違うので、メンタルの部分や技術的な部分で自分の中での切り替えはなかなか難しいんですけれど、ボランチもやれれば自分の強みになると思うので、どちらも高いクオリティでプレーできるようにというのは、練習から取り組んでいます」

Q:この試合のために取り組んできたということでしょうか?
「いえ、練習でちょくちょくやっているので、特別にこの試合のためにボランチとして準備してきたというよりも、どちらでもやれるような状態でいた、そういう感じです」

Q:疲れなども随分と違うのではないでしょうか?
「そうですね。サイドハーフとボランチでは、本当に使う体力と筋力が違うので、疲れ方は違いますし、最後の方は足を攣ってしまいましたけれども、ボランチで120分プレーして、こういう感じなんだというのを知れたというのも、また僕の中での収穫かなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@soccer.nifty.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR