Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【記者会見 天皇杯3回戦 岩手-福岡】「相手をリスペクトしながらも自分たちなりの力は出せた」/長谷部茂利

220623_01.jpg

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 3回戦
2022年6月22日(水)18:30キックオフ
会場:いわぎんスタジアム/712人
結果:いわてグルージャ盛岡 1-3 アビスパ福岡
得点:[福岡]城後寿(56分)、[岩手]ブレンネル(70分)、[福岡]北島祐二(79分)、渡大生(84分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:こちらへ入る前におっしゃっていたように少し難しいゲームになりました。相手のやりたいことをやらせないことが大事ともおっしゃっていましたが、ちょっとやりたいことをやられてしまったのかなという印象です。
「前半の相手の攻撃のところでは危ない場面をたくさん作られました。また後半でいうと、ドリブルの対応のところが少し良くなかったという場面が2、3度あったと思います。その辺が、自分たちがまだまだ力及ばずで危ない場面を作ってしまったなと思います。ただ、それ以外の場面では、後半に入ってから選手たちがうまく修正して、自分たちの流れにして得点も取るという形に持っていけたので、ゲーム全体を見ると、選手たちは良くやってくれたなと思います」

Q:ハードスケジュールの中での試合でしたが、最終的にスコアという形で力の差を示したということが、何よりも大事だったのではないでしょうか?
「もちろん内容も上げていきたいという気持ちはありますし、選手たちもそのつもりでやっていますが、相手があることですし、盛岡さんも非常に良いプレーがたくさんあったと思います。それをどうにか抑えたという場面がいくつもありましたが、そこを上げていきたいという想いを持ちながら、結果をしっかり出すということが大事でした。トーナメントなので負けてしまったら終わりですし、もしくは延長戦になってPK戦にという形に持っていかれると、勢いは当然盛岡さんにあったと思います。そんな中でも90分で複数得点で勝てたというのは非常に良かったと思います。もう少し点が取れた場面もあったと思うので、最後の精度のところというか、もう少し丁寧にというか、点が取れるようにしなくてはいけないと思います」

Q:3点取れたというところに対する評価をお願いできますか?
「いい形で得点が取れました。PKに関しては突破で相手の前に入れたのが大きかったと思いますが、それぞれが自分の特長を出して、3点とも長所が得点につながったと思っているので、どのチームにも、どの相手にも、それができるようにアレンジというか質を高めて表現し続けてほしいなと思っています」

Q:今日はJ2の岩手との対戦でしたが、戦前の想定よりも厳しかった部分、岩手が想定よりも力を出してきた部分というものは、どういうところに感じられましたでしょうか?
「サッカーをしているなと。セカンドボール、球際のところを厳しくやってきますし、我々は1失点しましたけれども、ボールを動かしながら攻撃のところで得点が取れそうな場面を前半からたくさん作っていたと思うので、カテゴリーに関係なく、非常に良いチームだなと思いました。ただ我々としては敗れてはいけないので、そこはギリギリのところでしたけれども、相手をリスペクトしながら、けれどもリスペクトし過ぎず、自分たちなりの力は出せたかなという印象です」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR