Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第33節 札幌-福岡】「未来に向けての戦いというものをしっかりやっていきたい」/ペトロヴィッチ



2021明治安田生命J1リーグ 第33節
2021年10月24日(日)14:03キックオフ
会場:札幌ドーム/9,392人
結果:北海道コンサドーレ札幌 0-0 アビスパ福岡

◎ペトロヴィッチ監督(札幌);
Q:試合を振り返って
「今日のゲームは予想通りの試合展開だったというように思います。相手の今日の布陣を見ても分かる通り、非常に守備的な戦い方から前線の外国籍選手の質を活かして長いボールを入れてカウンターを仕掛けてくる、あるいは高さを活かしてセットプレーからの得点というものを相手は狙ってきたわけですけれども、非常に我々にとって難しいゲームになったと思います。また非常に球際の厳しい激しいゲームになったと思います。内容に関しては、我々が本来持っているような綺麗な展開からの崩しというのは、なかなか出すことができませんでしたけれども、選手たちは球際で良く戦い、非常に素晴らしい締まったゲームを見せてくれたというふうに思います。(宮澤)裕樹、ルーカス、あるいは福森など、こうした高さのあるチームに対しては必要でしたけれども、残念ながら怪我や出場停止で試合に出られない中で、しばらく先発で出ていなかったジェイ、前への推進力があるチャナや(小柏)剛、また荒野もここ最近コンスタントに良い戦いを見せてくれていること、長い怪我から深井一希が戻ってきてくれたことは、チームにとってプラスなことだったと思いますし、相手の守備的な戦いから長いボールを入れてくる、セカンドボールを拾う、あるいは高さを活かしたセットプレー、そうした戦いに対して、選手たちはよく身体を張って戦ってくれたと思います。この1ポイントを取れたことで、下位のチームの直接対決があるということを考えれば、残留というものはほぼ手中に収めたと思いますので、残りの戦いについては若い選手の起用も視野に入れながら、未来に向けての戦いというものをしっかりとやっていきたいというふうに思っています」

Q:今日のかなり守備的な福岡を相手に、今考えてみて、どういったことをすればよりチャンスが作れていたと思いますか?
「我々もそれほど多くのチャンスは作れませんでしたが、相手のチャンスもおそらく菅野が止めたシーンを含めて2回だったと思います。やはり今日のゲームは相手が非常に守備的に戦ってくる中で、ゴール前の落ち着きや精度、そしてもう一工夫するという部分が足りなかったというふうに思っています。ラストパスの場面で精度が落ちたり、慌てて仕掛ける中でボールを失う場面が非常に多かったのですが、ああやって守備的に戦う相手に対しては、しっかりとボールを動かす中で精度を上げたコンビネーションが必要です。やはりアイデアがないとああいった守備は崩せないと思います。そういった部分は今日の試合で足りなかった部分として挙げられると思います。また、選手たちにとって今日のゲームは非常にハードだったと思いますが、球際で負けることなく十分に戦えていたという部分に関しては前向きに捉えていいと思います。

今日のゲームは先制点を取った方が非常に有利に試合を進められる、あるいは先に点を取った方が勝利を収めるというようなゲームだったと思います。ただ、前半に先に決定機がありましたが、(小柏)剛がGKをかわしてシュートを打つという場面で滑ってしまってシュートが打てなかったんですけれども、あのシーンは、今の我々にとって決定機をモノにすることがいかに難しい状況なのかという、今シーズンを象徴するような出来事でした。形は十分にできている。その中で最後に決めきるという場面でなかなか決めきれない。それがあるから我々は試合を勝ちに持っていけないということがあります。そういった部分というのは今年特に多かった部分であり、今日もそういったシーンがあったのではないかと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR