Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ第2節 福岡-FC東京】「想いを心から離さずに目標に向かっていきたい」/長谷部茂利



2022Jリーグ YBCルヴァンカップ 第2節
2022年3月2日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 2,628人
結果:アビスパ福岡 1-0 FC東京
得点:[福岡]田中達也(22分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「勝負のところは点数を取った方が勝つという形でしたけれども、シュートを多く打たれましたし、危ない場面も何本かありました。また終盤、相手の怒涛の攻撃というんですかね、ペナルティエリアに積極的にボールも、人も入ってくるような攻撃、セットプレーも含めて受けたので、よく凌げたなと思います。もう少し、自分たちがカットポールをつなぐとか、つなぐときに深みと幅を使うなど、攻撃の面を少し改善していかないと良くないなと思っています」

Q:前節の湘南戦では少し迫力がなかったのですが、攻撃のところで問題があったにせよ、守備のところ、デュエルのところでは改善できたのかなと思って観ていました。どのようにご覧になっていましたか?
「おっしゃるように選手たちが戦ってくれたなという印象です。湘南戦で戦えていなかったわけではないんですけれども、少しスイッチが入り切れていなかったのかなというような印象です。ただ選手たちはどんな試合でも全力で戦おうとしていますし、今日は特にルヴァンカップとしてはホームで1試合目だったので、そういう意味では、ここで落とすわけにはいかない、そういう想いが行動に移っていたのではないかと思います」

Q:田中選手の決勝ゴールも、そんな気持ちから生まれたのではないかと思います。
「落ち着いて決めたなと。彼らしい。意外と落ち着いているので、それがそのままゴールに、ああいうプレーにつながったなと思います。いいボールが入りましたし、つなぎも良かったし、非常に良かったです。守備から攻撃にいい形が作れたと思います」

Q:湘南戦で悔しい想いした選手たちが、その悔しい想いを今日の試合で晴らしたという印象です。
「悔しさとか、想いとか、選手たちは口にしていますが、全員がそういう想いを胸にシーズンを通して戦っていくことができれば、自分たちが設定している目標に対して手が届くのではないかと思います。そういう意味では、常にそういうことを頭から、心から離さずに目標に向かっていきたいという想いを持って進んでいきたいなと思っています。選手たちもそういうふうに進んでくれています」

Q:これで今シーズン初勝利になりました。リーグ戦、カップ戦、公式戦を含めての初勝利ということで、次に向けて勢いがつくのではないでしょうか?
「公式戦で五分の成績に戻したという意味では、またここから勝敗をプラスに持っていけるように、そんなふうに思います。リーグ戦とカップ戦というように区別はできませんが、公式戦でそういうふうに持っていけるような、今日はそんな勝利だったなと思います。つなげていきたいです」

Q:今日はGKに山ノ井選手を起用されました。ルヴァンカップの去年の4試合、前節の湘南戦も含めて、ずっと永石選手を器用されていましたけれども、今日、そこを変えたというのは何かを感じるところがあったのでしょうか?
「GKコーチと話をして山ノ井で行こうということを決めて出しました。練習からいい顔つきで取り組んでいますし、上達もしていますし、表現する公式戦という場を与えることで成長するんじゃないかということも含めての起用でした。非常に良かったと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR