Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯 準々決勝 福岡-甲府】「実力不足、練習不足、そんなふうにも感じている」/長谷部茂利

220908 (1)

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 準々決勝
2022年9月7日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,948人
結果:アビスパ福岡 1-2 ヴァンフォーレ甲府
得点:[甲府]三平和司(16分)、[福岡]森山公弥(27分)、[甲府]鳥海芳樹(97分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「内容はともかく結果を取らなくてはならない、そういうゲームだったと思いますが、それができず強く責任を感じています。ホームで試合もできているだけに、言葉がないというか。選手たちはよくやってくれたというか、一生懸命やってくれたんですけれども、自分たちの持っている力を発揮することができなかった、まだまだ足りないなという力不足の面もあったと思います」

Q:負けたという事実もさることながら、内容的にも守れない、攻められない。最後はパワープレーでチャンスも作りましたが、そこに至るまでの内容が非常に気になります。
「慣れてない立ち位置も取りながら、やられないことを意識して少し変えましたが、追いついたとはいえ、シュート本数が正確にはちょっと今分からないですけれど、だいぶ相手の方が多かったと思います。甲府さんは攻撃が上手なチームですから、多くなったとしても危ない場面を作らないようにしながら、また自分たちが推移していって最後に自分たちが結果を取らなくてはいけない、そういうゲームだったと思うんですけれども、それにしても内容もあまり良くなかったし、結果も当然取れませんでしたし、攻撃のところは、早い時間帯からずっとノッキングをしていました。時々チャンスがあり、コーナーキックのこぼれから得点を取り、そこは良かったところだと思いますが、それ以外のところは、最後、終盤に少しリスクをかけ取りに行った時は得点の匂いがしましたが、ピッチに足を取られたり、コントロールが大きかったり、ドリブルもパスもミスが多かったり、そういうところで、私自身が選手たちにできるようにしてあげられなかった、良いプレーをさせてあげられなかった、そんなふうに思っています。ですから、少し責任を感じるなというところです。練習をしてないわけではないのですが、実力不足、練習不足、そんなふうにも感じています」

Q:最初の立ち位置のところで、ボランチのところに森山選手と北島選手を起用されました。どういったところを期待しての起用だったのでしょうか?
「気持ちの面と、練習も含めてよくやっているので、チャンスという意味で2人を先発で使いました。十分気持ちが入っていたと思いますが、なかなか相手のプレーに対応するのが難しいチームだったので、そこで少しやりきれなという面はありますが、ただ積極性はあったと思うので、2人の今後に繋がればいいなというふうに思います。やはり公式戦で、こういうクラブの歴史を変えられる、天皇杯でベスト4に入れるかもしれないというゲームで、スタメンで出てほぼフルタイムで出たという意味では、相手がどこであれ、そこに立てたというのは、これからの成長に繋げてもらいたいなというふうに思います。ただ、今日は成長したとは思えない、そういう評価ではあります」

Q:中2日で横浜FM戦があります。短い時間での立て直しというか、どのように取り組みたいとお考えでしょうか?
「延長戦も含めて、ここまで疲労困憊でゲームが終わってしまったので非常に難しいですが、今日出ていないメンバーと、チーム総動員で勝点が取れるように準備したいなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR