Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【選手コメント J1第4節 柏-福岡】「試合は紙一重のところが多かったので非常に悔しい」/宮大樹/湯澤聖人



2022明治安田生命J1リーグ 第4節
2022年3月12日(土)16:03キックオフ
会場: 三協フロンテア柏スタジアム/ 6,316人
結果:柏レイソル 1-0 アビスパ福岡
得点:[柏]マテウス サヴィオ(29分)

◎宮大樹(福岡);
Q:悔しい結果になりましたが本当に紙一重の試合だったと思います。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「まず個人的なところで失点に絡んでしまったので、そこは非常に悔しい気持ちがあります。ただゲーム自体はおっしゃる通りに紙一重のところが多かったので、非常に悔しいなと思います」

Q:立ち上がりからアビスパらしい守備もできていたと思いますが、レイソルが結構長いボールを使ってきて、前線にポンとボーが入るとピンチになるというのが失点するまで続いていたような印象があります。あの辺りは何か問題がありましたか?
「まずレイソルさんの立ち位置のところで予想していたシステムと違うということがあって、そこに対して誰がどこにプレッシングに行くのかという部分で、前半は少し上手くいかない場面も多かったのかなと思います。失点をした後くらいからは相手の後ろのシルエットを見てうまくプレッシングをかけることができたので、いい取り方が増えてきたのかなと思います」

Q:4試合を戦って内容がどうだということではないと思いますが、大きく変えることはないにせよ、結果として勝てていないということで、これからどのような取り組みをしていかなければいけないかと考えていらっしゃるところはありますか?
「まず相手よりも先に失点しないということをベースにして、流れの中から点が取れなかったらセットプレーで点を取っていくしかないので、攻撃の部分に関しては、後ろの選手も含めて継続していくしかないと思っています」

Q:今日の試合もそうですが、入っていてもおかしくないというシーンも結構あって、結果は出ていなくても一歩ずつ進んでいるのかなという感じもあります。
「そうですね。今日は結果が付いてこなかったですけれども、おっしゃる通り、あと一歩、あと数センチだなというところまで来ていると思うので、これがひとつ入れば自ずと流れは持ってこれると思うので、今は我慢強くやるしかないなと僕は思っています」

◎湯澤聖人(福岡);
Q:結果は敗戦でしたが紙一重のゲームでした。どのように振り返っていますか?
「紙一重のゲームでしたが、開幕から4試合勝てていないというのは、少なからず何か原因があるのも事実で、試合内容は4試合とも完全にやられたということもなく来ているんですけれども、個人的に感じたのは、グループの質を落とさずに自分の質を上げるというところで、もう少し質のところを上げていかないといけないですし、もう少しのコミュニケーションのところをもっと詰めてつめていきたいなと感じた試合でした」

Q:積極的に攻撃参加されていましたし、クロスも多く上げていたと思います。どういったところを意識されていたのでしょうか?
「やはりチームとして点が取れていないというのもありましたし、積極的にゴール前にボールを入れてチャンスを増やしたいなという想いがあったので、何度かチャレンジしました。失敗したなというクロスはなかったですけれども、ドンピシャで合わせるクロスも多くなかったので、個人の質のところで、例えば後半に上げたクロスを、城後さんだったり、フアンマだったり、ルキアン、山岸にピンポイントで合わせられれば、それだけで1点が入るわけなので、そこは反省しています」

Q:ご本人が中に入って惜しいシュートもありました。あの辺りにも今シーズンはこだわっていきたいとおっしゃってました。
「ジョルディが入ってきたのでサイドに張らせて、僕が中に入って、志知、(田中)達也君の方から結構クロスが入っていたので、僕も中に入って攻撃に厚みを持たせられればというように、試合の状況を見て判断して入りました」

Q:下を向いていても仕方ないので前を向いていくしかありません。もやもやした気持ちもあると思いますが、どんなことが一番大事だと思いますか?
「どんなことがと言われたら、ひとつ勝つことがチームとして大事だと思うので、そのためにチームがやるべきことを見失わないことだと思います。すごく悪い内容ではないので、これをまず続けることが大事だと思いますし、最初に言ったように、個人で言えばグループの質を落とさずに自分の質を高めるというところが大事だと思います。負けてすごくショックですけれども、全部を悲観しているわけではないですし、手応えもあるというところなので、ひとつ勝ちたいなと思います」

Q:古巣との対戦でしたが、すごく怖い選手になったなという印象がありました。特別に意識することがありましたか?
「1年目にすごくお世話になって、正直、自分の中では自信をなくして逃げるように期限付き移籍で出てしまったという想いがあって、そこからなかなかJ1に戻ってくることができず、J2で柏と対戦した時もタイミングが悪くベンチにいた試合もあって、今日、やっと日立台で試合ができるということで特別な想いはありました。今はアビスパの選手でアビスパへの愛着があるので誤解されるといけないんですけれども、黄色いゴール裏を見て帰ってきたなという気持ちの昂ぶりはありました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR