Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

6
9
10
13
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【選手コメント J1第3節 福岡-札幌】「形は変わらない。最後の部分の質を上げることが大事」/中村駿/前寛之



2022明治安田生命J1リーグ 第3節
2022年3月6日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 5,006人
結果:アビスパ福岡 0-0 北海道コンサドーレ札幌

◎中村駿選手(福岡);
Q:狙い通りに試合を進められているのではないかと見ていましたが、今日のスコアレスドローについては、どのように振り返っていらっしゃいますか?
「勝てたと思うので、そこに対して自分も決定機がありましたから、そこは決めないといけないなと今は感じています」

Q:札幌も随分前から来ていましたが、そこをかいくぐってカウンターを仕掛けるシーンがあって、奪った後のボールの動かし方を札幌戦用に変えていたのかなという印象があります。あれは狙っていらっしゃったのでしょうか?
「全体的に前の圧力はあったんですけれども、ひとつ越えてしまえばすべてチャンスになるというのは、今日のピッチの中で成功体験としてすごくあったので、簡単に自分から前に入れるのか、それとも人から入れるのかというところをしっかりと判断しなから、相手を見ながらやれたので、前半はカウンターからいいチャンスが何度もあったんですけれども、それを得点につなげないと意味がないと思うので、そこは課題ですね」

Q:今年は得点力を上げるというところに取り組んできていて、形としてはいいものができていて、あとは最後に入れるだけかなという印象です。何か変える必要があるのか、このまま続けていって質を上げるのか、その辺りはどのようにお考えですか?
「形は変わらないと思うので最後の部分の質を上げることと、あとはどれだけいい状態でシュートを打たせてあげられるかというのは僕たちの仕事だと思うので、そこを声でのフォローなのか、自分が動いてフォローするのかというところを、もうちょっとできればシューターに対して時間をあげられるのではないかと思います。そこはもっとやっていくべきかなというふうに感じています」

Q:先ほど中村選手もおっしゃっていましたが、最後にゴール前に顔を出して決定的なチャンスがありました。シュートは入りませんでしたけれども、少しずつ、点を取る形というところでご自身の中に見えてきたものはありますか?
「今日はひとつの狙いでもあって、そこを志知も見ていてくれたので本当に決めなくてはいけないシーンではありました。チームとしての狙いをしっかり持ちながら、そこで自分が何ができるかを明確にしていけば、今日みたいなチャンスはもっと出てくるのかなと思っています。全体を通してのプレーは悪くなかったと思うので、もう少し突き詰めていくプレーをはっきり出してやっていきたいなと思います」

◎前寛之選手(福岡);
Q:正直、残念なドローだなという印象がありますが、どのように今日の試合を振り返っていますか?
「PKのシーンもありましたし、VARの微妙な判定もあったので、勝ちが欲しかったですし、結果的に引き分けですけれども、少しがっくり来るような結果になっちゃったなという感じです」

Q:後半の20分くらいまでは攻守ともに用意してきたものを出せて、シュートまでいけて、思うようにやれていたと思います。何か問題があったというわけでもないし、結果として入らなかったということだったと思いますが、どのように捉えていらっしゃいますか?
「そうですね。前半から後半の途中までは、いい形からゴールに近づくというシーンは多く見られましたし、ある程度、準備してきた形というものが出せていたと思うんですけれども、ラスト20分、30分のところで引く形になってしまうと勝ち越すのは難しくなってしまいます。率直に、あの時間帯での僕たちの守備には問題があったと思いますし、継続してやってきたことをもう一つギアを上げる、継続するというところで、やってきた形ができずに相手を受ける形になってしまったので、交代選手等々含めて、中で話し合って改善する必要がありました」

Q:これでリーグ戦は3戦連続ドローです。もちろん内容を結果につなげないといけないということはありますが、同時に、プレシーズン、キャンプを含めてやってきた攻撃力の強化という部分では形も見えて来たところもあります。今後、何かを変えていかないといけないのか、これを続けていくべきなのか、どのように考えていらっしゃいますか?
「負けていないというのはプラスに考えるべきだと思いますが、ただ内容的なことで言うと、ジュビロ戦と今日の試合に関しては勝ちに持っていける試合だったと思うので、ニュアンスとしては勝点を落としていると僕は捉えています。攻撃の形は多く見られていると思いますが、それが得点につながっていかないとチャンスシーンというものもあまり意味がないと思います。開幕してから3試合で得点は多くないですし、そこはまた改善点として取り組むべきものなのかなと思います」

Q:次のステップに向かうための壁かなと思いますが、そこはいかがですか?
「そうですね。失点自体は少ないですし、点を取ることができれば勝利につながっていくと思うので、そういったチャンスのところをもう少し合わせていく、スコアにつなげていくということが今は一番大事だと思います」

Q:前半の最初のところで少し中盤にスペースを空けてしまっているかなと見えました。何か修正したところとかあれば教えていただけますか?
「相手がどこでボール回しをスタートさせているのかというところで、ここまではFWに行かせる、このラインまで来たらボランチが出て行く、SHを前に出すという考えを持ってやっていたんですけれども、うまく連動できなかった時に中盤のスペースが空いてしまうという問題点やエラーが起きていました。あのスペースは使わせたくなかったので、後ろで持たれることはいいけれど、中盤に大きなスペースを空ける回数は減らしていこうとピッチの中で話しながら改善していった感じです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR