Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【記者会見 J1第14節 福岡-横浜FM】「すごくサッカーをやるのが難しい感じの90分だった」/ケヴィン マスカット



2022明治安田生命J1リーグ 第14節
2022年5月21日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/7,162人
結果:アビスパ福岡 1-0 横浜F・マリノス
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(58分)

◎ケヴィン マスカット監督(横浜FM);
Q:試合を振り返って
「負けてしまえば、もちろん残念な気持ちでいっぱいです。このアウェイの地に自分たちはサッカーをしにきました。ただ、なかなか簡単ではなかったコンディションの中で行われたと思いますし、約束事という部分では、少し自分たちができていなかった部分がありますので、そこは一つひとつ分析をして、修正しながら次に向かっていかないといけないと思います。本当に全体的な部分を見ればで、すごくサッカーという部分でもやるのが難しい感じの90分だったのではないかなと思いました」

Q:フットボールをしに来たけれどもフットボールをするのが難しかったというお話ですが、それは相手の戦い方によるようなところもあったのでしょうか?
「自分は今日の試合に限ることなく、相手チームだとか、レフェリーだとか、何かを言うつもりはまったくないです。とにかく、見ていただければ分かると思いますが、プレータイムというところが本当に少なかった試合ではなかったのではないかなと思います。一つひとつが少しゆっくり進んでいたのではないかと思います。やろうとする部分というのは自分たちはしようとしていました。その中でチャンスというところも作っていたこともあります。ただ、ゴールキックであったりとか、スローインであったりとか、フリーキック、コーナーキックもそうなんですけれど、ゆっくりなテンポになってしまい、なかなかプレータイムというのが伸びなかったなというふうに思います。ですが良い部分というのは、ほんの少しではあるかもしれませんけれど、自分たちがやろうとしているサッカーというのは見せられたなというのはありました。こういうときにこそ、自分たちでコントロールする部分をコントロールし、落ち着いてやるところはやる、そういうところが必要ですが、それが欠けていたのかもしれません。いまは試合が終わったばかりですが、しっかりと分析をして、次に向けて自分たちが成長できる部分を成長させてやっていきたいなと思っています」

Q:前節、3点リードを追いつかれてというところで、選手がすごく『悔しさをバネに』ということをお話の中で強調されていたと思います。その辺りの選手の気持ちの部分だとか、この試合に対する姿勢だとか、監督はどういうふうにご覧になっていたでしょうか?
「前節からのリアクションという部分はしっかり見せてくれたと自分は思います。それでも、このタイトなスケジュールの中でずっとプレーできるということはありませんから、何人かの選手を代えながら今日の試合に臨みました。そういう部分はあっても、相手にしっかりと危険な部分というのは見せられたと思いますし、チャンスをいくつか作れた部分もあります。しっかりと相手の分析をしたときに、ゴールキックであったりスローインの局面、そしてフリーキックの局面であったりとか、そういうところで『自分たちがこういうふうにしよう』『こういうところはしっかり守れば大丈夫だ』というところで、ほとんどの部分でできていたのですが、失点した場面では最後まで集中できずに、そこを使われてしまったというのがあります。でも全体的に見ればで、11人の選手たちだけじゃなく、チーム全員が良い姿勢で臨んだ試合だったと自分は思います。けれど結果がついてこなかったということです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR