Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第21節 福岡-京都】「自信を持っていいのではないかというような戦い方だった」/長谷部茂利

220711 (4)

2022明治安田生命J1リーグ 第21節
2022年7月10日(日)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/5,436人
結果:アビスパ福岡 1-0 京都サンガF.C.
得点:[福岡]山岸祐也(6分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「得点も良い形でセットプレーから取れました。時間帯も良かったというところで、自分たちの戦いを、ある程度、できたのではないかなと思います。後半、相手のシステム変更とか自分たちの継続した戦い方の中で、後半の途中から良い時間帯に持っていけたのですが、攻め込んだ時にもう1点取れば、逆に点数を取っていたら失点していたかもしれませんし、流れは分かりませんが、もう1点そこで取りたかったなというふうに思います。ただ、最後は相手の攻撃、気迫、クオリティのところでやられる手前でしたけれども、よく防いだなと思います。そこはチームとして勝点3が取れたことは自信を持っていいのではないかというような最後の戦い方だったと思います」

Q:先日の取材の時に、セットプレーで点が取れて、守備面でもう少し危ない場面がなければ、良い状態に戻ったと言えるのではないかとおっしゃっていました。今日はちょっと危ない場面もありましたけれども、セットプレーから点も取れましたし、ピーター ウタカ選手にほとんど仕事をさせなかったという意味では、良い時期に戻ってきたのではないかという印象を持ちました。
「おっしゃる通り、自分たちの出せるもの、積み上げているものが、ある程度、出せているので良い状態に戻って来たというよりも、なってきたというふうに思います。私の方から言ったように、後半で追加点が取れれば、もっといい形に、成長した姿という表現ができると思うんですけれども、まだまだ改善の余地はあると思いますし、おっしゃったように危ない場面もあったので、そういう場面もないようにできれば、辛勝ではなく完勝にもっていけたのではないかと思います」

Q:2連勝で少し勝点を積みましたけれども、相変わらず中位争いは混戦が続いていて、まだまだ難しい試合が待っていると思います。次はまた6ポイントゲームになりますが、この争いをどのように捉えていらっしゃいますか?
「やはり鎬を削るというか、お互いに勝点を取ろうと全力でボールに向かって行く、ゴールに向かって行くというような戦いが続くと思います。ただ、チームとしては水曜日に天皇杯があるので、そこにチーム全員で挑んでいって、その後にまたリーグ戦に戻ると思うので、まずは水曜日に向けてチームを稼働させたい、いい状態で試合に挑ませたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR