Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第6節 福岡-鳥栖】「勝点3というものに対して非常に執着心を持って戦ってくれた」/川井健太



2022明治安田生命J1リーグ 第6節
2022年4月1日(金)19:04キックオフ
会場: ベスト電器スタジアム/ 7,993人
結果:アビスパ福岡 0-0 サガン鳥栖

◎川井健太監督(鳥栖);
Q:試合を振り返って
「ダービーというところで勝点3が欲しかった試合でしたけれども、それが達成できずに、ファン、サポーターのみなさんを、もう一つ楽しませて帰らせることができずに残念に思います。ただ、選手たちは本当に100%ファイトしてくれましたし、勝点3というものに対して非常に執着心を持って戦ってくれたので、そこはポジティブに捉えています」

Q:今季初の九州ダービーでした。改めて会場の雰囲気というものはいかがだったでしょうか?
「非常に良い雰囲気だったと思います。その中で、良い雰囲気をもっと最高の雰囲気に、サガン鳥栖というクラブが最高の雰囲気というふうに捉えられるような結果を出せれば良かったんですけれども、それができずに残念です。ただ、やはりダービーはいいなと思いました」

Q:岩崎選手や堀米選手を中心に上手くはがしながらというシーンが多く見られたのですが、なかなかシュートまでいく場面が少なかった印象があります。
「これは本当に福岡さんの力の強さもありましたし、我々も足が振れるかなというところでも、少し躊躇した部分もあったと思うので、そういうところは改善していかないといけないですし、そこの足を振らなかったことが悪いのではなくて、やはり、もう少しチームとして相手ゴールに対して脅威を与えられたのではないかなと思います」

Q:試合前には、カウンターやセットプレーを警戒しているというお話がありました。その辺の対応というところはいかがだったでしょうか?
「良かったと思いますね。やはり失点を0にしたこと。今おっしゃっていただいた2つの相手の攻撃の武器、そこに関しては、もちろん危ない場面はありましたけれども、ただやはり最後までしっかり粘り強くやれたと思います」

Q:試合前もフィニィッシュ、得点の場面にこだわっていきたいとおっしゃっていましたが、今日は無得点ということになりました。なかなかここの部分を修正するというのは難しいと思いますが、監督の中でここからどういうふうにしていけば、あと一歩をこじ開けられるとお考えでしょうか?
「おっしゃっていただいたように、この場で『ここを改善したらいい』と言ってすぐにできるものでもないですし、ここが一番難しい部分かなと思います。点を取るところ。ボールを握ることは当たり前のようにできるんですけれども最後のフィニィッシュの部分。これは一般的に質を上げるとは言いますけれども、質を上げるよりも、僕はもっと量を増やしたいなと。チャンスの数を増やしたい。30本打って1点入るかどうかであれば60本まで伸ばしたいですし、その中で質を上げていきたい。なので最初から1本、2本、3本のシュートで3点を入れるとかいう考え方ではなくて、もっともっとチャンスの数を増やしていかなければいけないかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR