Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

6
9
10
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【選手コメント J1第38節 FC東京-福岡】「デビューできたことはすごく自信につながる」/寺山翼/青木拓矢



2021明治安田生命J1リーグ 第38節
2021年12月4日(土)14:03キックオフ
会場:味の素スタジアム/14,364人
結果:FC東京 0-0 アビスパ福岡

◎寺山翼選手(FC東京);
Q:J1でのデビュー戦になったわけですが、今の率直なお気持ち、どんな感じですか?
「素直に嬉しいというのがひとつです。森下監督が自分をあの時間に起用してくれたことにすごく感謝していますし、デビューできたことはすごく自信につながると思います」

Q:小平での練習も、ちらっ、ちらっと拝見していたんですが、トップチームに帯同して、この試合では今までやってきたものを出すという感じだったのでしょうか?
「今までやってきたものというか、自分が大学で積み上げているものをピッチで表現するというように考えていました」

Q:今日の試合は最後の数分間のプレーで、森重選手がいなかったことでいろいろと動いたと思います。最初はどういうポジションで入って、最後はどうだったのか、ご自身の口から振り返りをお願いしてもいいですか?
「最初はアダイウトン選手と代わって左SHにそのまま入って、森重選手が怪我で退場してしまった時は、青木選手がCBに入って、自分と阿部選手がボランチに入りました」

Q:(渡邊)凌磨選手が気づくまでトップ下と入れ替わってしまったり、最後の方は最終ラインのカバーに入ったり、いろいろとやっていましたけれども、元々寺山選手はどのポジションもできる選手じゃないですか。そういった意味で対応力があの数分間ですぐ出たなという気もします。慌てずにいろんな役割をスイッチしながらできたという感触はありますか?
「サッカーは状況、状況のスポーツなので、その状況に応じてプレーを変えなければいけないというところでは、自分の周りを見るところだったりはできたかなと思っています」

Q:試合終盤に呼ばれた時は、どんな気分だったのでしょうか?
「自分は中学生のときからFC東京にいて、味の素スタジアムで試合を観ている回数も多くて、やはり自分にとっては目標の舞台だったので、呼ばれた時は素直に嬉しかったです」

Q:緊張や、堅くなったりということはなかったですか?
「緊張とかはあまりなかったです」

Q:短時間とは言え、森下監督が練習のときから、キャンプのときから見ていて、『この選手は』ということで使ってもらったことに関して、今シーズン最後の試合で登場したというのは、何か象徴的な感じもします。入団はまだ先になると思いますが、何か今後に向けて、気持ち的に、また一段入ったようなことはありますか?
「今日、森下監督にデビューさせてもらいましたが、時間が短かったので、もっと出場時間が伸ばせるように、もっと自分を使ってもらえるような選手になりたいと思います。まだあと1年、大学生活があるので、そこでもっと積み上げて、加入した時にはスタメンを奪えるように頑張りたいと思います」

◎青木拓矢選手(FC東京);
Q:シーズン終盤にきて特に青木選手のパフォーマンスが上がってきたなと思っていましたが、その好調さを持続して、今日も広い範囲に動いていた印象があります。少し劣勢の中で、特にそういったところが光ったと思いますが、この試合で気を付けていたことはどんなことでしたか?
「前半から相手のカウンターを喰らっていたので、そこは少し早めにケアしたいなというのを前半のうちに感じて、その位置取りを意識していました」

Q:一方で、そういったところを意識しながらも、攻める時には攻撃に加わるというのが、やはり出たと思いますが。今日も1本、いい浮き球で展開したりとかあったと思いますが、守りと攻めのバランスは、どのように考えていましたか?
「あまり考えずに、後ろが苦しければサポートに行きますし、ただ後ろがフリーなのであれば少し前に出て相手の嫌なポジションを取ったり、というのは意識していました」

Q:最後の方は森重選手がいなくなって、今日はベンチからの指示もあって4-4-1のセンターに入ったわけですが、以前の試合でも最終ラインのカバーに入ったことがあったと思います。アクシデントでやらなければいけない時の気持ちの切り替えって言うんですかね、また一段、アドレナリンが上がるのかなと。
「そうですね。完全に1人少ない状況になりましたし、時間も時間だったのでやられたらもったいないなと思ったので、さらに集中力を高めました」

Q:前半攻め込まれて耐えて、後半は攻勢に転じていたのですが、逆にカウンターの対策をというところで、90分間を通して気の抜けない試合だったと思います。こういった緊迫した試合で注意しなければいけないのはどんなことでしょうか?
「失点をしなければ負けないということがあるので、そこはしっかりと後ろのバランスを取りながらやっていたんですけれども、前半は比較的奪われる形が悪くて、早く攻め急いだかなというのが自分たちにありました。後半はそれを改善して、上手く試合をコントロールしてというのも話していました」

Q:今思うと、春先は青木選手の良さがあまり出ていなかったと思うんですが、この1年間、振り返ってみていかがですか?
「個人的にも大変ではありましたし、正直、順位も納得はいかないし、もっともっと個人の質も高めないといけないかなと思いますけれども、0というか、マイナスというか、そこから奮起してやれたことはすごくここからにつながるものかなと思います」

Q:広島戦の1点目に絡んだり、今日もクロスに飛び込んだり、ミドルがあったり、ここ2試合は攻撃の意識が高かったと感じましたが、森下監督になって、何か役割的に変化があったのでしょうか?
「特に言われたことはないですけれども、少し前に重心を置けたりとか、出ている選手も変わったりして、バランスを見ながら少し前にポジションが取れたりしたのかなと思います」

Q:今季は苦しいシーズンだったと思いますが、ラスト3試合で改めてリセットして示せた部分という意味では、どういうことを感じていますか?
「いろいろとありしたけれども、そこでも自分たちで悪いところは悪いと思っていますし、ただ悪い時間とかでも、しっかりと耐えてというのは初戦はなかなかできなかったですけれども、ラスト2試合はそういったところが表現できたのかなと改めて思いました」

Q:今季を振り返って、来季につながると思っていることはどんなことになりますか?
「僕は今年から来たので、また同じような状況になるのかなと思うので、一度リフレッシュして、またキャンプからしっかりとサッカーができればと思います」

Q:(FC東京広報担当者)メディアのみなさまに、お礼でもなんでも。
「ありがとうございました。1年間ありがとうございました。また来年も頑張ります」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR