Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

 

【無料記事】【選手コメント J1第1節 福岡-磐田】「この試合にかける気持ちは自分は強かった」/前嶋洋太/ルキアン



2022明治安田生命J1リーグ 第1節
2022年2月19日(土)14:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 6,217人
結果:アビスパ福岡 1-1 ジュビロ磐田
得点:[福岡]前嶋洋太(61分)、[磐田]ジャーメイン良(90+3分)

◎前嶋洋太選手(福岡);
Q:見事な先制ゴールでした。まず先制点のシーンを振り返っていただけますか?
「押し込んでいたのでセカンドボールを拾いに中へ入っていって、一番最初に金森選手に出したパスはよく通ったと思いますし、そこから折り返してきたところで、シュートのコースは甘かったですけれども、この試合にかける気持ちは自分は強かったので、気持ちで入ってくれたのではないかと思っています」

Q:ご自身が特長だとおっしゃっている攻撃面で随分貢献できたのではないかと思います。
「まだ質のところは自分としては納得していないので、チームに貢献するためにはそこを上げていくというのが今日の課題ではあります」

Q:一方で守備のところでは前向きにボールを奪うところだとか、周りと連携して奪うところなど、戦術的な理解も深まっている印象があります。守備の手応えというところではいかがでしょうか?
「毎日考えながら守備のところはやっていますし、ボランチの選手、CBの選手、SHの選手とのコミュニケーションはよく取らせてもらっているので、今日はそれがいい方向に出たかなと思います」

Q:結果としてはドローということで残念な結果になりましたが、ご自身の出来も含めて、チームの出来について、どのような手応えを感じていらっしゃいますか?
「チームとしては相手を押し込む時間もありましたし、ボールを持たれても、動かされているというよりは、自分たちが主導権を握って守備ができたところが多かったので、チームとしてやりたいことができていました。けれどもサッカーは点を取ってゴールを守るスポーツなので、そこのところは僕個人も反省しなければいけないところがたくさんありますし、チームとしても、今回の引き分けを良い経験にして次に向かっていきたいなと思っています」

Q:最後のところで守り切るのか、2点目を取るのか、考え方はいろいろとあると思います。今日はどちらの方が大事だったと思いますか?
「でも2点目を取るチャンスもありましたし、全体的にはチームとして良くできていたと思うので、どちらかというのは難しいですけれども、まずは2点目を取ること、そしてやはりあの時間帯になったらしっかりと守り切るということは、僕個人としても、チームとしてもやっていかないといけないと思っています」

Q:前半は特にクルークス選手とコミュニケーションを取りながらやっていた印象があります。どういうコミュニケーションを取りながらやっていたのか教えてください。
「攻撃のところはジョルディの左足は相手にとって脅威になりますし、僕も活かされながら彼の左足をどうやってチームの為に使っていくのかというところは日頃から話しているので、そこのすり合わせのところと、守備のところは僕が主導権を握ってジョルディを動かさなければいけないので、そこの話し合いはしました」

Q:先発することが分かってから、自分の頭の中でゴールしてデビュー戦を飾るというイメージはありましたか?
「正直、考えていなかったですね。やはりディフェンスの選手なので、まずは0に抑えることというのと、守備の強度のところは自分の課題だと思っているので、そこのところを意識してやらないといけないと思っていました」

Q:対磐田というところでスカウティングもチームとしてやられたと思います。ピッチに入ってみて「違うな」というところはあったのでしょうか?
「いえ、スカウティングで細かいところも教えてもらっているので、頭の中に入れてできたと思っています」

Q:例えば、前半は大森選手がかなり外に張っている時間帯がありましたが、そこもあらかじめ分かっていたのでしょうか?
「そうですね。あそこは大森選手が外に張ってローテーションしてくるというのは分かっていたので、ジョルディもよく守備してくれたと思っていますし、そこのところを最初から頭に入れてできたのは大きかったです」

◎ルキアン選手(福岡);
Q:交代でピッチを去る時に大きな拍手が起こりました。ルキアンというのはこういう選手だというのを、アビスパのファン、サポーターのみなさんに見せられたのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
「今日の開幕戦は、自分にとってもこのスタジアムで福岡のサポーターの前でプレーする初めてのゲームでしたし、対戦相手も特別な相手でしたから、すごく待ち遠しい試合でした。ゲーム全体を見れば、チームとしてはもっともっと成長できるところもたくさんあると思いますが、最初のゲームとしては非常にいい出来だったのではないかと思います。キャンプや日頃のトレーニングで良い準備ができていますし、こうやってサポーターの前で、我々はこういうスタイルで戦うんだということを見せられたのは良かったと思います。結果としては最後に追いつかれて引き分けに終わってしまいましたが、内容としては勝ちに等しい試合だったと思っています」

Q:まだまだ成長できるとのことですが、今日のゲームで感じた収穫と課題を教えていただけますか?
「一つひとつの細かいところもそうですけれども、最後のアタッキングサードのところでの精度を上げる必要があると思います。けれども、リーグは始まったばかりですし、これからもたくさん試合がありますから、試合ごとに良くなっていけば、我々は力強いパワーを出すことができると感じています。今日の結果を引きずらずに良い準備をすれば、もっともっと成長した姿を試合ごとに見せられるのではないかと思っています」

Q:今日はルキアン選手にとって古巣・磐田との対戦ということで特別な試合だったと思います。特に意識して臨まれたことがあれば教えてください。
「自分にとっては特別な相手でしたし、お世話になってクラブですから、かつてのチームメイトやチーム関係者がたくさんいる前で勝ちたかったというのが正直な気持ちです。そして、戦っている姿勢、頑張っている姿を見せることが恩返しだと思っています。ジュビロさんとはルヴァンカップも同じグルーブですし、また何回か試合がありますから、今度対戦した時にはゴールが取りたいと思っています。先ほども言いましたが、今日の試合は待ち遠しく、勝ちたかったのですが、我々のサポーターにも、相手のサポーターにも、我々はこういうチームだということを見せられたと思っています」

Q:2トップを組んだ山岸選手とのコンビネーションも非常に良かった印象があります。彼と組む中で意識していること、あるいは今日の手応えを教えていただけますか?
「山岸選手も非常にクオリティの高い選手ですから、一緒にやっていて良いプレーもたくさんできました。このチームには彼のように能力の高い選手が何人もいますし、選ばれた相方とどういうプレーをするかということで言えば、誰と組んでも同じ絵を描く必要がありますが、試合やトレーニングで一つひとつ合わせていけば、誰と組んでもかなり強力な2トップになるのではないかと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR