Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J1第9節 福岡-C大阪】「最後の質のところを我慢して突き詰めていくしかない」/宮大樹/村上昌謙

220418_04.jpg

2022明治安田生命J1リーグ 第9節
2022年4月17日(日)17:03キックオフ
会場: ベスト電器スタジアム/5,181人
結果:アビスパ福岡 0-0 セレッソ大阪

◎宮大樹選手(福岡);
Q:チャンスもあり、ピンチもあり、結果はドローという試合でした。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「どっちが勝点3を取ってもおかしくない試合だったなと思っています。その中でも、お互いに得点が入らずに勝点1を分け合ったというのが率直な感想です」

Q:守備のところで一番注意していたところと言うと、どんな部分なのでしょうか?
「お互い4-4-2ベースのシステムだったので、個人のところで負けないというところと、チャレンジ&カバーの意識は常にしていました」

Q:長いアディショナルタイムは少しオープンな展開になりました。
「広島戦では90分くらいに失点をして、その前の試合でも75分から90分の時間帯で失点をしていたので、後半が始まる前に、0-0だったのでムラ君(村上昌謙)と奈良君と、その時間帯に失点しないように声を掛け合っていこうという話を事前にしていたので、集中して守り切ることができました」

Q:無失点ということで守備に関しては及第点と言ったところでしょうか?
「及第点かどうか、自分では分かりませんが、もう少し前にいい配給をしたかったなというのが正直な想いです」

Q:それはサポートの人数が少なかったり、ゴール前に入っていく選手の数が少ないことなどに影響している部分ですか?
「チームの狙いというものは、常々、試合を通して出てはいるんですけれども、最後の質のところだけだと思います。だからこそ、自分たちも、サポーターのみなさんも、見ている人も歯がゆい想いをしているのだと思うので、そこは我慢して突き詰めていくしかないなと僕は思っています」

Q:勝点1という結果に関しては、どのように捉えていらっしゃいますか?
「ポジティブに捉えると、リーグ戦で2連敗していましたけれども今日で連敗を止めたので、この勝点1に大きな意味を持たせるために、次の試合に勝って積み上げていきたいなと思います」

◎村上昌謙選手(福岡);
Q:お怪我の方は大丈夫ですか?
「はい。元気にしています(笑)。元気にしているというのはおかしいですね。いいドクターといいスタッフがいるので、しっかりと対応してくれたので大丈夫です」

Q:怪我はスパイクされたのでしょうか?
「多分、スパイクだと思います。映像を見てみないと何とも言えないですけれども、山田選手も謝ってくれましたし、これで委縮されても困るので。そこは試合の中でのことですし、もちろんラフプレーではありませんし、一生懸命やった中でのことだったので仕方ないなと思います」

Q:今日はお互いにチャンスもピンチもあった試合で無失点ということでしたけれど、まずは守備のところはどのように振り返っていらっしゃいますか?
「0で抑えられたというのは良かったと思います。ただ抑えた内容というのが良かったのかと言われたら、そうではないと思います。相手の良いところを出させてしまったところも多々ありました。その中で身体を張って守備ができたのは良かったんですけれども、そのピンチが失点につながる可能性もたくさんあったと思うので、そういったところを詰めていくことが、上位から勝点を奪う、また上に行くには必要に部分だと思うので、そこはちゃんと詰めていきたいと思います。それでも無失点で終えたというのは、先日のルヴァンカップからいい流れに持っていける要因の一つだと思うので、ここを逃さずに、みんなでもう一段階上のチームになれるように頑張っていきたいと思っています」

Q:守備で整理しなければいけないところというと、どんなことになりますか?
「すべてにあると思います。相手の良さのところで相手のアーリークロスに対して失点も多かったので、そこは気にしていたんですけれども、やはりJ1というトップレベルでの試合では相手もうまいので、そこをはがしに来る、はがされないようにするというせめぎ合いのところで、100%できたのかと言われたら、そうではなかったと思います。また押し込まれることも多々あったと思います。その中で100%で抑えられたら良かったんですけれども、失点をしないために80点の守備になってしまったところもあったので、そういうところで100点満点の守備ができるようにしていきたいと思います」

Q:1点勝負の試合で結果として無失点で終えたというところは評価できるのではないでしょうか?
「無失点で終えたと結果だけを見れば評価していただける部分かと思いますけれども、選手にしてみれば、無失点で終えることが前提としてありますし、そこにプラスして積み重ねの部分がいかにできたのかということが次につながると思うので、そこはもっと詰めていかないといけないと思いますし、詰めていける部分だと思います」

Q:勝点1についてはどのように捉えていらっしゃいますか?
「物足りないと思います。目指しているのは勝点3なので。勝点3を目指す中で、勝負の世界ですから勝点1、0といろんな結果につながると思いますが、やはり勝点3を目指して戦っているので物足りない結果だと感じています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR