Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【選手コメント YBCルヴァンカップ第4節 福岡-磐田】「自分を信じて支え続けてくれた」/ルキアン/重廣卓也



2022Jリーグ YBCルヴァンカップ 第4節
2022年4月13日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,971人
結果:アビスパ福岡 2-1 ジュビロ磐田
得点:[磐田]松本昌也(66分)、[福岡]ルキアン(72分)、重廣卓也(86分)

◎ルキアン選手(福岡);
Q:今シーズン初ゴールになりました。まずはゴールシーンを振り返っていただけますか?
「(北島)祐二がいいパスをくれました。祐二のみならずチーメイトが自分の特長を分かってくれてスペースにボールを出してくれて、そこで自分がボールを収めるというのが強さのひとつですから、そこから生まれたゴールだと思います」

Q:ゴールの後ひざまずいて天を仰いでいらっしゃいました。どの様な気持ちだったのでしょうか?
「ジュビロに対するこれまでの愛着もありますけれども、今はアビスパのユニフォームを着てプレーしていますので、福岡の選手としての想いがありました。ただ負けている状態から同点に追いついたゴールだったので、大きくは喜べませんでした」

Q:初ゴールが古巣戦ということで縁を感じたりしていますか?
「ゴールはゴールです。古巣に対する愛着はありますが、点を取れたことが嬉しいですし、ジュビロに対するリスペクトを持ったうえでの喜びだと考えています」

Q:監督も、あの時間にゴールが生まれなかったら逆転はできなかったと言っていました。
「グループとしても、個人としても取り組んできたトレーニングのたまものかなと思っています」

Q:1点リードされている状態でしたが、どのような想いでプレーされていたのでしょうか?
「ベストを尽くすことだけを考えていました。ここ数試合、なかなか結果が出ていなかったので、まずはいい結果を取りにいこうと考えながらプレーしていました」

Q:ご自身もチームにフィットしていることが感じられるゴールだったのではないでしょうか?
「もちろんです。点が取れていない間もみんなが支え続けてくれたので、そのおかげだったのかなとも思います。今日、点が取れたことで肩の荷が下りたかなと。これから先、良い状態で試合に臨めるのではないかと思っています」

Q:チームメイトは、どういう声掛けをしてくれていたのかということと、これまで、ご本人はどのような精神状態でいたのでしょうか?
「昨年、J2で得点王を取ったということで、アビスパには点を取るという役割を持って加入したと思っています。ただ、その役割をここまで果たせずにいた中で、それでもチームメイトが支えてくれて、非常に大きな感謝の想いがあります。トレーニングの時から自分を信じて支え続けてくれたと思っています」

Q:この1勝でリーグ戦も勢いがつくのではないでしょうか?
「勝利というものはやはり自信を与えてくれるので、非常に大事な結果だったと思います。今日勝てたことでチームのモチベーションはさらに上がると思いますし、リーグ戦でしばらく結果が出てないところですが、ここから巻き返していける、次の日曜日の試合に対しても、いい試合ができる状態で臨めるのではないかと思っています」

◎重廣卓也選手(福岡);
Q:素晴らしい逆転ゴールでした。フアンマ選手の落としからというのは狙った形だったのでしょうか?
「そうですね。ボランチのセオリーを、あの一瞬だけ破ってのゴールでした。森山公弥が左サイドに流れたので、本来であれば僕がセカンドボールを拾う役割ではあるんですけれども、スペースが見えたので、引き分けにはしたくなかったし勝ちたかったので。あの祐二のクロスが入ったときに、自分の目の前のスペースと、フアンマの体制を見てボールが来るなと思っていたので、狙い通りでした。フアンマの落しもすごく良かったですし、シュートも狙い通りにニアハイに蹴りました。狙い通りです」

Q:あのコースというのはGKにとっては泣き所というか、難しいコースでした。
「ファーにも打てたんですけれども、ふかすのが嫌だったのでニアの上をできるだけ抑えてというイメージで打ちました。練習でも左足のああいうハーフボレーはミートの感覚が良かったので、それをいつか試合で披露できればなと思っていましたから、あの一瞬はすごく自信を持って蹴りました」

Q:なかなかチームが勝てない中で、ご自身にとってはチャンスだったと思います。どういう気持ちで臨まれていたのでしようか?
「見ての通り、メンバーは総入れ替えで、いろんな想いが詰まった選手たちで今日は臨みましたけれども、個人的にもなかなか難しいシーズンにはなっているので、なんとか結果を残したかったというのは、僕も、僕以外の選手も今日の一戦には感じていましたし、僕は必要以上にそこは意識していました。ただ、そればかりを意識してしまうと、僕は攻撃、攻撃ばかりになってしまうので、そこをうまく自分自身でコントロールしながら、最後はあの時間帯だったので思い切って行かせてもらったんですけれども、それがああいうゴールという結果に結びついて良かったと思います」

Q:どっちつかずの展開の中、先に1点を取られて、ちょっと今までの嫌な流れのゲームと似たような形になっていましたが、点を取られてから、どのような想いで逆転までもっていったのでしょうか?
「1点取られて、なんとなく下向きというか、僕自身もちょっとなりましたけれども、やることは変わらず、相手が焦れるのを待って、交代選手で言えばうちの2トップが強力でしたし、そこを信じてやっていたら、ルキアンがああやって決めてくれたことがチームの勢いをすごくもたらしてくれたと思います」

Q:チームにとっても大きな1勝になりましたが、重廣選手にとっても大きな1勝になったのではないでしょうか?
「そうですね。この1勝ですべてがどうこうとは思わないですけれども、いろんなモヤモヤが個人的にはあったので、それが少し晴れた気はしました。出番が来るのを地道に待つしかないなとは思うんですけれども、今日のシュートで気分は晴れたので、またポジティブに次に向かって行きたいなと思います」

Q:先ほどセオリーを崩したとおっしゃっていましたが、リーグ戦でチームがなかなか得点が奪えない中で、形を崩すというか、少し冒険心を持っていかないといけないというような提示になったのではないでしょうか?
「どうですかね(笑)。チームが目指している戦い方の中で、ボランチにそこが求められているのかというところはすごく難しい部分なんですけれども、僕のプレースタイル的に、セカンドボールをずっと拾い続けるということではなくて、チャンスがあれば前へ行くので、僕が試合に出たらあれをするよというのは、リーグ戦に出ているメンバーには伝わったと思いますし、監督にもこういうプレーができるというのは証明できたのかなと思います。いちかばちかでしたけどね(笑)。あの瞬間、公弥が左を走っていって、僕も走っていったので中盤に人がいないんです。でも、それを知った上で、あの一瞬だけ行かせてもらいました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR