Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

26
27
28
29
30
31
01

 

【無料記事】【選手コメント J1第34節 福岡-大分】「自分のことを誇りに思ってくれることが嬉しい」/ジョン マリ/中村駿



2021明治安田生命J1リーグ 第34節
2021年11月3日(祝・水)15:05キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/9,147人
結果:アビスパ福岡 1-0 大分トリニータ
得点:[福岡]ジョン マリ(32分)

◎ジョン マリ選手(福岡);
Q:交代してベンチに下がられてからも、先頭に立って大きな声をかけていました。どんな気持ちで試合を見ていらっしゃいましたか?
「自分の中でチームを勝たせるために責任を感じていたというのもあって、勝つためだけに専念して、ベンチに下がった後もチームメイトにコーチングをしていました」

Q:久しぶりの先発でしたが、マリ選手らしいゴールも生まれました。ゴールも含めて、久しぶりの先発ということも含めて、どのように振り返っていらっしゃいますか?
「最近、あまりスタートで出られていなかったので、少しいつもとは違った感じがしましたが、同時に嬉しいという気持ちがありました。それでも、どんな形であっても監督からチャンスがもらえれば、自分は100%の力でプレーしようと考えていますし、チームを勝たせるために責任を持ってプレーすることだけを考えています。今回は先発の機会をくれたことに関してはすごく感謝しています」

Q:今日のゴールに関しては、いつものように「これが私の仕事だ」とおっしゃると思いますが、これだけ大勢の観客が入った中でのゴールは格別だったのではないでしょうか?
「最近になって家族が来日して、今日初めて日本でのプレーを観戦してくれたというのもあって、自分の中ではポジティブな気持ちでいましたし、自分の仕事をするために、家族のために、アビスパのファン、サポーターのためにという気持ちでプレーしていました。今日の自分のプレーに対して家族が誇りに持ってくれること、ファン、サポーターも自分のことを誇りに思ってくれることがすごく嬉しいです」

◎中村駿選手(福岡);
Q:立ち上がりは大分のパス回しを、なかなか捕まえきれなかった印象がありましたが、飲水タイムを挟んで守備がはまるようになりました。どのあたりに注意して修正されたのでしょうか?
「スイッチのところであまりかからなかったので、飲水タイムまでは相手の出どころになかなかファーストがかからずにやられ放題だったんですけれども、そこがはっきりしてだいぶ守備も落ち着いたかなと思います」

Q:中村選手が前選手とバランスを取りながら高い位置へ出て行って、シャドーの選手ともバランスを取りながら整えていたように見えました。あの辺りは意識していたところだったのでしょうか?
「相手のボランチが後ろに重たかったので、自分たちが出ていかないとなかなか守備もはまらないかなと思っていたので、そこは飲水タイムから少し改善したところでもあります」

Q:これでとりあえず目標の勝点50という最低限のところにたどり着きました。この点についてはいかがですか?
「勝点50を取るというのはすごく大変なことですし、それを昇格した1年目に成し遂げられたことは、チームとしてすごく意義のあることだと思います。50でとどまらずに、取れるところまでしっかり今シーズンで取り続けたいなというふうに思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR