Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
9
10
11
12
13
15
16
17
23
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J1第1節 福岡-磐田】「スタートラインを切ったところで勝点1を取れたのは良かった」/伊藤彰



2022明治安田生命J1リーグ 第1節
2022年2月19日(土)14:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/ 6,217人
結果:アビスパ福岡 1-1 ジュビロ磐田
得点:[福岡]前嶋洋太(61分)、[磐田]ジャーメイン良(90+3分)

◎伊藤彰監督(磐田);
Q:試合を振り返って
「まず雨の中、遠い中、ファン、サポーターのみなさんに大勢来ていただいて、勝点1でしたが、まずまずのスタートが切れたのではないかと思います。本当にありがとうございます。試合内容としては、やはりセカンドボールを拾えない時間が多かったというところと、我々がボールを奪った後の回復するところのミスが多かったというところ、これは改善しなくてはいけないかなと思っています。それが、もしかしたらJ1の強度でしたり、スピードというところで、少し判断が鈍ったりとか、ミスが起きたりというところがあった可能性もあったとは思いますが、それ以上に自分たちがもっとクオリティを上げていくというところ、ここをしっかりやっていかないといけないと思っています。ただ前半の最初の方はいいボールの動かし方もありましたし、最後の崩しのところまではいきませんでしたけれども、そういう意味では、いいボールの動かし方ができたので、最後のところの、仕留めるところの強度でしたり、そのコンビネーションだったり、もうちょっとしっかりとみんなで作り上げていかないといけないというところはあります。守備のところも失点した場面では、もう一つ寄せなければいけない場面というものがあったので、個人としてではなくてチームとしてセカンドボールのところへの寄せのところは、もうひとランク上げていかないといけないと思っています。でも全体的には、最後に追いつけたこと、メンバーを代えながらも、オーガナイズを変えながらも追いつけたことは、選手たちの自信にもなると思いますし、先に自分たちからアクションを起こせるようなゲームにしていかなければいけないというところは、この先、やっていかないといけないかなと。まずは初戦、このJ1に戻ってきた時の強度だとか、戻ってきたんだなという感覚だとか、すごく今回感じられたところだったので、これをやはりベーシックにしていかなければいけないと思っていますので、我々はもっともっと上を目指して、もっともっと向上していかなければいけないかなというふうに感じたゲームです。次はルヴァンを挟んで大事なダービーがありますので、そこに向けてしっかり調整していきたいなと思っています」

Q:ジャーメイン選手を投入する時に、何か声をかけたことがあれば教えてください。
「前線でラッソ(ファビアン ゴンザレス)がプロテクトしたりとか、強さというものがありますので、(大津)祐樹と2人でちょっと浮きながら、2列目からの飛び出しと、逆サイドから入っていくというところ、そこは少し声をかけながらやっていました。あとは2人で1点を取りにいくというところ、ラッソを中心にした2人シャドーのところで点を取りにいくというところが指示したところです」

Q:キャンプ期間中から約1か月間、良い守備から攻撃に移る練習を重ねてきたと思いますが、今日は守備のスライドとか、ルキアンを自由にさせないとか、基本的なところはできていたのではないかと思います。ただ、パスミスというのは初戦の緊張感というものがだいぶあったのでしょうか?
「その辺は選手たちが今までJ2でやって来た強度と、今回のJ1で8位の、特に強度が強い福岡さんと、その辺とやった時の選手の物差しというものが多少はあったのかなと思います。ただ、新しいものに取り組んでいたりとか、ちょっとしたズレというものは多少あると思いますので、それはチームとして、また僕が修正しなくてはいけないところなのかなと思っています」

Q:今日出ていなかった山田選手は、次のダービーマッチには間に合うのでしょうか?
「一度回避させたところがありますので、間に合うようにチームとしてもやっていきたいと思いますし、間に合わなかったとしても、今のチームで戦っていかないといけないと思っていますので、その辺はできる限り、全員が良い状態で次のゲームを迎えられるように調整していきたいと思います」

Q:先ほどのお話の中で何度もありましたけれども、強度のところでJ1の中でも高い福岡というところで苦しい戦いを強いられたと思います。その中で、その基準をチーム全体として高めていくために、伊藤監督が取って来たアプローチみたいなところは、どのように考えていらっしゃいますか?
「まずは肌で体験したことが、この1試合は良かったと思います。そう簡単に勝たせてくれないなというのはJ1にはありますので、特にこれだけ個の能力が高い選手たち、ルキアン然り、フアンマ、山岸君、前線には素晴らしい選手たちがいっぱいいる福岡さんですから、その中でCBがしっかりと個人で、もしくはチームとしてしっかりと戦えたことはすごく良かったかなと思います。ただ失点の場面では少し足が止まったりだとか、正面からもう一歩寄せたりというところが必要になってきますけれども、そういう意味では、ひとつスタートラインを切ったところで勝点1を取れたというのはすごく良かったと思います」

Q:次節に向けて奪ったその後を改善したいとのことでした。今日も何度も「トップの選手にボールが入りながらその後が」というシーンがあったと思いますが、具体的にどのように改善したいとお考えでしょうか?
「やはりボールを奪った後の攻撃が速すぎたというところと、自分たちの数的優位ができているにも拘わらず、そこでしっかりとボールが握れなかった。ここが特に改善しなければいけないところかなと思います。特にGKを合わせて3対2になる中で、1トップに対して2センターという形に対して入れようとしていたりとか、そういう意味では、もう少しサイドのところを起点にしてやり直すだとか、そうした出し入れというものはもっともっとしていかなければいけないのかなというふうには思いました。我々としてはそれが得意なチームなので、それが出ていなかった原因をしっかりと見極めないといけないなと思っています。それが相手の強度なのか、自分たちのミスなのか、それともオーガナイズが崩れていたのか。すべて含めて改善していきたいなと思います」

Q:前半に良い部分もあったというお話もありました。それは前半の冒頭の5分くらいで、パスを10本ほどつないで最後に遠藤さんがシュートを打った場面がありましたが、そのことだと認識してもいいのでしょうか?
「そうですね。あの辺の状況の時は、しっかりと相手のプレッシャーを止められていましたし、逆に相手の背中も取れていました。そういうところで、自分たちがしっかりとイニシアチブを取ってゲームをコントロールできていた時間を伸ばしていかないといけないのかな、今回は短すぎたなというのが僕の率直な意見です。もっともっと自分たちの良い時間を伸ばしていけば、最後のように押し込みながらフィニィッシュまでいけるチームですから、そこをもっともっと改善していかなくてはいけないと思います」

Q:フィニィッシュまでいったジャーメイン選手の評価をお願いします。
「裏に抜け出したり、残り時間の中で100%の力で走り続けてくれましたし、起点にもなってくれましたし、最後はゴールを決めてくれました。守備のところも戻って来てしっかりやってくれたこと、これは本当に素晴らしかったと思います。これをしっかり続けていってほしいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR