Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J1第36節 柏-福岡】「残り2試合に向けても向上していければと思う」/古賀太陽/ドッジ



2021明治安田生命J1リーグ 第36節
2021年11月20日(土)16:03キックオフ
会場:三協フロンテア柏スタジアム/5,827人
結果:柏レイソル 0-0 アビスパ福岡

◎古賀太陽(柏);
Q:福岡が前の試合から少しメンバーを代えてきてパワーのある2トップを置いてきました。これは予想はしていましたか?
「あの組み合わせは正直予想していなかったです。ただ、人が代わったところでチームのやり方が劇的に変わるということはないと思ったので、特にそこで何か問題が起きたことはないですし、そこはスムーズに試合に入れたのかなと思います」

Q:彼らに入れてくるボールが非常に多くて、今日はセンターバック太陽もそうだし、祐治君もそうだし、そこの対応が今日の試合の一つの肝だったと思います。連携とか、2トップへの対応も含めていかがでしたか?
「出ていく人とカバーする人というのを、ちゃんと毎回、毎回はっきりさせようということは試合前から話していましたし、まずは一つ目の競り合いで勝つことというのは大事にしていたところではあったので、しっかり跳ね返さなければいけないシーンはありましたけれども、そこまで崩れることはなかったので、お互いに声をかけながら試合中はやれていたのかなと思います」

Q:一瞬のセットプレーとか、一瞬の隙を突かれて失点することが多かった中で、前節もそうだし、今日の試合を見ていると、ある程度、狙い通りのものはできたかなと思いますが手応えはいかがでしょうか?
「自分たちからバランスを崩すのではなくて、入ってきたボールに対して強くいくであったり、セカンドボールに対する反応だったりというのは、選手全体で声をかけていましたし、試合前からその辺の意識というのは全体が統一して持てていたと思うので、守備の部分はそこまで不安要素はなかったのかなと思います。こういう試合を残り2試合も続けていければなと思っています」

Q:セットプレーとかクロスとか、相手の高さに対して良く対応できていたと思います。それは前回の福岡の反省も踏まえて良い守り方ができたという感触はありますか?
「そうですね。前回対戦の時もセットプレーでやられていたりとか、相手の攻撃の仕方に上手く対応することができずにずるずるいってしまった印象もありましたし、スカウティングでも、相手の攻撃の仕方だったり、シンプルにボールを入れてくるというところは情報として入っていたので、その辺は試合前から上手く良い準備をして入れていたのではないかと思います」

Q:相手はそんなに前から追ってこなかったかなと思いますが、ビルドアップのところで、もう少し工夫したかったなというところはありますか?
「前回対戦のイメージがあったので、もう少し相手の2トップから規制があるかと思っていたんですけれど、今日は上手く自分たちのボランチも使いながらですけど、2センターが相手のツートップの脇を取りながら侵入していけていたシーンというのはあったのかなと思います。ただ、そこから入っていった後とか、入っていき方とか、侵入の仕方というのは、またまだ工夫が必要だと思いますし、全体が誰がフリーマンになっているのかというのを共通理解しながら侵入していければ、もっと良い形が作れたのかなと思っています。自分からも上手くそこを呼びかけながら、残り2試合に向けても向上していければなと思っています」

◎ドッジ選手(柏);
Q:前半は押し込まれるような時間帯もありましたけれど、後半はかなり上手くボールを奪ったり、攻め込むシーンも増えました。前後半で変えたところがあったら教えてください。
「押し込まれたときと、自分たちが相手を押し込んだときの差で言えば、セカンドボールを拾えたか、拾えなかったかというところにあると思います。相手の方がフィジカル面ではすごく強くて、空中戦で勝負を仕掛けて試合を運ぼうとしていたのですが、自分たちが跳ね返って来たボールを上手く拾って展開することができましたし、得点機も作ることができました。残念ながらゴールには繋がらなかったのですけれども、試合内容については、そんなに悪い試合ではなかったですし、今後の2試合をもっと良い形で結果につなげてシーズンを終えたいと思います」

Q:今日は復帰してスタメンとして3試合目ですが、ボールに関わるシーンも多く、だいぶ上がってきた印象もあります。
「コンディションに関しては一戦一戦良くなってきていると思います。私が3ヶ月間チームから離れていたということもありましたが、良いリハビリをして復帰したことによって、徐々に自分の調子を上げてきました。3試合に出ることができて本当に良かったと思っていますし、残り2試合も試合に出ながら自分の調子上げて、来期に向けて良い準備をしていきたいと思います」

Q:攻撃の組み立ての部分で関与されていたと思いますが、前節と比べて攻撃の部分でチームに足りなかったもので、何か感じるところありますか?
「自分のことで言えば、ゲームメイク的な役割を担っているということもありますし、セカンドボランチとして2列目から前線に飛び込むということをやりながらチームに貢献しようとしているんですけども、今日のゲームと前節のゲームに関しては、やはり相手の方が、より固い守備をしていたということもあり、なかなか自分達の得点機に上手くつなげることはできませんでしたが、ゲーム内容については悪いゲームではなかったですし、私が復帰して連戦ということで、これからもより良いパフォーマンスを出しながら、チームの力になってきたいと思います」

Q:ドッジ選手は来日してから半年以上が経ちますが、ご自身のJリーグでの成長、チームの成長をどういうところに感じるかを教えてください。
「今言われた通り、半年以上も来日してからプレーしていますけれども、自分自身はすごく心地いい感じでプレーさせてもらっていますし、日々、チームに馴染んできていると感じています。それは私だけではなくて、外国籍選手全員がチームからすごく温かく見守られているというのもあり、日常の中でお互いの特徴、お互いのプレースタイルを把握できることによって、個人的にも伸びしろを感じますし、連携面でもだんだん良くなってきています。それが個人としても、チームとしても向上しているところで、それが試合にも表れているのかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR