Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【選手コメント J1第1節 福岡-磐田】「予想していたようなプレーはできた」/三浦龍輝/ジャーメイン良



2022明治安田生命J1リーグ 第1節
2022年2月19日(土)14:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 6,217人
結果:アビスパ福岡 1-1 ジュビロ磐田
得点:[福岡]前嶋洋太(61分)、[磐田]ジャーメイン良(90+3分)

◎三浦龍輝選手(磐田);
Q:非常の苦しい試合の中で、三浦選手の攻守が勝点1を引き寄せたのではないかと思います。ご自身のパフォーマンスはどのように振り返っていらっしゃいますか?
「開幕戦なので、みんな硬さもあったと思いますし、その中で勝点1が取れたのは悲観することではないと思っています。個人的には、まずまず自分が予想していたようなプレーはできたと思っています」

Q:2018年の時に2試合J1を経験していて、いずれも神戸と名古屋に完封負けでした。そういった意味でも、自分が先発で出て初めて勝点1を勝ち取ったというところで、ひとつ成長できたという想いがあるのではないでしょうか?
「それもそうですし、去年、J2で優勝してこの舞台に上がってきたので、少なくとも僕自身は自信を持っていますし、このチームで一つでも多く勝てるようにしたいというのはあります」

Q:今日のアディショナルタイムでのゴールで勝点1というのは非常に大きいと思います。ジャーメイン選手のゴールが決まった時は、どのような想いでしたか?
「あの時間帯は攻めている時間も多かったので、何とか1点を取ってくれないかなということと、もう1点取られたらゲームが終わってしまうので、そこのリスク管理のことを意識していました」

Q:今日の勝ち点1に関して、サポーターのみなさんに一言お願いします。
「まだまだ自分たちがやりたいサッカーは表現できていないし、上手くいっていないところも多々あるんですけれども、そういった中で勝点1を取ったことを、ルヴァンカップも含めて次の試合につなげていければいいなと思っています」

◎ジャーメイン良選手(磐田);
Q:キャンプの時もそうでしたし、普段の練習もそうですけれども、ゴールに対する熱量というか、飢えというものを感じながら拝見させていただいていました。それが開幕戦でゴールを奪うという結果につながったと思います。あのシーンを振り返っていただけますか?
「試合も終盤でみんなが前にパワーをかけている中で、ボールが来た時に、ゴンさん(中山 雅史コーチ)と練習ではずっとボレーの練習をやっていて、それがあったので、自然と右足にボールを当てることができました。練習でやっていたことが試合で出たなと感じています。僕自身もそうですけれども、移籍後初ゴールというのはみんな早く取りたいというのがあると思うので、一つ取れて良かったなと思います」

Q:開幕戦でゴールが取れたというのは、今後に向けての勢いというところではいかがですか?
「1点目が早く取れたことで、次もという欲がもっともっと出てきますし、何より良い流れで、良い感覚で次に入っていけると思うので、1点目を最初の試合で取れたのは大きいと思います。けれども、それよりも開幕戦で勝点が取れないのと、1を取ってアウェイから帰るというのとでは全然違うと思うので、そこが一番大きかったです」

Q:ベンチから試合を観ていてどのように感じていたのか、ピッチに入った時に観ていたことをどのように還元しようかと思っていたのか、それぞれ教えていただけますか?
「福岡は去年同様に前に勢いがあるサッカーで、良いサッカーをしていたので、なかなか自分たちがチャンスを作り出せない中で、背後に走ったり、スピードを使って相手をかき乱していくようなプレーをやりたいなと意識していました。ゴール以外の部分では福岡が引いていたので自分の良さはなかなか出せなかったですけれども、結果としてゴールが取れたのは良かったです。内容はこれからもっと改善していければと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR