Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 J1第13節 川崎-福岡】「どうしても勝ちたかった試合。選手がアグレッシブに戦ってくれた」/鬼木達

220514_02.jpg

2022明治安田生命J1リーグ 第13節
2022年5月7日(日)16:03キックオフ
会場:等々力陸上競技場/16,704人
結果:川崎フロンターレ 2-0 アビスパ福岡
得点:[川崎]遠野大弥(55分)、車屋紳太郎(59分)

◎鬼木達監督(川崎);
Q:試合を振り返って
「まず久しぶりのホームということで、どうしても勝ちたい、プラスいい内容でという試合だったのですが、そういう意味で言うと、選手たちが非常にアグレッシブに戦ってくれたと思っています。特に今日の相手は戦い方もはっきりしていてなかなか難しい相手だと思っていたので、積極的に前半から仕掛けたことによって、後半にああいう形で少しずつ綻びというか、そういうところを突けたのかなと思っています。また、危険なシーンもいくつかありましたけれども、そこでも0で抑えられたことを嬉しく思いますし、こうやって大勢のサポーターの方が集まってくださったことも感謝しています」

Q:前半なかなかシュートまでいけなかった状況があって、その中から後半に向けてどういったところを修正したのか教えてください。
「前半は確かにシュートが少なくて、ただ、相手のカウンターとかそういうものがある中でも、縦パスのところだったりとか、引っ掛けられましたけれども、そういうところを狙いながら、それを後半も続けること。怖がらずにというか、それをやっていかないとこじ開けられないので、そういうところをより狙っていくようにという話をしました。当然、相手の間のところとか、背後のところとか、徐々に、徐々に空いてくるというか、ずっと動かし続けたからそういう形になったと思うので、そういうところを狙い続けるようにという話をしました」

Q:1点目のところですが、インサイドハーフでありながらあそこのポジションに入ってくるのが遠野選手の良さかなと感じます。今日の遠野選手の評価を教えてください。
「攻守でアグレッシブにやっていましたし、間に顔を出すタイミングは前節よりも良くなっていますし、その中でターンをした方がいいのか、落とした方がいいのかという判断も、徐々に、徐々に良くなって来たと思います。あとはパスの精度とかそういうものが付いてくるとより良い形になると思います。ただ、求めていることが全部できたら代表選手ということになってしまうと思うので、そういう意味で言うと、彼のランニングとか良さは非常に出ていたと思いますし、やはりゴールですね。前節の脇坂もそうですけれども、インサイドハーフがやっとゴールを取り始めたので、これはチームにとって大きいかなと思います」

Q:先ほどのお話の通り、今日は取られたケースもありましたがCBからの縦パスからかなりのチャンスを作っていたと思います。そこへこだわるということが、今日の試合に限らず今後の試合に向けても、どういうことがあると感じられているのか、改めてお聞かせください。
「やはり後ろから怖がらずにというか、崩していくには必ず必要なことだと思いますし、そういうものをやるからこそゴールが生まれると思っています。そういう意味で言うとCBだけではないですけれども、アンカーも今日はよく絡みながらやってくれたと思いますし、相手を見ながら、本当にプレッシャーに来ているのかどうか、どこが外れているのかというところが徐々に見え始めてはいると思うので、そんな中でより遠くを見れるようになるとチームとしてもっともっと良くなるのかなと思います。けれどもそれも順番というか、徐々に、徐々にかなと思っています。非常に良いトライはしてくれているかなと思っています」

Q:セットプレーのスローインはどれほど準備されたのでしょうか?
「いえ、スローインは準備はしていないですね。選手がアイデアを持ってやってくれていると思います」

Q:リーグ戦5連戦プラス天皇杯と続く連戦の一つめを勝ったということですが、その辺りについてはいかがでしょうか?
「この連戦が前半戦の大きなウエイトを占めると思っているので、やはり、ここをしっかりと勝ち切っていくこと、それが重要だと思っていたので、その1試合目を勝てたことはすごく嬉しく思います。またここからアウェイの連戦や、かなりタフなゲームが続くので重要な戦いが続くと思っていますので、選手と一緒に気を引き締めていきたいなと思っています」

Q:チームのリバウンドメンタリティというか、ACLで残念な結果でリーグ戦に臨むということで今日の試合はいかがだったでしょうか?
「おっしゃられた通りACLの敗退後の試合が重要だと思っていました。できればACLも勝ちながら行きたかったですけれどもACLから学んだことはすごく大きかったです。自分は今がこのチームが伸びるタイミングだと思っていますし、選手も徐々に徐々にタフさだとか自信とかというものを備えつつある段階だと思っているので、やはりここで勝つことでよりそれが自信になっていくのかなという段階だと自分は思っていて、そういう意味で、今日の試合も怖がらずに積極的にチャレンジしてくれたことが、それがすべてだと思っています。これからもそういう形でチャレンジしていけば、このチームは伸びていくと思いますし、そこのところで怖がってしまったら止まってしまうと思うので、そういう意味で言うと、自分がどれだけ促せていけるかというのは大事にしたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR