Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第28節 福岡-名古屋】「勝点が取れなかったので良いゲームではなかったが全力は尽くした」/長谷部茂利

220905 (3)

2022明治安田生命J1リーグ 第24節
2022年9月3日(土)19:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,266人
結果:アビスパ福岡 2-3 名古屋グランパス
得点:[名古屋]森下 龍矢(2分)、[福岡]ジョルディ クルークス(21分)、[名古屋]永井謙佑(24分、38分)、[福岡]平塚悠知(57分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「早い時間帯にアクシデント的なことで失点しました。そこが大きく響いたなと、もったいなかったなと思いますし、怪我した本人の状態が心配ではあります。ただゲームは続いていくので、自分たちが前半にまた簡単に失点してしまった、それも良くなかったと思います。自分たちが、どうやってここまで守備のところを構築してきたのかというところが、少し今日はうまくいかなかったことが多かった、失点に繋がってしまったというふうに思っています。退場もしてしまったし、人数も減って、またプレーの質が欲しいところでという意味では・・・。2得点取ったところは褒めるべきだと思いますが、最初の1点は勘違いが少しあったようですし、そこはリスペクト精神ということで対応しましたけれども、点数が1点取れたので、そこは良かったと思いますし、最後にもう1点取れそうな雰囲気が1人少ないけれどもあったので、スタジアムのサポーターのおかげで、そういう雰囲気にもなりました。勝点が取れなかったので、まったくもっていいゲームではありませんが、全力は尽くしました」

Q:監督もおっしゃっていましたが、ここのところでずっと失点が続いていて、この部分を何とかしないと勝点を積むのは難しいのではないかと思います。テコ入れということでもありませんが、どのように考えていらっしゃいますか?
「集中してプレーしてくれていると思いますが、ちょっとしたズレ、相手の巧みさ、まさに翻弄されている場面が時々あります。そこを改善するのは簡単ではないです。ですから、継続して、そこはチームの売りでもあったので、失点を簡単にしないというところ、それをしないためにどうしたらいいのかということを、もう一度、選手たちと辿って、紐解いて、失点しないように改善していきたいなと思っています」

Q:相手もあることなので分かりませんが、今日敗れたことで、勝ち続けて相手の結果を待つという立場になったかと思います。そういう意味で、改めて選手のみなさんに伝えること、考えていらっしゃることなどはありますか?
「残りゲームが6試合になったので、そこで全力を尽くしていこうと。終盤、1人少なくなったこともありますが、運動量も上がりましたし、ゴールに向かう姿勢もすごく高くなったので、そういう姿勢を最初からもっともっと出していこう、出していけるし、やれるのではないか、できるのではないかという話をしました」

Q:先ほどフェアプレー精神でというお話がありましたが、福岡にとっての1点目は、どのようにご覧になっていますか?そのあと、長谷部監督の判断で『動くな』ということで名古屋に2点目を取らせたような形になりましたが、あの辺の考え方を、もう少し詳しく教えていただけますか?
「事実をそのままうやむやにせず、我々の選手が倒れていましたが、ファールかどうかというところが、まずは問題だったと思います。そのあと我々はプレーをしてしまいましから相手は出さなくてもいいのですがボールを出してくれました。時間を止めてくれたんですね。そこで主審が対応するのですが、そこの対応のところで選手たちが理解できていなかったのか、最初の我々の失点の場面、ぶつかった時に頭と頭で危なかった、倒れていて、もしかしたら何かあったんじゃないかという状況だったんですけれども、おそらく、ああいう状況だったので主審は流しましたね。その流したプレーが、それぞれ頭の中に残っていたので多分プレーをしたんだと思いますが、言葉があっているかどうか分かりませんが、仕返しというわけではないでしょうが、『自分たちだって同じじゃないか』というような感覚がちょっと出てしまったのかもしれません。なので、『それは違うよ』ということで
修正して、修正するには1点を渡すしかないので、それを選手に理解してもらって、過ちを修正したつもりです」

Q:こういう状況になったら、外国籍選手も含めて、監督がお話をされて理解を深めるということも大事だと思います。ロッカールームで話したこと、これから話そうと思っていらっしゃることはありますか?
「今と同じようなことを話しました。まずハーフタイムに話をして、試合が終わってからも、そのことに関しては話をしました。理解してくれという話を受けてもらっています」

Q:監督が指示を出されたときに、選手から反発のようなものはなかったのでしょうか?
「支持を出した瞬間には『何でだ?何でだ?』という勘違いもあったと思います。でも話をして分かってくれていると思います。選手によっては勘違いだったり、向こうだってそうじゃないかというような、ルールの中でやっているよという感じかもしれませんし、全員には意見を聞いていませんが、そこは結果で修正したつもりです。1点取ってしまったので、1点取らせるという形でイーブンに持っていった形です」

Q:全く迷いなく、すぐに1点を返すと決断されたのでしょうか?
「はい」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR