Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【選手コメント YBCルヴァンカップ第2節 福岡-FC東京】「ゴールは本当に嬉しかった」/田中達也/山ノ井拓己



2022Jリーグ YBCルヴァンカップ 第2節
2022年3月2日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 2,628人
結果:アビスパ福岡 1-0 FC東京
得点:[福岡]田中達也(22分)

◎田中達也選手(福岡);
Q:ベスト電器スタジアムで今季初ゴールを挙げられました。まずゴールシーンから振り返っていただけますか?
「輪湖さんがクロスを上げそうになった時に自分の前にいたのがフアンマ選手だったので、ヘディングが強い選手なので、ああいうところで競ったあとにボールがこぼれてくるかなと走り込んだところにボールが来て、しっかりファーストタッチを止められて、空いているところに流し込めました。ああいうところに走り込むというのは毎回、毎回、意識しているところなのでゴールになって良かったです」

Q:ゴールが決まった後にこぶしでエンブレムを叩いていました。どんなお気持ちだったでしょうか?
「小さいころに憧れた舞台、立ちたかった舞台だったので、そこでのゴールは本当に嬉しかったですし、これまでの公式戦でなかなか勝てていなかったので、このクラブで点を取りたい、このクラブで勝って喜びたいという気持ちや、点をとったりアシストでチームの勝利に貢献したいという想いは強くなっていました。そういうこともあってすごく嬉しかったですね」

Q:これで第一歩を踏み出したということだと思います。これからもたくさん期待されていると思いますが、今日のゴールは勢いになりそうですか?
「そうですね。今日、点を決めてチームも勝つことができて、本当に良いものだったので、こういう想いを何度も今年は味わえるように頑張っていきたいという想いは強くなりましたね」

Q:試合後の一本締めも初経験でした。
「初めての経験でしたけれども、ああいうのはやっていてすごく気持ちのいいものではあるので、そういうことを今年何度もできるように、また頑張りたいなと思いました」

Q:湘南戦と比べて、チーム全体で改善できたところと、ご自身で修正できたところを教えてください。
「チーム全体としては戦う姿勢というところや、走る、チームとして連動して守備をするというところは、湘南戦に比べて良くなったのかなと思います。個人としても、セカンドボールの奪い合いとか、そういうところがまだまだ足りていないなと思っていたので、今日はセカンドボール争いで絶対に負けないというところを意識して入って、前半はそこの争いでは負けていなかったかなと思います。守備面での改善というところは意識していました」

◎山ノ井拓己選手(福岡);
Q:1年ぶりの公式戦でした。久しぶりのピッチでどのような想いでプレーされましたか?
「去年悔しい想いをしたので、その分、勝ちたいなという強い気持ちで臨みました」

Q:今日は非常に落ち着いていて、いいプレーも多かったと思います。ご自身のプレーをどのように振り返っていらっしゃいますか?
「2年前の最終戦でJリーグデビューした時と感覚は似ていて、相手にとってはアンラッキーでしたけれども、最初に1本防ぐことができて、そのおかげですんなり入れたので、運も味方してもらえたかなという感じです」

Q:これまでに蓄えてきたものを出したということだと思います。ご自身が思い描いていたようなプレーはできましたか?
「正直、満足いく内容ではなかったので、チームメイトに信頼されるようになるためには、もっと安定感のあるプレーを引き続き練習からしていきたいと思いました」

Q:これから4人で切磋琢磨しながらレギュラー争いをすることになります。この大きなチャンスをものにするためには、どんなことが必要だとお考えでしょうか?
「まずは目の前のリーグ戦に少しでも絡めるようにメンバー入りをし続けて、アクシデントとかがあった時に自分が出場していい結果を出す、あとは次のルヴァンカップでも使ってもらえるように、信頼してもらえるように、日々の練習からやっていくしかないと思っています」

Q:今日はFC東京が非常に前へ、前へと仕掛けてきましたけれども、非常に粘り強い守備ができたのではないかと見ていました。どのように感じていらっしゃいますか?
「本当にみんながスライドとか、背後のケアに頑張ってくれて、ほぼ僕はそこに関しては任せて自分のプレーに集中することができました。最後のシュートのところもだいぶ限定されていて、自分のところだけしっかり守ればいいというのがはっきり分かっていたので、そういうことができたのではないかと思います」

Q;これでチームは今シーズンの公式戦で初勝利ということで、これから勢いもついていくのではないでしょうか?
「そうですね。僕も今日は試合に出ましたし、若い選手がどんどん成長を見せてチームを底上げしていくことでチームが良くなっていくと思うので、すごくいい先輩方がいますけれども、僕たちも頑張って評価されるようになっていきたいと思います」

Q:去年怪我をされていたと聞きました。差し支えなければ、どんな状態だったのか、リハビリ期間はどのくらいだったのか、教えてください。
「11月の頭、大分戦のメンバー外練習部怪我をして、左肩の亜脱臼で全治3週間と言われました。けれども、3週間目で合流したら肩にすごく不安を感じて、結局、今シーズンのことを考えて部分合流しかできなかったんですけれども、シーズンオフにパーソナルトレーナーの方に見てもらいながらトレーニングをずっとしていたら自信もついて、今シーズンもプレーできると解決できました。今シーズン最初からプレーができて本当に良かったです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR