Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

6
9
10
13
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【選手コメント J1第5節 G大阪-福岡】「いろんなことにトライしながら成長している」/田中達也/クルークス

220319 (4)

2022明治安田生命J1リーグ 第5節
2022年3月19日(土)14:03キックオフ
会場: パナソニックスタジアム吹田/ 11,133人
結果:G大阪 2-3 アビスパ福岡
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(10分)、田中達也(58分)、オウンゴール(81分)、[G大阪]福田湧矢(82分)、レアンドロ ペレイラ(90+1分)

◎田中達也選手(福岡);
Q:貴重な2点目になりました。まずゴールシーンから振り返っていただけますか?
「ジョルディがああいう形でボールを持ったら、大体ああいうところにいいボールを上げてくれるので、しっかりといい準備ができて、うまく当てられて良かったです」

Q:前節の柏戦でもいいクロスを上げていましたし、今日は先発でチャンスメイクも、ゴールという結果も取れて、徐々に調子も上がってきている印象があります。
「そうですね。チームのやり方もだんだんと理解して、選手の特長や自分がどこに立って、誰とつながるのかという整理もできて、チームの守備のやり方も理解が深まってきたので、その中でチームのやり方を守りつつ自分の特長を出すということが少しずつできてきているなと感じています」

Q:シーズン前に、新しいことに取り組みながら自分の特長を活かすということにも取り組まれていましたが、その辺りも手応えを感じているというところでしょうか?
「インサイドでプレーして左SBの志知を活かすとか、自分が1回中で受けて、外を回って来たところを活かすとか、あるいは、最後の局面でボールをもらうだけではなくて、自分が中でプレーの中継点になるようなプレー、インサイドで受けてジョルディにサイドチェンジを出すとか、そういうプレーができてきているし、その中で最後に裏に飛び出すとか、そういうプレーも出始めているので、本当にいろんなことにトライしながら、自分自身も成長していると感じています」

Q:今日はガンバさんの立ち位置が想定とは違っていたようなところもあったと思いますが、ピッチ内の修正はいかがだったでしょうか?
「4-4-2気味に守備をしてくる感じだったので、ボランチが降りて後ろが3人になってもいいんじゃないかという話をしながらプレーしていました。どちらにせよ、僕の立ち位置的には、SH、ボランチ、CB、SBの四角形の間をいろいろと推移しながらということになるので、5-4-1にしても、相手が4-4-2であったとしても、ボランチが降りてしまえば変わらないので、そこは話し合いながら自分がフリーになれるような立ち位置は取り続けられたのかなと思います」

Q:今日の試合は相手が古巣で、かつ監督も片野坂さんというところで、田中選手的には気持ちが入る試合だったのかなと思いますが、G大阪というチーム、片野坂さんそれぞれへの想いや恩返しができたという気持ちなどはいかがでしょうか?
「正直、僕の中で所属させてもらったチームのサポーターが応援している前で得点を取ることに対して『恩返しゴール』と呼ぶのはあまり納得していないというか、違和感しかありません。極端に言えば恩をあだで返しているようなものなので、恩返しゴールとは思っていないですし、そこはゴールをして喜ぶということはできなかったです。けれどプロとして、今所属しているチームで全力で勝ちを目指すということではゴールを取らなければいけないというところでした。また、ガンバというチームは日本でも有数のビッグクラブだと思うので、そういうところに所属できたという喜びとかはありましたし、そこに対するリスペクトがあるので恩返しとは思えないです。カタ(片野坂監督)さんに関しても、本当に自分をいい選手にしてもらえたと思うので、そういう意味では、どちらに対しても恩返しとは思えないというのが本音ですね」

◎ジョルディ クルークス選手(福岡);
Q:今日は1ゴール1アシストと大活躍でした。それぞれのシーンを振り返っていただけますか?
「今シーズンはまだ勝てていなくて、3試合引き分けて一つ負けてしまったんですけれども、その中でこのゲームで得点、アシストを取れたことは自分としてはすごく嬉しいことでした」

Q:良いゲームをしながら、なかなか勝てないということが続いていましたが、今日の試合を迎えるにあたって特に意識されていたようなことはありますでしょうか?
「今週は特にやることに変わりはなく、練習でシュートトレーニングをメインにやっていましたが、それが今日の3得点につながったと思います」

Q:なかなか取れなかったゴールが取れたということで、ここから勢いに乗っていけそうな印象もあります。
「ここまで勝てていませんでしたけれども、今日、得点を取って勝つことができたというのはすごくいい結果だと思いますし、自分のゴール、そしてチームとして3ゴールということで、すごく良いスタートになったと思うので、これからどんどんゴールを取って勝ちにつなげていきたいと思います」

Q:先制点はかなり早い時間帯でしたけれども、対G大阪ということで意識していたことを教えてください。
「G大阪さんを分析したビデオをチームで見たり、また自分でもビデオを見ながら、サイドに大きなスペースがあることは分かっていたので、その大きなサイドのスペースから得点を取ることができました。G大阪に対しては、そういったことを意識していました」

Q:1点目はフアンマ選手から流れてきた形でしたが、あそこはボールが来るのが分かっていたという感じだったのでしょうか?
「フアンマ選手とは日頃から常に欠かさずにコミュニケーションを取っていて、自分がサイドでボールを持ったときにはフアンマ選手がどう動くのかとか、フアンマ選手が持ったときには自分がこう動くという良いコミュニケーションが取れているので、それが今日の試合で形になって表れたと思っています」

Q:先ほどシュート練習をしていたという話がありましたが、チームとしてシュートトレーニングをしていたということでいいでしょうか?その形というものが今日のゴールにつながったということはありましたでしょうか?
「今週だけではなく、先週もそうですし、シーズンが始まってからいろんな形でのシュートトレーニングをやってきました。その中で一つの形として得点が取れたと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR