Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

4
5
11
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

 

TRM(2/6 横浜FM)終了後の監督コメント

140206_02.jpg
中倉一志=取材・写真・構成
内容 TRM終了後のコメント
日時 2014年2月6日(水)試合終了後
場所 シーガイアイベントスクウェア

Q:試合を振り返って
「選手の戦う意識に関して非常に満足しています。最初の60分間はミスが多かったところはありましたが、我々が、今日、最もやりたかったことはプレスをかけるということで、残りの60分間は、我々は非常に上手くやったと思います。ですから、私は非常に満足しています。横浜F・マリノスさんは非常にいいチームですが、我をも相手に対して、いいゲームを展開したのではないかと思っています。このキャンプで初対面だった選手もいたと思いますが、キャンプとトレーニングマッチを通して、お互いによく知りあうことができ、それは、新しいチームの基礎が出来上がることにつながっていくと思います。何人かの新加入選手には、持久力、パワーが不足している面もありますが、2カ月後には、完全に我々の選手となっていることを望んでいます」

Q:その中で気になったところはありますか?
「特に気になることというよりも、満足したところの方が大きいです。我々が、ここではっきりしておかなければならないのは、横浜F・マリノスさんの方が、我々よりも高いレベルのチームだと言うことです。それでも、終わりの60分間のところで言えば、その部分の差は見えませんでした。我々は対等に戦ったと思います。最後のラストパスとというところで精度に欠いた部分があるかも知れませんが、我々にはキャンプの疲労がたまっており、それは仕方ないと思います」

Q:目指すサッカーの完成度はどの程度でしょうか?
「まだ大きな開きがあります。数字で表すのは難しいですが、60%位かなと思っています。新加入選手だけでなく、去年から在籍する選手も、まだまだパワーをつけなければいけませんし、技術のところでも、パスや、ラストパスの精度を上げる必要があるので、60%としました。でも、横浜F・マリノスさんは日本でも有数なチームのひとつなので、そういう相手に対して、よくやったという感触は持っています」

関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
運営会社・発行人
株式会社オフィスイレブン
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
代表取締役 中倉一志
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR