Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 J1第12節 福岡-湘南】「ゴールに迫るというところをもっともっと見せないといけない」/長谷部茂利

2205008 (2)

2022明治安田生命J1リーグ 第12節
2022年5月7日(日)17:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 5,535人
結果:アビスパ福岡 0-0 湘南ベルマーレ

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「前半から自分たちのプレーがほとんどできなくて相手の時間帯がずっと続いた、そんな前半でした。後半も1人多いとは言え、その利を活かすことはできませんでした。シュートの本数が物語っていると思いますし、チャンスは何度かありましたけれども、決定的というほどのものではなかったと思うので、もっともっと絵を合わせて、自分たちがこの福岡のみなさんに喜んでもらえるように作っていきたいなと思います。前節にあれだけ取ったのですけれども、今日は攻撃のところがまるっきり駄目だったと。選手たちと改善していきたいと思います」

Q:細かいところはこれから分析されると思いますが、非常にパスミスが多く、持っているボールを簡単に取られることが多く、今までのアビスパとは正反対のような内容になってしまいました。今の時点で思い当たるような原因はありますか?
「連戦の中、選手たちは良いコンディションで試合に臨んでいますが、試合疲れのようなところはあると思います。全員が同じではないですけれども、そこに差がある、そういう意味では意図が合わない、つながっていないというところが少しあったのかなというのは感じます。ただ一つ言えるのは、自分たちもそうだと思うんですけれども、湘南さんのこの試合に懸ける想いのようなものがピッチにあふれていたと思います。ここで勝点を取るんだ、また、退場者が出たあとは1点取られない、あわよくば1点取ってという気持ちをひしひしと感じました。もちろん、自分たちの課題は課題としてありますが、相手の守備のところのプレーは非常に良かったなと思います」

Q:大量得点を取った後の試合で点が取れないという試合もあると思いますが、その中で引き締めるというか、監督から何かお声掛けはあったのでしょうか?
「もちろん、引き締めというか、このゲームに懸ける想いを共有して、緩みはなかったと思います。うまくいかないのは技術的なつたなさだったと思いますが、そういう意味では、もっともっと絵を合わせてミスがミスでないようにしていくべきだし、ミスの回数を減らすということもありますし、もう少しゴールに迫るという、特に後半はゴールに迫るというところをもっともっと見せないといけないと思います」

Q:両SBのスタメンを変えた意図を教えてください。
「我々のSB、SHもそうですけれども、運動量もインテンシティも非常に高いです。私は選手の身体を守ることも仕事です。なので、ずっと試合に出し続けて怪我するまで使うということはしません。そういうことも含めて、またチャンスを与えるということも含めて、今日はメンバーを変えて臨みました」

Q:前半はなかなかリズムが取れなかったというところで、湘南さんは前回対戦の時と比べて中盤の配置を変えてきたように思いますが、その辺りも苦しくなった理由になったのでしょうか?
「それもありますけれども、いつもに増してアグレッシブだったと思います。そこで自分たちが余裕を持てなかったということがあったと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR