Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ第2節 福岡-FC東京】「この状況の中で選手たちの戦った姿勢を讃えたい」/アルベル



2022Jリーグ YBCルヴァンカップ 第2節
2022年3月2日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 2,628人
結果:アビスパ福岡 1-0 FC東京
得点:[福岡]田中達也(22分)

◎アルベル監督(FC東京);
Q:試合を振り返って
「まずは選手たちの戦った姿勢を讃えたいと思います。今日プレーした選手の中にもコロナの陽性判定を受けて、そこから回復してきたばかりの選手も複数いました。そのような状況の中、極端な、過度な負担をかけてこの試合に臨まなければいけなかったというのは理解してほしいと思います。加えて、今日プレーした若手選手たちのプレーも讃えたいと思います。試合結果は我々が期待するものではありませんでしたし、そして我々はとて素晴らしい試合をしたわけではありませんでしたが、それでも決定的なチャンスを作ったという意味でも、負けに値するようなプレーだったのかと言えば、決してそうではなかったと思います。そして戦術面においては、既存の選手も含めて可能な組み合わせ、立ち位置、ポジションを考えて今日の試合に臨み、試合中も様々なコンビネーションを考えて戦いました。慣れていないポジションでプレーしなければいけない選手も複数いました。そのような状況にも拘わらず、ポジションを変えながらも決定的なチャンスを複数作れていたというのは称賛に価すると思います」

Q:青木選手が負傷交代しましたが、現在、どのような状態でしょうか?
「単純に打撲だけであることを願っています。そしてすぐに回復してくれることを願っています。明日、精密検査を受ける予定ですが、打撲だけの可能性もあるので、それを願っている状況です」

Q:今日は試合開始から高い位置からプレッシャーをかけにいくことができて、リーグ開幕戦の時よりも良かったのではないでしょうか?
「コンディションがいい状態を維持できていた時間帯は、常にいい守備もできていたと思います。そのような時間帯ではしっかりと試合を我々の支配下に納めることができていました。ただ後ろからのビルドアップのところでミスを犯してしまいました。我々のミスから生まれた彼らのチャンスから我々は失点をしてしまいました。その後、10分ほどドタバタした時間帯がありましたけれども、そのあとは改めて落ち着きを取り戻して、試合を支配し続ける時間帯が長かったと思います。そして落ち着いた形で後半をスタートし、多くの時間帯で試合をコントロールできていたかと思います。今シーズン、公式戦初出場の選手も多くいましたし、活動停止期間を終えた後、数日間でこの試合に臨まなければいけない選手もいました。そういう意味でも、みんなにとってこの試合が難しいものであったことは理解してほしいと思います。ただそのような状況の中でも選手一人ひとりがしっかりと良いプレーをしてくれたことは本当に讃えるべきものだと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR