Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J1第32節 神戸-福岡】「もっともっとチームとして成長していきたい」/金森健志/前寛之



2021明治安田生命J1リーグ 第32節
2021年10月16日(土)16:03キックオフ
会場:ノエビアスタジアム神戸/11,301人
結果:ヴィッセル神戸 1-0 アビスパ福岡
得点:[神戸]ドウグラス(86分)

◎金森健志選手(福岡);
Q:粘っていましたが最後の最後で悔しいゲームになってしまいました。今日のゲームをどのように振り返っていますか?
「最後、粘り切れずに失点してしまったというところで言えば、最後の時間帯だったので、アウェイでも勝点1を持ち帰れれば良かったんですけれども、最後のところで人任せなプレーというものが出てしまい、一人ひとりがもっと集中すべきではなかったかなと思います」

Q:2試合続けて勝点が取れず、勝点50という目標には少し足踏みしていますが、この試合の結果に拘わらず、アビスパのJ1残留が決まりました。それも金森選手にとっては目標の一つだったと思います。その点についてはいかがですか?
「自分たちには5年周期を終わらせるという目標がありましたし、個人的にも必ずJ1に残留させるというところは、すごく意識して今シーズン戦い続けてきたところではあるので、試合には負けてしまいましたけれども、チームとしてJ1残留を果たして大きく歴史を変えることができたというところではすごく嬉しく思いますし、今年1年間、自分たちが戦ってきた結果だと思うので、そこはチームとして評価されるべきところだと思います」

Q:ここからはチームの目標である「勝点50、10位以内」というところに向かっての残り6試合になります。意気込みを聞かせてください。
「ここ2試合ふがいない試合をしていますし、次はまたアウェイで札幌戦ですが、選手一人ひとりが気持ちを切り替えて、もっと危機感を持ってやらなければいけないと思いますし、アビスパらしいサッカーをして、今日のような接戦を勝ちにもっていくことができればもっと強いチームになれると思いますし、今日のような試合で勝点を拾えずに85分くらいの時間帯で失点してしまうチームでは上にはいけないと思うので、もっともっとチームとして成長していければと思います」

Q:率直に残留が決まったというところと、とはいえ試合には敗れてしまったというところで、試合が終わった今の感情としてはどういったものが強いのかということと、残留を決めてさらなる高みを目指していくために必要なものはどんなところだと感じているか教えてください。
「率直な感想で言えば、負けてしまったので悔しいです。その後にJ1残留という報告を聞いて嬉しい気持ちもありますけれども悔しい気持ちの方が大きいです。勝点50と10位以内というところを自分たちは今シーズンの目標として設定していますし、必ず残りの6試合で目標を達成しなければいけないと思っています。そのためには修正して成長していくしかないと思っているので、次はアウェイですけれども勝点3を取って、勝点50以上、10位以内で今シーズンを終えるために日々努力したいと思っています」

◎前寛之選手(福岡);
Q:最後まで粘り強く戦えていたと思います。最後の最後で勝点を逃してしまいましたが、今日の試合をどのように振り返っていらっしゃいますか?
「前半から上手く立ち回れず苦しい時間が続いた中で、あの時間まで何とか耐えながら試合を進めていて、どちらが一刺しするかというところ、または0-0で終わるかというところで持っていかれた印象です」

Q:サンペール選手、イニエスタ選手を抑えるところとか、やられた部分もありますが、やれたこともあった試合だったのではないでしょうか?
「そうですね。やられる場面もありましたけれども、うちのゾーンのところでひっかける場面も数多くありましたし、相手にとって嫌だった場面は多くあったと思うんですけれども、それでもボールを取る回数は少なかったと思いますし、取った後のボールの処理というのも、この試合では上手く対応できなかったなと思います」

Q:他会場の結果で残留は決まりました。あとは「勝点50以上、10位以内」という目標が残っています。そこへ向けての意気込みを聞かせていただけますか?
「残留が決まったこと自体は、クラブとしても、今年そこを目指した自分たちにとっても嬉しいことですけれども、まだ6試合残っていてチャレンジできる時間はあるので、昇格1年目ということも含めて6試合を無駄にしないように、来年につながる試合、自分たちの取り組んでいることを示していきたいと思います」

Q:残留が決まったということで、残り6試合、または来年もJ1で戦っていく中で、こういう神戸相手にも勝っていかなければいけないということがあると思います。長谷部監督は質の部分の差というようなこともおっしゃっていましたが、実際に感じた差、そこを埋めていくために必要なものというところを教えていただけますか?
「神戸さんはACL出場を争うところにいて、クラブとしても、選手としてのクオリティも間違いなく上にいるクラブだと感じました。質のところもそうですし、今日は神戸さんの試合だったと思うので、アビスパとしては戦うベースを上げることはもちろんですけれども、選手個々のクオリティというところはまだまだ低いところにあると思うので、そういうところの底上げ、組織的なところの考え方をJ1のトップのレベルに合わせていく、そして、そういった相手に勝っていくことが必要だと思います。まずは個々のクオリティというところにフォーカスして努力して励むことが大事なのかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR